東急歌舞伎町タワー

 歌舞伎町の新宿ミラノ座跡地で建設中の「東急歌舞伎町タワー」(地上48階、高さ225m、延床面積8万7411.89)です。2022年3月5日に六本木ヒルズの展望台から撮影しました。同ビルは地下にライブホール、低層部に店舗・映画館・劇場などのエンターテインメント施設が入り、中高層部は東急ホテルズが運営するホテルとなる複合施設です。

 右下の黒系の板状の超高層ビルは「新宿東宝ビル(ホテルグレイスリー新宿)」(地上30階、高さ130.25m)でそれなりの高さがありますが、高さ225mの超高層ビルが近くに建ってしまうとかなり低く感じてしまいます。



東急歌舞伎町タワー

 少し広角で撮影。六本木ヒルズから見ると国立競技場の奥に見えます。建築主は東急レクリエーションと東急、設計は久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体、施工者は清水・東急建設共同企業体で2023年1月11日竣工、2023年春の開業予定となっています。



新宿の超高層ビル群

 西新宿の超高層ビル群とは少々離れているのでそれなりに目立つ存在となっています。



東急歌舞伎町タワー

 2022年3月13日に現地で撮影した「東急歌舞伎町タワー」です。大きな通りには面していないので良い撮影場所のない超高層ビルとなっています。



東急歌舞伎町タワー

 高層部にズームです。ギザギザが特徴的なデザインとなっています。



東急歌舞伎町タワー

 ホテルフロアにセットバックする箇所もギザギザしています。



東急歌舞伎町タワー

 ビルの隙間から撮影。



東急歌舞伎町タワー

 最寄駅の西武新宿駅の北口前から撮影。



東急歌舞伎町タワー

 目の前から撮影。



東急歌舞伎町タワー

 「TOKYU KABUKICHO TOWER」の名称も見えるようになっていました。また、そのすぐ上はデッキスペースとなるようです。



東急歌舞伎町タワー

 北側の低層部です。



東急歌舞伎町タワー

 そこから見上げた様子です。



東急歌舞伎町タワー

 さらに見上げるとこのような景色になります。左は「アパホテル〈新宿 歌舞伎町タワー〉」(地上28階、高さ90.5m)、中央が「東急歌舞伎町タワー」(地上48階、高さ225m、)、右が「東京都健康プラザ ハイジア」(地上18階、高さ81.5m)です。



東急歌舞伎町タワー

 東側にあるシネシティ広場から撮影。大型の屋外ビジョンが設置されていました。また、その上もデッキスペースとなっているのがわかります。



東急歌舞伎町タワー 完成予想図
完成予想図[出典:TSTエンタテイメント]

 その屋外ビジョンとシネシティ広場が連携したイベント開催も計画されています。



東急歌舞伎町タワー 完成予想図
完成予想図[出典:TSTエンタテイメント]

 ビルとシネシティ広場の間には道路がありますが、その道路を封鎖して連携をするようです。この完成予想図は赤絨毯が敷かれているので映画祭か何かでしょうか?様々なイベントに対応可能となりそうです。

 ただ、シネシティ広場に面した場所には800人規模のライブハウス「新宿BLAZE」があるので、イベントが重なった日は人をさばけるのか?と勝手に心配しています。



東急歌舞伎町タワー

 シネシティ広場から見上げた「東急歌舞伎町タワー」です。普段はもうちょっと離れた場所から撮るのですが、この日のシネシティ広場は混雑していたので広場の真ん中あたりから撮っています。



東急歌舞伎町タワー

 細い路地しかない南東角から撮影。



東急歌舞伎町タワー

 南西角から撮影。近くからは良い撮影スポットのない超高層ビルです。



東急歌舞伎町タワー

 南西角側の低層部です。



東急歌舞伎町タワー

 旧「ヤマダ電機LABI新宿東口館」前から撮影。左の板状のビルは「新宿プリンスホテル」(地上25階、高さ94m)です。ちなみに「ヤマダ電機LABI新宿東口館」跡地はアルペンの旗艦店「Alpen TOKYO」として4月1日にオープンします。



東急歌舞伎町タワー

 西側から撮影。手前にはJRの高架などがありますが、この辺りがビル全体を一番キレイに見られる場所かもしれません。



東急歌舞伎町タワー

 ちょっと離れた北西側から撮影。このクラスの超高層ビルになると近くで見るよりも離れて見た方が大きさを感じやすいです。



東急歌舞伎町タワー 建築計画概要
建築計画概要[出典:東急レクリエーション]

 フロア構成は地下1階〜地下4階が約1500人収容可能なライブホール、1階〜5階が店舗等、6階〜8階が約900席の劇場、9階〜10階が8スクリーンの映画館、そして17〜47階が東急ホテルズが運営する2つのブランドのホテルとなります。高さ200mの地点にはレストランも設置されます。



東急歌舞伎町タワー ペントハウス客室
ペントハウス客室[出典:東急レクリエーション]

 39〜47階は97室のラグジュアリーホテルとなり、そのうち45〜47階はペントハウス(5室)となります。



東急歌舞伎町タワー ラグジュアリーホテル客室
ラグジュアリーホテル客室[出典:東急レクリエーション]

 ラグジュアリーホテルの完成予想図です。客室は地上170m以上に位置しているとのことなので、東側にある「新宿東宝ビル(ホテルグレイスリー新宿)」(地上30階、高さ130.25m)よりも高く開けた視界が広がります。西新宿の超高層ビル群とは適度な距離があるので良い感じに超高層ビル群が目の前に広がりそうです。



東急歌舞伎町タワー ライフスタイル客室
ライフスタイル客室[出典:東急レクリエーション]

 20〜38階は538室のライフスタイルホテルとなります。こちらでも30階以上くらいのフロアならば目の前に遮る建物のない開けた眺望が広がりそうです。



東急歌舞伎町タワー 位置図
位置図[出典:出典:新宿区]

 場所は「新宿ミラノ座」跡地で西武新宿線「西部新宿」駅の東隣です。他にも大江戸線「新宿西口」駅やJR、小田急、京王、東京メトロ、都営の各「新宿」駅も徒歩圏です。




東急歌舞伎町タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:東急歌舞伎町タワー
仮称:(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 新築工事
計画名称:新宿 TOKYU MILANO 再開発計画
所在地:東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番3
用途:ホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場等
階数:地上48階、塔屋1階、地下5階
高さ:225m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,603.74
建築面積:3,171.05
延床面積:87,411.89
建築主:東急レクリエーション、東急
設計者:久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体
外装デザイン:永山祐子建築設計
施工者:清水・東急建設共同企業体
工期:2019年8月1日着工〜2023年1月11日竣工予定
開業:2023年春予定