新潟駅南口西地区新潟都心地域優良建築物等整備事業 イメージパース
イメージパース[出典:新潟市]

 新潟駅南口の西側で計画されている「新潟駅南口西地区新潟都心地域優良建築物等整備事業」の完成予想図です。2022年5月6日に都市再生特別地区都市計画が決定し、都市再生緊急整備地域の特例である「都市再生特別地区」(容積率の緩和)の指定を新潟市では初めて受ける物件で、従来は400%だった容積率が600%へ緩和されます。

 敷地面積約5,999屬縫フィス棟、住宅棟、駐車場棟を建設する3棟構成で、規模はオフィス棟が地上10階、住宅棟が地上30階(高さの上限110m)、駐車場棟が地上8階、3棟合計の建築面積は3,781屐延床面積約4万4457屬箸覆蠅泙后事業者国際総合計画・日生不動産販売の共同企業体で2022年7月に整地工事着工、2022年10月に建設工事着工、そして2025年度の竣工予定となっています。

▼新潟市(2022年5月6日)
新潟駅南口西地区

▼建設通信新聞(2022年5月9日)
駅南口西地区の都計決定/3棟4万崢供10月着工/新潟市



新潟駅南口西地区新潟都心地域優良建築物等整備事業 位置図
Google Earthに加筆

 新潟駅の南口を出たところの西側の赤い網掛けをした場所が計画地となります。



新潟駅南口西地区新潟都心地域優良建築物等整備事業
Google Earth

 計画地を真上から見た様子です。



新潟駅南口西地区新潟都心地域優良建築物等整備事業

 こちらは2013年9月に朱鷺メッセの「万代島ビル」(地上31階、高さ140.5m)の最上階にある「ばかうけ展望室」から撮影した新潟駅方面です。左のタワーマンションは新潟駅前の「シティタワー新潟」(地上31階、高さ115.3m)で、その右側に地上30階、高さ110mのタワーマンションが建設されることになります。

■物件概要■
事業名:新潟駅南口西地区新潟都心地域優良建築物等整備事業
所在地:新潟県新潟市中央区花園1丁目、天神尾、天神1丁目の各一部
用途:業務施設、学校、住宅
階数:地上10階(オフィス棟)、地上30階(住宅棟)、地上8階(駐車場棟)
高さ:110m
敷地面積:約5,999
建築面積:約3,781
延床面積:約44,457
建築主:国際総合計画・日生不動産販売 共同企業体
設計者:−
施工者:−
工期:2022年10月着工〜2025年度竣工予定