帝劇ビル・国際ビル

 東京都千代田区丸の内三丁目の「帝劇ビル」「国際ビル」について、所有者の三菱地所と東方および出光美術館が共同で一体的に建て替えることが決定したことが発表されました。建替計画の具体的な内容は検討を進めていくとのことです。この記事では両ビルの概要、地図等を載せています。




帝劇ビル・国際ビル 計画地周辺
計画地周辺[出典:三菱地所]

 建て替えが発表された「帝劇ビル」の規模は地上9階、塔屋3階、地下6階、敷地面積3,825.05屐延床面積3万9419.80屬播貶と出光美術館が所有しており、1〜3階が帝国劇場、9階が出光美術館、途中フロアの4〜8階が出光興産が入るビルとなっています。

 「国際ビル」の規模は地上9階、塔屋3階、地下6階、敷地面積5,623.30屐延床面積7万6918.25屬濃杏地所と日本倶楽部が所有するオフィスビルとなっています。

 両ビルとも1966年9月の竣工で、2つのビルが繋がって1つのビルのようになっています。具体的なスケジュールはまだ未定とのことですが、2025年を目途に両ビルは閉館する予定となっており、三菱地所・東宝・出光美術館の3者が共同して一体的に建替えを行います。建替え後の建物内では帝国劇場・出光美術館の再開が予定されています。

 また、この図では計画地の斜め隣の「新有楽町ビル」と「有楽町ビル」が点線で囲まれていますが、ここは2023年を目途に閉館して建て替えを行うことが発表されています。こちらのビルの建替え後の規模も不明ですが、立地的に両方とも高さ100mを超える超高層ビルになる可能性がありそうです。

▼三菱地所:ニュース(2022年9月27日)
「国際ビル」・「帝劇ビル」共同建替計画着手
〜帝国劇場・出光美術館の歴史と伝統を継承し、未来へ〜




国際ビル 平面図
国際ビル 平面図[出典:三菱地所]

 見た目は1棟のビルですが「国際ビル」の平面図を見ると、L字型に区切られていることがわかります。基準階専有面積は4,004屐1,211坪)となっています。




帝劇ビル・国際ビル 位置図
位置図[出典:三菱地所]

 計画地の西側は日比谷通りに面しており、目の前には日比谷濠や皇居外苑が広がります。ビルは都営三田線「日比谷」駅の目の前で、各線の「日比谷」駅はもちろん東京メトロ有楽町線「有楽町」駅にも直結しています。また、地下通路を通ることで大手町や東京駅にもアクセス可能となっています。




帝劇ビル・国際ビル_190127

 2019年1月27日にセスナから撮影した丸の内方面の超高層ビル群です。矢印を入れた場所が「帝劇ビル」「国際ビル」です。

 計画地の左のビルが「丸の内二重橋ビルディング」(地上30階、最高高さ150m)で、右のビルが「第一生命日比谷ファースト(旧:DNタワー21)」(地上21階、高さ114.7m)です。百尺規制時代の高さ31mラインでセットバックしたビルが並んでいるので、ここも同じように高さ31mでセットバックした超高層ビルに建替えられる可能性が高そうです。



帝劇ビル・国際ビル_191214

 反対側から2019年12月14日にヘリから撮影。目の前には遮る建物が一切ない眺望が広がる立地ということがわかります。

 この写真だと計画地の真下(斜め隣)が建て替えが決定している「新有楽町ビル」「有楽町ビル」です。その右隣にも同じ高さの大きなビルが並んでいますが、将来的には超高層ビルへの建替えが予想されます。



帝劇ビル・国際ビル_191214

 広角で撮影。大手町や東京駅周辺から続く超高層ビル群が計画地のところで一瞬途切れるので、この隙間を埋める超高層ビルになることを期待しています。









■物件概要「国際ビル」■
名称:国際ビル
所在地:東京都千代田区丸の内三丁目1 番1 号他
交通:東京メトロ有楽町線「有楽町」駅 直結
   東京メトロ千代田線・日比谷線「日比谷」駅 直結
   都営三田線「日比谷」駅 直結
   JR山手線・京浜東北線「有楽町」駅
階数:地上9階、塔屋3階、地下6階
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:5,623.30 屐1,701.05 坪)
延床面積:76,918.25 屐23,267.77 坪)
竣工年月:1966年9月
所有者 :三菱地所・日本倶楽部
設計者:三菱地所、阿部事務所、谷口建築設計研究所
施工者:大林組

■物件概要「帝劇ビル」■
名称:帝劇ビル
所在地:東京都千代田区丸の内三丁目1番1号
交通:東京メトロ有楽町線「有楽町」駅 直結
   東京メトロ千代田線・日比谷線「日比谷」駅 直結
   都営三田線「日比谷」駅 直結
   JR山手線・京浜東北線「有楽町」駅
階数:地上9階、塔屋3階、地下6階
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:3,825.05 屐1,157.08 坪)
延床面積:39,419.80 屐11,924.49 坪)
竣工年月:1966年9月
所有者 :東宝・出光美術館
設計者:三菱地所、阿部事務所、谷口建築設計研究所
施工者:大林組