芝浦一丁目プロジェクト

 芝浦の大規模再開発「芝浦一丁目プロジェクト S棟」(地上43階、高さ228.88m)の建設地です。2022年4月7日に撮影しました。低層部が商業施設、中層部がオフィス、高層部がホテルとなる複合ビルとなります。

 S棟の建設後には左の「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)が解体され、挟N棟として地上45階、高さ227.28mの超高層ビルが建設されます。高さ230m近い超高層ツインタワーが誕生することになります。

 事業主体は野村不動産、東日本旅客鉄道、鬼S棟の設計者は槇総合計画事務所と清水建設、施工者は清水建設で2020年度着工、2025年3月竣工予定です。挟N棟は2025年度着工、2030年度竣工予定となっています。以前は事業主体に野村不動産ビルディングも名を連ねていましたが2022年4月1日に野村不動産と合併統合しています。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地の端の方には瓦礫の山がありました。ここの建設地は飲食店などが入る「スリーワンプラザ」や屋上広場があった場所の跡地です。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地の大部分が掘削され構台が出来上がっていました。



芝浦一丁目プロジェクト

 現地の工事工程では土工事となっていました。まだ掘削作業が行われておりダンプに土砂が次々に積み込まれていました。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地南側です。



芝浦一丁目プロジェクト

 構台の下にも小さめ重機がいるのが見えました。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地南西側から撮影。最近は超高層ビルの解体が増えてきましたが、背後の「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」(地上40階、高さ165.9m)も挟N棟の建設地となるため解体されます。



芝浦一丁目プロジェクト

 敷地南東側から撮影。プレハブ事務所の端には外装モックアップがありましたが撤去作業中なのかブルーのネットで覆われていました。



芝浦一丁目プロジェクト

 建設地の東側にある芝浦運河に架かる仮設の橋から撮影。



芝浦一丁目プロジェクト

 その橋から北側を見ると芝浦運河に構台が組まれており、そこに「芝浦一丁目プロジェクト」で掘削された土砂がダンプによって次々に土運船に積み込まれていました。こんな運河の使い方があったんですね。ダンプの台数を大きく減らしつつ効率良く土砂運搬ができそうです。



芝浦一丁目プロジェクト 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:野村不動産ホールディングス]

 「芝浦一丁目プロジェクト」の完成予想図です。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 仮囲いに掲載されれいる完成予想図です。左が地上45階、地下3階、高さ227.28mとなる挟N棟でで、右が地上43階、地下3階、高さ228.88mとなる建設中の鬼S棟です。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 鬼S棟と挟N棟で低層部のセットバックする向きが異なっていますが同じようなデザインとなります。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 外観イメージ図
外観イメージ図[出典:東京都環境局]

 レインボーブリッジから見たと思われる完成予想図です。海側から見たときに中央が凹んだ「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」が目立っていましたが、建替え後は巨大なツインタワーとなるのでさらに目立ちそうです。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 南北断面図
南北断面図[出典:東京都環境局]

 両棟の低層部には商業施設が入り、中層部はオフィスとなります。そして鬼S棟の高層部はホテル、挟N棟の高層部は総戸数約144戸の住宅となります。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 東西断面図S棟
東西断面図S棟[出典:東京都環境局]

 鬼S棟側の断面図です。高層部に向かってどんどんセットバックするデザインとなっています。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 東西断面図N棟
東西断面図N棟[出典:東京都環境局]

 挟N棟側の断面図です。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 緑化計画図
緑化計画図(配置図)[出典:東京都環境局]

 鬼S棟と挟N棟の配置図です。N棟がJR・東京モノレール「浜松町」駅に近い側です。両棟の間には「(仮称)セントラルプラザ」と芝浦運河沿いにテラスが整備され一体的な広場が整備されます。敷地左側を縦に横切っている細い線は東京モノレールで、その効果下には遊歩道が整備されます。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 「(仮称)セントラルプラザ」とテラスの完成予想図です。左側には船着場も整備されます。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 東京モノレールの高架下に整備される遊歩道です。



芝浦一丁目プロジェクト((仮称)芝浦一丁目建替計画)

 浜松町駅に近い側には大きな屋根付きの空間も整備されます。浜松町駅からは屋根付きの通路があるので雨の日でも傘なしでアクセスできるようになりそうです。



(仮称)芝浦一丁目建替計画 位置図
位置図[出典:東京都環境局]

 建設地はJR山手線・JR京浜東北線・東京モノレール「浜松町」駅の南側に位置しており歩行者専用通路で接続されます。また、都営大江戸線・都営浅草線「大門」駅も建替え中の世界貿易センタービル経由でアクセスできるようになります。ここへのアクセスに使う利用者はそれほど多くないと思いますがゆりかもめ「日の出」駅も近いです。



芝浦一丁目プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:芝浦一丁目プロジェクト
計画名:(仮称)芝浦一丁目計画
所在地:東京都港区芝浦一丁目1番1 他51筆
用途:事務所、商業施設、ホテル、住宅(約144戸)、駐車場
階数:地上43階、地下3階(鬼S棟)
階数:地上45階、地下3階(挟N棟)
高さ:228.88m(鬼S棟)
高さ:227.28m(挟N棟)
構造:S造 一部 RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:40,104.29
建築面積:28,192.39
延床面積:551,437.56
事業主体:野村不動産、野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道
建築主:野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道
設計者:槇総合計画事務所、清水建設
施工者:清水建設(鬼工事)、未定(挟工事)
工期:2021年9月1日着工〜2025年3月竣工予定(鬼工事)、2025年度着工〜2031年3月31日竣工予定(挟工事)