(仮称)ドコモ代々木第二ビル

 代々木駅と新宿駅の間で建設中の「(仮称)ドコモ代々木第二ビル」(地上13階、高さ85.34m)です。2022年7月25日に撮影しました。この記事では同ビルの概要や建設状況、地図等を載せています。




 「(仮称)ドコモ代々木第二ビル」の規模は地上13階、地下1階、高さ85.34m、敷地面積1,879.00屐建築面積1,066.75屐延床面積1万3745.05屐⇒囘咾賄典つ命事業用建物、建築主はNTTドコモ、設計者はNTTファシリティーズ、施工者は竹中工務店を代表としたドコモ代々木第二ビル新築工事共同企業体で2023年3月末日竣工予定となっています。

 建設地は「NTTドコモ代々木ビル(ドコモタワー)」(地上27階、最高高さ239.85m)とニトリなどが入る「タイムズスクエアビル」の間です。




(仮称)ドコモ代々木第二ビル

 「タイムズスクエアビル」前にある「楠広場」のデッキから2022年7月25日に撮影した「(仮称)ドコモ代々木第二ビル」(地上13階、高さ85.34m)です。



(仮称)ドコモ代々木第二ビル

 外壁を見ると窓があるのは低層階だけで中層階には見当たりません。そのため中層階以上はサーバーや通信設備専用のフロアになるのかもしれません。



(仮称)ドコモ代々木第二ビル

 JR「新宿」駅の南口側に架かるイーストデッキの付け根にあたりから撮影。



NTTドコモ代々木ビルと(仮称)ドコモ代々木第二ビル

 その背後にはエンパイアステートビルのような形をした「NTTドコモ代々木ビル(ドコモタワー)」(地上27階、最高高さ239.85m)がそびえ立っています。



(仮称)ドコモ代々木第二ビル

 少し移動して「バスタ新宿」から撮影。右奥には「パークコート神宮北参道 ザ タワー」(地上27階、最高高さ99.01m)が見えています。









(仮称)ドコモ代々木第二ビル 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)ドコモ代々木第二ビル
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷五丁目26-28、24-10(一部)
交通:JR各線・都営大江戸線「代々木」駅
   JR・都営・小田急・京王「新宿」駅
   東京メトロ副都心線「新宿三丁目」駅
用途:電気通信事業用建物
階数:地上13階、地下1階
高さ:85.34m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート+鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,879.00
建築面積:1,066.75
延床面積:13,745.05
建築主:NTTドコモ
設計者:NTTファシリティーズ
施工者:ドコモ代々木第二ビル新築工事共同企業体(代表:竹中工務店)
工期:2021年1月中旬着工〜2023年3月末日竣工予定