月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 建物外観完成イメージ
建物外観完成イメージ[出典:住友不動産]

 月島三丁目に建設される「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上58階、最高高さ199.45m)の完成予想図です。参加組合員として住友不動産、東京建物、大和ハウス工業、首都圏不燃建築公社が参画するタワーマンションとなります。この記事では同タワマンの概要や既存ビル解体状況、地図等を載せています。




月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:住友不動産]

 「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業」はタワーマンションが建設されるA街区と低層のB-1街区、B-2街区に分かれています。A街区は「月島もんじゃストリート」とも呼ばれる西仲通り商店街に面しており2階建ての店舗専用棟が配置され、マンション本体と店舗はデッキで接続されます。B-1街区、B-2街区は隅田川に面した場所でA街区とB-1街区はデッキで接続されます。

 A街区の規模は地上58階、地下2階、高さ197.65m、最高高さ199.45m、敷地面積1万76.42屐建築面積6,4548.55屐延床面積14万4450.75屬之築主は月島三丁目北地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産、東京建物、大和ハウス工業、首都圏不燃建築公社)、設計者は五洋建設、施工者は未定で2022年9月15日着工、2026年6月30日竣工予定となっています。

 B-1街区の規模は地上6階、高さ24.80m、最高高さ27.40m、延床面積1,925.19屐B-2街区の規模は地上7階、高さ25.37m、最高高さ27.12m、延床面積3,245.34屬B-1街区は2022年12月1日着工、2024年6月30日竣工予定、B-2街区は2024年10月1日着工、2026年6月30日竣工予定となっています。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:住友不動産]

 A街区の断面図です。左が「月島もんじゃストリート」に面した店舗専用棟で、高層棟の店舗専用棟側にも店舗が入ります。




月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 地区周辺図
地区周辺図[出典:住友不動産]

 計画地は「月島」駅と「勝どき」駅の両駅が使える場所に位置しています。「勝どき」駅は都営大江戸線のみですが「月島」駅は都営大江戸線と東京メトロ有楽町線の2路線があります。




月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 A街区 解体工事範囲図

 A街区の解体工事の範囲図です。築年数の経過した木造家屋が多く立ち並ぶ一帯で、計画地内で最大の建物は共同住宅の「スタジオデン月島」(地上10階、1,647)となっています。また、図の左下の白い場所には10階建てのマンション「ザ・パームス月島ルナガーデン」がありますが、同再開発には参加していないのでそのまま残ります。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 A街区 解体工事のお知らせ

 A街区の解体工事のお知らせです。2022年10月31日までの工期で五洋建設によって解体工事が行われています。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 2022年8月22日に撮影した「月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 A街区」の既存ビル解体工事現場です。背後のマンションは10階建ての「スタジオデン月島」でまだ解体が始まっていませんでしたが、解体工期が10月31日までとなっているのでこれから一気に解体されるのかもしれません。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 「月島もんじゃストリート」と「スタジオデン月島」の間です。ここは既に解体が終わっており更地になっていました。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 北東側から解体工事が行われているようでした。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 着工は9月15日予定となっているので既に解体された場所から新築工事が始まるものと思われます。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 北角でも解体工事が進んでおり、ここの建物が解体されると随分と空が広く感じられそうです。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 北側から撮影。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 西側から撮影。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 西側にはまだ既存建物が多く残っていますが、解体に着手すればあっという間に解体が終わりそうです。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 撮影から2週間程度経っているので右奥に見えている建物は既に解体されているかと思います。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 南側から見た「月島もんじゃストリート」です。このすぐ左には再開発に参加していない10階建ての「ザ・パームス月島ルナガーデン」があります。



月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業

 「月島もんじゃストリート」に繋がる路地から見たA街区です。東側はまだ既存建物が解体される気配なくかなり残っていました。









月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業  A街区 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが五洋建設になるかと思います。

■物件概要(A街区)■
計画名:月島三丁目北地区第一種市街地再開発事業 A街区
所在地:東京都中央区月島3丁目1801番1外
交通:都営大江戸線「勝どき」駅
   都営大江戸線・東京メトロ有楽町線「月島」駅
用途:共同住宅、商業、公益的施設、他
総戸数:約1317戸
階数:地上58階、地下2階
高さ:197.65m(最高高さ199.45m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:現場造成杭(アースドリル式拡底工法)
敷地面積:10,076.42
建築面積:6,548.55
延床面積:144,450.75
建築主:月島三丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産、東京建物、大和ハウス工業、首都圏不燃建築公社
事業協力者:五洋建設、首都圏不燃建築公社
設計者:五洋建設
施工者:未定
工期:2022年9月15日着工〜2026年6月30日竣工予定

既存ビル解体工期:2022年3月7日〜2022年10月31日
解体施工者:五洋建設