千客万来施設

 豊洲市場前で建設中の「千客万来施設」(地上9階、最高高さ48.30m)です。2022年8月22日に撮影しました。万葉倶楽部による温浴施設や商業施設となります。この記事では同施設の概要や建設状況、地図等を載せています。




千客万来施設 全体イメージ
全体イメージ[出典:万葉倶楽部]

 「千客万来施設」全体の完成予想図です。規模は地上9階、地下1階、高さ43.80m、最高高さ48.30m、敷地面積1万840.32屐建築面積7,443.17屐延床面積3万4215.14屐建築主は万葉倶楽部、設計者は万葉倶楽部と五洋建設、施工者は五洋建設で2023年10月31日竣工予定となっています。

 右の晴海運河側の建物が地上9階建ての温浴棟で湯河原温泉と箱根温泉を運んで使用され、手前の低層の建物群は地上3階建ての商業棟となっています。



千客万来施設 全体イメージ
全体イメージ[出典:万葉倶楽部]

 商業棟の1階には路面店、コンビニ、バス駐車場(27台)、駐輪場が計画されており、2階はゆりかもめ「市場前」駅直結の核となるフロアで、木造による江戸の街並みが再現され飲食店、食物販店、物販店が建ち並びます。3階は飲食店、フードコート、団体対応飲食店が計画されています。



千客万来施設 商業棟イメージ
商業棟イメージ[出典:万葉倶楽部]

 上空から見た商業棟の完成予想図です。



千客万来施設 商業棟2階イメージ
商業棟2階イメージ[出典:万葉倶楽部]

 2階部分の商業棟イメージです。火の見やぐらもある江戸を感じる空間となります。



千客万来施設 温浴棟イメージ
温浴棟イメージ[出典:万葉倶楽部]

 9階建ての温浴棟です。



千客万来施設 屋上庭園イメージ
屋上庭園イメージ[出典:万葉倶楽部]

 屋上庭園には無料の足湯も設置されます。



千客万来施設 歩道橋イメージ
歩道橋イメージ[出典:万葉倶楽部]

 「千客万来施設」の温浴棟を抜けた先には「豊洲ぐるり公園」に繋がる歩道橋も整備されます。




千客万来施設

 2022年8月22日に東隣にあるミチノテラスから撮影した「千客万来施設」(地上9階、最高高さ48.30m)です。



千客万来施設

 温浴棟は既に最上階まで鉄骨が組まれていました。



千客万来施設

 左端にある「市場前」駅のペデストリアンデッキと温浴棟の間には3階建ての商業棟が建設中です。



千客万来施設

 そのペデストリアンデッキから撮影。



千客万来施設

 1階部分は鉄骨が組まれていました。



千客万来施設

 一部2、3階部分も鉄骨が組まれていました。



千客万来施設

 木造で江戸の街並みを再現されますが、ここは鉄骨造となっていました。



千客万来施設

 ここは入口の目の前なので、勝手な憶測だと店舗ではない別の施設で木造ではないのかもしれません。



千客万来施設

 2階の床部分です。



千客万来施設

 ここに江戸の街並みを再現した木造の建物が並ぶことになります。



千客万来施設

 左の鉄骨が組まれている場所はエレベーターが設置される場所かと思います。



千客万来施設

 「市場前」駅のペデストリアンデッキから撮影。豊洲市場は築地の頃のような賑わいはまだありませんが「千客万来施設」が完成すると人で賑わう街となりそうです。









千客万来施設 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:千客万来施設
所在地:東京都江東区豊洲6丁目101番1の一部
交通:ゆりかもめ「市場前」駅
用途:物販店舗、飲食店、ホテル、公衆浴場、駐車場、事務所、集会場、託児所、診療所
階数:地上9階、地下1階
高さ:43.80m(最高48.30m)
構造:鉄骨造(一部SRC造、木造)
基礎工法:杭基礎(既成杭)
敷地面積:10,840.32
建築面積:7,443.17
延床面積:34,215.14
建築主:万葉倶楽部
設計者:万葉倶楽部 一級建築士事務所、五洋建設 一級建築士事務所
施工者:五洋建設 東京建築支店
工期:2020年10月1日着工〜2023年10月31日竣工予定