(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷駅前の大規模再開発「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.71m)の展望台「渋谷スカイ」から2022年5月8日に撮影しました。

 手前の建設中の巨大なビルが5月12日のブログに載せた地上39階、高さ179.97m、延床面積18万4718.55屬A街区で、その左後ろで建設中のビルが地上29階、高さ133m、延床面積6万9154.42屬B街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の規模は地上29階、地下2階、高さ133.00m、敷地面積8,479屐建築面積5,800屐延床面積6万9200屬如▲フィス、分譲マンション、サービスアパートメントで構成される複合施設となります。建築基準法上では地上29階、地下2階となりますが傾斜地が建設地のため運用上では地上30階、地下1階となります。

 建築主は渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合で参加組合員として東急不動産が参画、設計者と施工者は戸田建設で2023年11月30日竣工予定となっています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 壁面の階数表記は運用上の階数となっており、撮影時には22階部分の建設が始まったところでした。また、こちら側に鉄骨が出ている部分にはオフィスフロアが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 高層部にズームです。建築物環境計画書制度によると住宅部の戸数は155戸で分譲となっており、その他にもサービスアパートメント部もあります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の東側です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 傾斜地沿いの道に沿って低層の構造物ができていました。完成予想図を見るとこの上に住宅エントランスができそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 同じ場所から見上げたB街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 少し離れた南東側から見たB街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 近くから撮影。手前はC街区の「中渋谷教会」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 南側から撮影。この手前には広場が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 南西側から撮影。建設地の周囲は細い路地ばかりですが北側には同再開発で整備される広めの道路が整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 北東側から撮影。こちら側にはオフィスフロアが建設されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 低層部です。少なくても右端の鉄筋が見えている場所までは建物本体が建設されそうです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の音楽坂沿道には板状の建物が建設されています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 こちら側はガラス張りの階段スペースとなっています。ここからは見えませんが奥の方にも建物は続いています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「渋谷ストリーム」側から見たその建物部分と超高層棟です。手前のタワークレーンはA街区のA2棟でこれからビル本体が建設されるためこの隙間はなくなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 完成予想図
完成予想図[出典:CBRE]

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」全体の完成予想図です。左の超高層ビルがA街区で右側がB街区です。また、A街区の手前に見える板状の小さな建物もB街区です。

 B街区のデザインが左右で異なっている下半分の左がオフィスフロアで、その右側とセットバックした高層部が住宅部となります。正確なフロア構成はわかりませんが下半分の右側がサービスアパートメントで、高層部が分譲マンション部かと思います。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 配置図
配置図[出典:東急不動産]

 B街区は渋谷駅からは遠い側となりますがA街区とはデッキで接続されそのまま渋谷駅にも繋がります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 2階デッキ
2階デッキ[出典:CBRE]

 A街区とB街区を結ぶ2階デッキです。先ほどの階段が見えていたビルに繋がります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)音符坂沿道
(仮称)音符坂沿道[出典:CBRE]

 2階デッキからB街区の超高層棟へ向かう「(仮称)音符坂」沿道です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)MIDORIはぐくみ広場への通路
(仮称)MIDORIはぐくみ広場への通路[出典:CBRE]

 配置図では「(仮称)丘の上広場」となっていた「(仮称)MIDORIはぐくみ広場」へ繋がる通路です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 (仮称)MIDORIはぐくみ広場
(仮称)MIDORIはぐくみ広場[出典:CBRE]

 通路を抜けた先の「(仮称)MIDORIはぐくみ広場」です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 住宅エントランス前
住宅エントランス前[出典:CBRE]

 住宅エントランスです。全体の完成予想図にはこういった場所は見当たらないので渋谷駅とは反対の恵比寿側に配置されるものと思われます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 B街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
総戸数:155戸(分譲)
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
参加組合員:東急不動産
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定