整備後の浜松町駅周辺イメージパース
整備後の浜松町駅周辺イメージパース[出典:野村不動産]

 浜松町駅エリアの整備計画について「浜松町西口開発計画」を推進する世界貿易センタービルディング、東日本旅客鉄道、東京モノレール、鹿島建設と「芝浦プロジェクト」を推進する野村不動産、東日本旅客鉄道の5社より詳細が発表されました。

 既存の南口自由通路の他に北口側にも自由通路、旧芝離宮恩賜庭園側には歩行者専用道路、そして「浜松町西口開発計画」内では東京モノレールや都営地下鉄に繋がるステーションコアが整備されます。駅周辺エリアを広域的につなぐ歩行者ネットワークの構築、及び浜松町駅の交通結節点としての機能強化が図られます。

▼野村不動産:ニュースリリース(2022年5月18日)
【浜松町駅西口開発計画・芝浦プロジェクト】 歩行者ネットワークの構築・交通結節点の機能強化を目的とした 浜松町駅エリアの整備計画について(世界貿易センタービルディング・野村不動産・東日本旅客鉄道・東京モノレール・鹿島建設)



整備後の浜松町駅周辺イメージパース
整備後の浜松町駅周辺イメージパース[出典:野村不動産]

 北口自由通路は竹芝や汐留に繋がるデッキに接続され「浜松町西口開発計画」側には中央広場が整備されJR「浜松町」駅、東京モノレール「浜松町」駅、都営地下鉄「大門」駅、そしてバスターミナルに接続されます。



浜松町駅周辺エリアの位置関係
浜松町駅周辺エリアの位置関係[出典:野村不動産]

 「浜松町西口開発計画」はデッキで各棟が接続され、東京モノレール浜松町駅は建替えられます。このパースのA〜F地点から見た完成予想図を以下に載せていきます。



北口自由通路 鳥瞰イメージ
A. 北口自由通路 鳥瞰イメージ[出典:野村不動産]

 A地点から見た北口自由通路の鳥瞰イメージです。JR浜松町駅・東京モノレール浜松町駅の北口に新たに整備される3階レベルの改札に繋がります。



大門通り上の既存デッキから見た外観イメージ
B. 大門通り上の既存デッキから見た外観イメージ[出典:野村不動産]

 B地点から見た浜松町駅の外観イメージです。文化放送と世界貿易センタービルを繋いでいた大門通り上の既存デッキと浜松町駅が接続されます。



東京モノレール 浜松町駅 外観イメージ
東京モノレール 浜松町駅 外観イメージ[出典:東京モノレール]

 その隣には新たな東京モノレール浜松町駅が建設されます。竣工予定は2029年度です。



南口自由通路 鳥瞰イメージ
C. 南口自由通路 鳥瞰イメージ[出典:野村不動産]

 C地点から見た南口自由通路の鳥瞰イメージです。チラッと見えているトラス状の部分が既存の南口自由通路のため、その隣に新たな南口自由通路が整備されることになります。新たな自由通路は2024年度の使用開始予定で、その後既存の自由通路を改修し2026年度に全面使用開始予定となっています。



南口自由通路 芝浦側昇降口イメージ
D. 南口自由通路 芝浦側昇降口イメージ[出典:野村不動産]

 D地点から見た南口自由通路の芝浦側昇降口イメージです。現在は階段しかない場所にエスカレーターが設置されバリアフリー化されます。



芝浦エリアの歩行者専用道路イメージ
E. 芝浦エリアの歩行者専用道路イメージ[出典:野村不動産]

 首都高を超えたE地点から見た「芝浦プロジェクト」側の歩行者専用道路のイメージです。



芝浦エリアの歩行者専用道路イメージ
F. 芝浦エリアの歩行者専用道路イメージ[出典:野村不動産]

 F地点から見た芝浦エリアの歩行者専用道路イメージです。浜松町駅から「芝浦プロジェクト」まで庇(ひさし)が設置されるため雨に濡れずにアクセス可能となります。



中央広場イメージ(ステーションコア前)
中央広場イメージ(ステーションコア前)[出典:野村不動産]

 「浜松町西口開発計画」内に整備される中央広場のイメージです。2枚目に載せた浜松町駅周辺イメージパースでは屋外の広場に見えましたが、中央広場は建物内に整備されます。



中央広場イメージ(ステーションコア前)
中央広場イメージ(ステーションコア前)[出典:野村不動産]

 中央広場イメージは3層吹き抜けの大空間となります。



中央広場イメージ(東京モノレール改札前)
中央広場イメージ(東京モノレール改札前)[出典:野村不動産]

 東京モノレール改札前です。



ステーションコアイメージ
ステーションコアイメージ[出典:野村不動産]

 ステーションコアの完成予想図です。ステーションコアはJR、東京モノレール、都営地下鉄、バスターミナル、タクシープール等の交通施設をスムーズに繋ぐ大きな吹き抜け空間で、羽田からの東京の玄関口に相応しい、視認性の良い乗換空間が整備されます。



ステーションコア整備による乗換動線強化のイメージ
ステーションコア整備による乗換動線強化のイメージ[出典:野村不動産]

 現在の浜松町駅・大門駅エリアは複雑な動線となっていますが、整備後はステーションコアを中心にしたわかりやすい乗り換え動線となります。



浜松町駅

 2022年4月7日に既存デッキから撮影したJR浜松町駅の北口側です。ホーム上空に鉄骨を組んでおり、ここに新たな改札や北口自由通路が整備されます。



北口自由通路

 少々古いですが2022年2月7日に撮影した北口自由通路です。



北口自由通路

 撮影時は建設中でしたが今は既に一般開放されているようです。



浜松町駅

 2013年7月に文化放送の「くにまるジャパン」内の「おもしろ人間国宝」のコーナーに出演したときに撮影した旧芝離宮恩賜庭園方面の眺めです。旧芝離宮恩賜庭園沿いにある道路のような部分が歩行者専用道路として整備されます。



浜松町駅

 浜松町駅の南口側です。こちらには新たな南口自由通路が整備されます。



芝浦一丁目プロジェクト 外観イメージ図
芝浦プロジェクト 外観イメージ図[出典:野村不動産ホールディングス]

 「芝浦一丁目プロジェクト(芝浦プロジェクト)」の完成予想図です。左が挟N棟で地上43階、高さ228.88m、右が鬼S棟で地上45階、高さ227.28mの超高層ツインビルが建設されます。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 仮囲いに掲載されれいる完成予想図です。敷地内にある「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)は解体されることになります。



芝浦一丁目プロジェクト

 2022年4月7日に撮影した鬼S棟の建設地です。鬼S棟は2025年2月の竣工予定、挟N棟は2030年度の竣工予定となっています。同再開発の詳細は当ブログの過去記事をご覧ください。



浜松町二丁目4地区 外観イメージ
浜松町西口開発計画 外観イメージ[出典:鹿島建設]

 「浜松町二丁目4地区(浜松町西口開発計画)」の完成予想図です。A-1棟・A-2棟は中央広場やステーションコアなどが整備される地上46階、高さ約235mのオフィスビルで高層部はホテルとなります。A-3棟は既に開業している「世界貿易センタービルディング 南館」(地上39階、高さ197.317m)です。



世界貿易センタービルディング

 A-1棟の建設地では「世界貿易センタービルディング」(地上40階、最高高さ162.59m)が解体中です。解体後の跡地に建設されるA-1棟は2027年2月の竣工予定予定となっています。同再開発の詳細は当ブログの過去記事をご覧ください。