シティタワー綾瀬 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 綾瀬駅前で建設中のタワーマンション「シティタワー綾瀬」(地上32階、最高高さ118m)の完成予想図です。足元の東側隣接地(図の※2)には、足立区による交通広場が整備される計画となっています。

 規模は地上32階、地下1階、高さ109.99m、最高高さ118.00m、敷地面積3,643.67屐建築面積1,837.59屐延床面積4万7092.02屐∩躙与427戸、店舗6区画、建築主は住友不動産、設計者と施工者は長谷工コーポレーションで2024年12月中旬竣工、2025年6月下旬から入居開始予定です。販売開始は2023年1月中旬予定で間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は43.87屐73.72屐淵肇薀鵐ルーム含む)となっています。

 地上42階、高さ最高高さ153.50mとなる「シティタワー千住大橋」が2025年4月中旬竣工予定のため、竣工済み物件の中では数ヵ月間だけ足立区最高層タワマンとなる予定です。



シティタワー綾瀬 位置図
位置図[出典:公式HP]

 建設地は東京メトロ千代田線「綾瀬」駅東口の目の前です。駅との間には道路がありますが、目の前には信号が設置されているためタイミングが合えば改札まで1分かからずに行ける場所です。綾瀬駅の隣駅は北千住駅で、北千住と逆側はJR常磐線の各駅停車に直通しています。



シティタワー綾瀬

 2022年5月8日に綾瀬駅のホームから見た「シティタワー綾瀬」の建設地です。



シティタワー綾瀬

 建設地は「旧エトセトラビル」と「旧サンポップビル」の跡地で地下部の解体工事が2022年7月31日までの工期で行われています。



シティタワー綾瀬

 解体工事が続いていますが4月1日には新築工事に着手もしています。



シティタワー綾瀬

 ただ、現地の工事工程では解体工事だけとなっていました。



シティタワー綾瀬

 地上から撮影。こちら東側には交通広場が整備されます。



シティタワー綾瀬

 交通広場の東側には「東綾瀬公園」があり、さらに東側には綾瀬小学校があるので東側は開けた視界が将来に渡って保証されていると言っても良い場所となります。

 東京スカイツリーなど都心的な眺望を望むならば南向きの部屋、富士山が見たいなら南向き・西向きの部屋となります。



シティタワー綾瀬

 敷地北東側から撮影。東側には交通広場が整備されますが、この角地は「シティタワー綾瀬」の敷地となるようです。目の前のゲートがあるプロムナードを北側に行くと東京武道館があります。



シティタワー綾瀬

 敷地北西側から撮影。この右側(西側)には「イトーヨーカドー 綾瀬店」があります。



シティタワー綾瀬 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。数値は公式HPの値を優先して掲載しています。

■物件概要■
名称:シティタワー綾瀬
事業名:(仮称)足立区綾瀬3丁目計画
所在地:東京都足立区綾瀬三丁目4番4他(地番)
用途:共同住宅・店舗
階数:地上32階、地下1階
高さ:109.99m(最高118.00m)
敷地面積:3,643.67
建築面積:1,837.59
延床面積:47,092.02
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:住友不動産
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2022年4月1日着工〜2024年12月中旬竣工予定
入居:2025年6月下旬予定
公式HP:https://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/ayase/