川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 埼玉県川口市で計画されている「川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ93.85m)の配置図です。JR川口駅東口から南側へ約400mに位置するタワーマンションで、現地には建築計画のお知らせが設置され、2023年7月に着工することが判明しました。この記事では同タワマンの概要や現況、地図等を載せています。




川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業 建築計画

 「川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業」の建築計画のお知らせです。規模は地上28階、地下1階、高さ93.85mm、敷地面積4,753.85屐建築面積2,217.31屐延床面積2万5214.95屐∩躙与225戸、店舗・事務所等10室、建築主は川口本町4丁目9番地区市街地再開発組合、設計者はGA建築設計社、施工者は未定で2023年7月着工、2026年5月竣工予定となっています。

 敷地内には約700屬旅場が設けられ、かまどベンチやマンホールトイレなど防災設備も設置されます。浸水などの災害時には2階に設ける屋上庭園を開放して避難スペースとして提供する予定となっています。また、都市計画道路や歩道状空地、東西方向に貫通する敷地内通路などの整備を行い、善光寺荒川線沿いには商業・業務施設が配置されます。

▼三井不動産レジデンシャル:ニュース(2020年9月28日)
「川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業」
都市計画決定のお知らせ
住宅・商業・業務施設のミクストユースプロジェクト





川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 「川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業」はJR川口駅の東口から荒川方面となる南側へ約400mの場所に位置しています。




川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業

 2022年9月25日に敷地北西側から撮影した「川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ93.85m)の計画地です。都市計画道路も計画されているので建物がない場所があったりもします。



川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業

 敷地北東側から撮影。右に見ているタワーマンションは「リビオタワー川口ミドリノ」(地上32階、最高高さ99.95m)で、これよりも少しだけ低いタワーマンションがこの場所に建設されます。



川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業

 敷地南西側から撮影。この辺りも都市計画道路が計画されており、商業施設や業務施設が入る低層棟が配置されます。









事業名:川口本町4丁目9番地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等新築工事
所在地:埼玉県川口市本町四丁目64番4 他36筆
用途:共同住宅、店舗、事務所
総戸数:225戸(店舗・事務所等10室)
階数:地上28階、地下1階
高さ:93.85m
敷地面積:4,753.85
建築面積:2,217.31
延床面積:25,214.95
建築主:川口本町4丁目9番地区市街地再開発組合
設計者:GA建築設計社
施工者:未定
工期:2023年7月着工〜2026年5月竣工予定