(仮称)池袋西口プロジェクト

 現在、解体工事が行われている「池袋マルイ」です。解体後の跡地は「(仮称)池袋西口プロジェクト」として地上28階、高さ140.124mのオフィスビルが建設されることが判明しました。この記事では同プロジェクトの概要や現況、地図等を載せています。




池袋マルイ

 「(仮称)池袋西口プロジェクト」は池袋駅の西口側の矢印を入れた場所にあった「池袋マルイ」の跡地の再開発で、現在は三菱UFG信託銀行の発注によって「池袋マルイ」の解体工事が清水建設によって2021年10月1日〜2022年9月30日の工期で行われています。

 跡地に建設されるビルの規模は地上28階、地下4階、高さ140.124m、敷地面積3,348.29屐建築面積1,944.68屐延床面積4万1816.07屐⇒囘咾六務所、店舗、自動車車庫、建築主はウエストゲート(代表者:清水建設)、設計者と施工者は清水建設で2023年1月上旬着工、2025年12月下旬竣工予定です。

 池袋駅の西口前では三菱地所と三菱地所レジデンスが3棟の超高層ビルを建設する「池袋駅西口地区」の再開発計画がありますが、「(仮称)池袋西口プロジェクト」はこれとは別のプロジェクトです。




(仮称)池袋西口プロジェクト

 2022年8月5日に敷地北西側から撮影した解体中の「池袋マルイ」です。「池袋マルイ」は2021年8月29日に閉店しています。



(仮称)池袋西口プロジェクト

 南東側から撮影。跡地は「(仮称)池袋西口プロジェクト」として地上28階、高さ140.124mの超高層ビルが建設されます。元々、地下通路で池袋駅に直結していたので再開発ビルも駅直結になるものと思われます。









池袋西口共同ビル解体工事

 池袋マルイの解体工事のお知らせのお知らせです。



(仮称)池袋西口プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
事業名:(仮称)池袋西口プロジェクト
所在地:東京都豊島区西池袋三丁目28-4,5,6,9,10
交通:JR・東武鉄道・西武鉄道・東京メトロ「池袋」駅
用途:事務所、店舗、自動車車庫
階数:地上28階、地下4階
高さ:140.124m
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭併用直接基礎
敷地面積:3,348.29
建築面積:1,944.68
延床面積:41,816.07
建築主:ウエストゲート(代表者:清水建設)
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2023年1月上旬着工〜2025年12月下旬竣工予定