五反田計画(仮称)

 五反田で建設中の「五反田計画(仮称)」(地上20階、最高高さ98m)です。2022年9月10日に撮影しました。日本郵政不動産による再開発で、商業施設やオフィス、星野リゾートが運営するホテルなどで構成される複合施設となります。この記事では同ビルの概要や建設状況、地図等を載せています。




五反田計画(仮称) 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:日本郵政不動産]

 「五反田計画(仮称)」の完成予想図です。五反田にあった「ゆうぽうと」の跡地が建設地で、規模は地上20階、地下3階、高さ95m、最高高さ98m、敷地面積6,710.93屐建築面積4,770屐延床面積6万9230屐建築主は日本郵政不動産、設計者と施工者は大林組で2023年12月末の竣工予定となっています。



五反田計画(仮称) 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:日本郵政不動産]

 夜景バージョンの完成予想図です。



五反田計画(仮称) イメージ図
イメージ図[出典:日本郵政不動産]

 フロア構成は1階にフードホール、2階にシェアオフィス、3階に多目的ホール、3〜12階に基準階面積約1000坪のオフィス、そして14〜20階が星野リゾートが運営する約9,000屬離曠謄襪箸覆蠅泙后ホテルにはレストランやオープンテラスも配置されます。

 計画発表時のプレスリリースではホテルから『富士山、東京タワー、都心のビル群などが一望できる』と記載されていましたが、着工時のプレスリリースでは『都心の眺望を楽しめる』と文言が変更されています。これは富士山が見える方向にある「TOCビル」が地上30階、高さ150mの超高層ビルへの建替え計画が発表されたためと思われます。



五反田計画(仮称) フロントテラスイメージパース
フロントテラスイメージパース[出典:日本郵政不動産]

 低層部は斜めの柱が目を引くデザインとなっています。



五反田計画(仮称) メインエントランスイメージパース
メインエントランスイメージパース[出典:日本郵政不動産]

 五反田駅側に配置されるメインエントランスの完成予想図です。建物の周囲には地域の植生を踏まえた多種多様な樹種によって構成された「五反田の森」が整備され、品川エリアのグリーン・ネットワークが補完されます。




五反田計画(仮称) 位置図
位置図[出典:日本郵政不動産]

 建設地は東急池上線「大崎広小路」駅の西隣に位置しており、JR山手線、都営浅草線、東急池上線「五反田」駅からは南に徒歩5分程度の距離となっています。建設地隣の「大崎広小路」駅から五反田駅は1駅ですが徒歩で行ける距離です。

 余談ですが新卒で入った会社は目的地に一番近い駅で交通費が出たので、もしここが勤務地ならば五反田駅から歩いても1駅分の交通費が出て得していたと思います。




五反田計画(仮称)

 2022年9月10日に撮影した「五反田計画(仮称)」(地上20階、最高高さ98m)です。


五反田計画(仮称)

 山手通り沿いから撮影。外壁の設置工事が始まっていました。



五反田計画(仮称)

 南西側から撮影。



五反田計画(仮称)

 斜めに設置された鉄骨が目立ちます。



五反田計画(仮称)

 2022年9月21日に六本木ヒルズの展望台から撮影した「五反田計画(仮称)」です。



五反田計画(仮称)

 少し広角で撮影。五反田駅エリアでは「五反田計画(仮称)」(地上20階、最高高さ98m)の他に「アトラスタワー五反田」(地上30階、高さ105.76m)が建設中です。そして「TOCビル」がある場所では最近6ヶ月〜1年の順延が発表された「新TOCビル」(地上30階、高さ約150m)が計画されています。超高層ビルが少ないエリアでしたが少しだけ賑やかになりそうです。









五反田計画(仮称) 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:五反田計画(仮称)
所在地:東京都品川区西五反田八丁目4番13号
交通:東急池上線「大井町」駅、JR山手線・都営浅草線「五反田」駅
用途:事務所、ホテル、ホール、飲食店舗、物販店舗、駐車場、駐輪場
階数:地上20階、地下3階
高さ:95m(最高高さ98m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:6,710.93
建築面積:4,770
延床面積:69,230
建築主:日本郵政不動産
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2021年8月上旬着工〜2023年12月末竣工予定