ホテルグランドパレス

 九段下駅近く解体工事が始まっている「ホテルグランドパレス」(地上24階、高さ86.3m)です。2022年8月11日に撮影しました。2023年2月28日までの工期で竹中工務店によって解体工事が進められています。概要はまだ発表されていませんが、解体後の跡地には三菱地所等5社による複合ビルが建設される計画となっています。この記事では同ホテルの概要や解体状況、地図等を載せています。




ホテルグランドパレス

 「ホテルグランドパレス」は九段下駅に近くにあったホテルで、規模は地上24階、塔屋1階、地下4階、高さ86.3m、敷地面積6,604.74屐建築面積3,945屐延床面積4万8887.28屐∩躓匱漆458室。設計者と施工者は竹中工務店で1972年に開業し、2021年6月30日に営業終了しました。

 現在は三菱地所の発注により2022年3月1日から2023年2月28日までの工期で竹中工務店によって解体工事が行われており、解体後の跡地に関してはホテルグランドパレス、三菱地所、三菱地所レジデンス、阪急阪神不動産、東宝の5社が2021年9月22日付けで跡地の有効活用計画に関する基本協定書を締結したことが発表されています。

 同発表ではホテルグランドパレスが三菱地所、三菱地所レジデンス、阪急阪神不動産、東宝に跡地の一部を売却し、ホテルグランドパレスとともに複合ビルを建設する予定と記載されていただけで、具体的にどういった施設になるのかは発表されませんでしたが、参加している企業から判断するとホテル、レジデンス、オフィス、商業施設が入る複合ビルになる可能性がありそうです。

▼ホテルグランドパレス:プレスリリース(2021年9月30日)
ホテルグランドパレス跡地有効活用事業に関する基本協定書締結
及び敷地の一部売却について





ホテルグランドパレス 位置図
位置図[出典:ホテルグランドパレス]

 場所は「九段下」駅の北側の目白通り沿いで、東京メトロ東西線・東京メトロ半蔵門線・都営新宿線「九段下」駅から徒歩1分の距離に位置しています。また、目白通りを北側に行くとJR・地下鉄「飯田橋」駅があり徒歩7分の距離となっています。




ホテルグランドパレス

 2022年8月11日に撮影した解体工事中の「ホテルグランドパレス」(地上24階、高さ86.3m)です。足場が組まれたのはセットバックした客室部分で基壇部はまだ外観が見える状態でした。



ホテルグランドパレス

 解体工事の発注者は三菱地所、施工者は竹中工務店で2022年3月1日〜2023年2月28日までの工期となっています。地下4階まであるホテルのため地下部の解体工事は2023年2月28日以降に行われるかもしれません。



ホテルグランドパレス

 北東側から撮影。



ホテルグランドパレス

 最近は超高層ビルの解体工事が増えてきており、各社色々な工法を開発し試している段階かと思われます。竹中工務店はビル上部に周囲を覆った移動式解体工場(ハット)を設置し、下階へ移動させながら順次ビルの解体を行う「竹中ハットダウン工法」の技術を保有していますが、ここはビル全体が足場で覆われたため普通のビルと同様に最上部に重機を運んで解体するのかもしれません。



ホテルグランドパレス

 北西側から撮影。現地作業工程では内装解体・アスベスト除去となっていました。



ホテルグランドパレス

 南西側から撮影。跡地はどうのようになるのかは不明ですが、高さ100mを超える複合ビルになるのではと思っています。



ホテルグランドパレス

 南西側低層部です。ここは傾斜地で南西側が敷地内では一番高い場所となります。西隣はフィリピン大使館で、周辺にはお茶の水小学校や暁星中学・高校があるため西側は今後も開けた視界が続きそうです。









ホテルグランドパレス 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。

■物件概要■
名称:ホテルグランドパレス
所在地:東京都千代田区飯田橋一丁目1-1
交通:東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線「九段下」駅 徒歩1分
   JR中央・総武線、東京メトロ東西線・有楽町線・南北線、都営大江戸線「飯田橋」駅 徒歩7分
用途:ホテル
総客室数:458室
階数:地上24階、塔屋1階、地下4階
高さ:86.3m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
敷地面積:6,604.74
建築面積:3,945
延床面積:48,887.28
建築主:ホテルグランドパレス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:1970年2月着工〜1972年2月竣工

解体発注者:三菱地所
解体施工者:竹中工務店
解体工期:2022年3月1日〜2023年2月28日予定