赤坂トラストタワー

 赤坂ツインタワー跡地で建設中の「赤坂トラストタワー」(地上43階、高さ209.60m)です。2022年9月27日に「六本木ヒルズ」の展望台から撮影しました。高層部にホテルとサービスアパートメントが入る森トラストによる超高層オフィスビルになります。この記事では同ビルの概要や建設状況、地図等を載せています。




赤坂トラストタワー 建物外観
建物外観[出典:森トラスト]

 「赤坂トラストタワー」は赤坂二丁目にあった赤坂ツインタワー跡地で建設中の超高層ビルで、規模は地上43階、塔屋2階、地下3階、高さ209.60m、敷地面積13,102.25屐建築面積6,670.42屐延床面積21万34.06屐建築主は森トラストとエヌ・ティ・ティ都市開発、設計者と施工者は大成建設で2024年8月に第1期竣工・開業、2025年10月に第2期竣工予定となっています。

 第1期竣工はビル本体、第2期竣工は周辺の大規模緑地の完成時期と思われます。



赤坂トラストタワー 建物外観
建物外観[出典:NTT都市開発]

 街区名は「東京ワールドゲート赤坂」に決定しており、メインの超高層ビルとなる「赤坂トラストタワー」と、左下の鉄塔のある「NTT赤坂営業所」の2棟構成となります。



赤坂トラストタワー 断面図
断面図[出典:NTT都市開発]

 「赤坂トラストタワー」のフロア構成は1〜3階が店舗、クリニック、歴史文化発信施設、3階、5階〜36階がオフィスフロア、38階〜43階がホテルとサービスアパートメントとなります。38階にはホテルのラウンジとレストランが配置されます。



(仮称)赤坂二丁目プロジェクト 配置図
配置図[出典:内閣府]

 建設地は「赤坂ツインタワー」の跡地で東隣にある「ATT新館」と地下通路で接続されます。「ATT新館」は「溜池山王」駅と地下通路で接続されているため「赤坂トラストタワー」も同ビル経由で駅にアクセスできるようになります。

 敷地南端にある「NTT赤坂営業所」は建て替えは行なわずに壁面の美装化が実施されます。



赤坂トラストタワー ウェルカムプラザ
ウェルカムプラザ[出典:NTT都市開発]

 「赤坂トラストタワー」の正面となるウェルカムプラザです。



赤坂トラストタワー オフィスエントランス
オフィスエントランス[出典:NTT都市開発]

 ウェルカムプラザに側に配置されるオフィスエントランスです。



赤坂トラストタワー 1階ロビー
1階ロビー[出典:森トラスト]

 1階ロビーです。



赤坂トラストタワー 四季の庭
四季の庭[出典:NTT都市開発]

 南側には池のある四季の庭が整備されます。1階部分にお神輿のようなものが描かれていますが、これは江戸型山車(えどがただし)の展示スペースです。



赤坂トラストタワー 歴史文化発信施設
歴史文化発信施設[出典:NTT都市開発]

 「赤坂トラストタワー」には江戸型山車の展示スペースなど歴史文化発信施設となる「(仮称)江戸ビジターセンター」、歴史・文化イベントが開催できる約500屬離曄璽襦¬1200屬離潺紂璽献▲狹も整備されます。



赤坂トラストタワー 赤坂の森からの景観
赤坂の森からの景観[出典:NTT都市開発]

 西側に整備される「赤坂の森」方面から見た完成予想図です。ビルの足元にはテラスも配置されます。



赤坂トラストタワー 体験の庭
体験の庭[出典:NTT都市開発]

 そのテラスは緑に囲まれた「体験の庭」となります。




東京ワールドゲート赤坂 位置図
位置図[出典:NTT都市開発]

 最寄駅は東京メトロ南北線・銀座線「溜池山王」駅で地下通路で接続されます。他にも東京メトロ千代田線・丸の内線「国会議事堂前」駅や千代田線「赤坂」駅なども徒歩圏にあります。




赤坂トラストタワー

 2022年9月27日に「六本木ヒルズ」の展望台から撮影した「赤坂トラストタワー」(地上43階、高さ209.60m)です。



赤坂トラストタワー

 最上部にズームです。まだ見下ろせる高さのためビル本体がL字型ということがわかります。



赤坂トラストタワー

 「六本木ヒルズ」の展望台からは超高層ビル群の隙間から皇居が見えていましたが、「赤坂トラストタワー」はタワークレーンの先端よりも高くなるため、その隙間を埋めてしまう超高層ビルとなります。建設地右側の「赤坂インターシティ AIR」(地上38階、高さ205.08m)よりも少し高い209.60mとなるため、奥に見えている大手町の超高層ビル群にも少し被ります。



赤坂トラストタワー

 さらに広角で撮影。赤坂・虎ノ門・六本木エリアは常にどこかで超高層ビルの建設が行われており、年々超高層ビル群が拡大しています。高さ200m超えの超高層ビルも増えてきておりかなり賑やかになってきています。



赤坂トラストタワー

 ここからは2022年9月17日に現地から撮影した「赤坂トラストタワー」です。六本木ヒルズから見たときと同じような方角となる南西側からの撮影です。ここから半時計周りに載せていきます。



赤坂トラストタワー

 南側から撮影。



赤坂トラストタワー

 首都高の高架越しに撮影。手前の鉄塔があるビルが壁面の美装化が実施される「NTT赤坂営業所」です。



赤坂トラストタワー

 東側のアメリカ大使館前に続く道から撮影。右手前のビルが地下通路で接続する「ATT新館」です。



赤坂トラストタワー

 六本木通りと外堀通りが交差する溜池交差点から撮影。ビル本体が見えるようになってきました。



赤坂トラストタワー

 北側から見上げた様子です。



赤坂トラストタワー

 さらに北側へ移動してもう1枚。周辺のビルの背後に「赤坂トラストタワー」が見えるようになってきました。



赤坂トラストタワー

 昨日のブログに載せた「(仮称)赤坂二丁目計画」(地上28階、高さ147.98m)の建設地越しに撮影。



赤坂トラストタワー

 西側にある「赤坂タワーレジデンス Top of the Hill」の公開空地から撮影。まだまだ高くなります。









赤坂トラストタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:赤坂トラストタワー
街区名:東京ワールドゲート赤坂
計画名:(仮称)赤坂二丁目プロジェクト
所在地:東京都港区赤坂2丁目1722番1他
交通:東京メトロ銀座線・南北線「溜池山王」駅
   東京メトロ丸の内線・千代田線「国会議事堂前」駅
用途:事務所、店舗、ホテル、共同住宅、展示施設、診療所、駐車場 等
階数:地上43階、塔屋2階、地下3階
高さ:209.60m
構造:鉄骨造、一部SRC造、一部RC造、中間層免震構造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:13,102.25屐15,735.14屐
建築面積:6,670.42屐7,712.01屐
延床面積:210,034.06屐219,957.86屐
建築主:森トラスト、エヌ・ティ・ティ都市開発
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2021年1月15日着工〜2024年8月第1期竣工、2025年10月に第2期竣工予定
開業:2024年8月予定