虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅に直結となる超高層ビル「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、最高高さ265.75m)です。2022年3月5日に撮影しました。

 事業主は虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発組合で参加組合員として森ビルが参画、建築主と設計者も森ビルで鹿島建設の施工によって2023年7月15日の竣工予定となっています。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 真正面となる東側から撮影。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 大きく飛び出た部分にズームです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 建築模型を手掛けるオランダの「Vincent de Rijk」による同部分の完成模型です。中にはホールのようになり屋上部分はオープンテラスとなるようです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 別の完成模型を見るとその飛び出た部分はエスカレーターで登った先のホールとなるようです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」のオーバル広場から撮影。完成時にはA-2街区を挟んで森タワーとステーションタワーは大規模なデッキで接続されます。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-2街区
 そのA-2街区(地上4階、高さ30.15m)の建設現場です。東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅と直結する商業施設の入るビルとなります。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」と「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」を結ぶデッキから撮影。目視では半分くらいの26階程度まで鉄骨が組まれて次の3フロアを建設中のように見えました。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 環状二号線と桜田通りが交差する虎ノ門二丁目交差点から撮影。こちらの北側の面は最上階に向けて細くなり、反対側の南側の面は最上階に向けて太くなるデザインとなっています。現在はちょうど北側と南側の面が同じくらいの太さになったところかと思います。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 裏側となる西側から撮影。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 手前のタワークレーンはA-3街区です。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 近くから見上げた様子です。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-3街区

 隣のA-3街区(地上12階、高さ59.00m)です。痛ましい事故があったためタワークレーンの設置途中で止まっていましたが工事が再開したようでした。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-3街区

 目の前にある急坂の江戸見坂を登ったところから見たA-3街区です。ステーションタワーとA-3街区はデッキで接続され、さらに隣の「虎の門病院」(地上19階、最高高さ99.55m)の敷地にもデッキで接続される計画となっています。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 江戸見坂を登ったところにある「港区立江戸見坂公園」から見た「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」です。低層部は見えませんが完成した姿を見るには良いスポットとなりそうです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 園内に咲いていた河津桜と撮影。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 坂を下りて南側から撮影。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 桜田通りまで移動して南東側からもう1枚。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 この外壁部分が斜めになっていますが、これは完成模型にあったエスカレーターの設置場所かと思います。



六本木ヒルズから見た超高層ビル群

 同じ3月5日に撮影した六本木ヒルズの展望台からの眺めです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 この「泉ガーデンタワー」(地上45階、高さ201m)の背後に見えるタワークレーンが「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」です。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 ビル本体が見えるまではもう少し期間が必要そうですが、この場所にビル本体が見えるよになります。



虎ノ門ヒルズ 構成図
虎ノ門ヒルズ 構成図[出典:レジデンシャルタワー公式HP]

 「虎ノ門ヒルズ」全体の完成予想図です。各ビルの階数と高さは以下のようになっています。

・虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(地上36階、最高高さ185.415m)
・虎ノ門ヒルズ 森タワー(地上52階、最高高さ255.5m)
・虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(地上54階、最高高さ221.55m)
・虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(地上49階、最高高さ265.75m)



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 配置図
配置図[出典:内閣府]

 各街区の配置図です。A-1街区が「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」で、A-2街区の右側が森タワーです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 概要図
概要図[出典:国土交通省]

 各街区の概要図です。建築物番号1がA-1街区でフロア構成は低層部に商業施設とオフィスフロアを挟んで中層部にホテル、中高層部にオフィスフロア、そして最上部がビジネス発信拠点となります。建築物番号2がA-2街区で商業施設、建築物番号3がA-3街区で店舗、住宅、事務所となります。



虎ノ門ヒルズ駅
虎ノ門ヒルズ駅 イメージパース[出典:東京地下鉄]

 現在の「虎ノ門ヒルズ」駅は暫定開業中で仮設の出入口となっていますが、最終的には「虎ノ門ヒルズ」と直結した駅となり、ホーム下にはコンコースも整備されます。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
完成予想図[出典:国土交通省]

 レジデンシャルタワー上空あたりから見た「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の完成予想図です。桜田通り上空には大規模なデッキが整備されます。



虎ノ門ヒルズ 完成予想図
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:レジデンシャルタワー公式HP]

 上空から見た「虎ノ門ヒルズ」全体の完成予想図です。ステーションタワーを上部から見ると栓抜きのような形となっており、低層部はこれを反転した形となっています。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 真横から「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」を見ると中央部が細く見えるデザインとなっています。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 見る角度によっては箱型にも見えたり…



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 斜めに傾いて見えたりする形状になっています。



東京タワー

 載せ忘れていたので最後に追記です。2022年2月26日に三田の札ノ辻交差点に架かる札ノ辻歩道橋から見た東京タワーです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 三田通りの先に東京タワーが見える有名スポットでしたが隣に「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」も見えるようになってきています。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A-1街区)■
名称:虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
事業名:虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区 施設建築物
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目11番1外
交通:東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅、東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅
用途:事務所、店舗、ホテル、集会場、駐車場等
階数:地上49階、塔屋1階、地下4階
高さ:264.00m(最高265.75m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎・杭基礎併用
敷地面積:9,907.59
建築面積:8,060.89
延床面積:238,441.51
事業者:虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:森ビル
建築主:森ビル
設計者:森ビル
施工者:鹿島建設
工期:2019年11月25日着工〜2023年7月15日竣工予定