中日ビル

 名古屋の栄駅直結となる「中日ビル」(地上33階、高さ158.877m)の建設地です。2022年2月22日に撮影しました。ホテル、オフィス、商業施設等で構成される複合施設となります。

 建設地は「中部日本ビルディング(愛称:中日ビル)」(地上12階、最高高さ約53m)の跡地で新ビルの名称も「中日ビル」になることが決定しています。



中日ビル

 2019年3月31日に旧「中日ビル」が閉館し2019年度〜2020年度に解体工事を行われ、2021年2月1日に着工しています。設計と施工は竹中工務店で2023年7月31日の竣工、2024年春の全体開業予定となっています。



中日ビル

 建設地の目の前にある久屋大通公園から撮影。



中日ビル

 撮影時にはオフィスフロアとなる中層部の鉄骨が組まれ始めていました。



中日ビル

 久屋大通公園から撮影した建設中の「中日ビル」と「名古屋テレビ塔(中部電力 MIRAI TOWER)」です。



中日ビル

 建設地の南側の路地から撮影。一部真っ黒なパネルが貼られていました。



中日ビル

 南東側から撮影。



中日ビル

 北側から撮影。6階部分にある階高の高い部分は多目的ホールになる箇所かと思います。



中日ビル

 「名古屋テレビ塔(中部電力 MIRAI TOWER)」の3階から見た「中日ビル」です。



中日ビル

 「名古屋テレビ塔(中部電力 MIRAI TOWER)」の展望台から見た「中日ビル」です。



中日ビル

 高層部にズームです。撮影時は9〜12階部分の鉄骨を組んでいるところのようでした。



中日ビル

 久屋大通公園を挟んだ向かい側(写真右側)にある「名古屋栄三越店」は高さ180mの超高層ビルへの建て替えが計画されており、その手前では「錦三丁目25番街区市有地等活用事業」(地上41階、高さ約215m)の計画もあります。名古屋の新たなランドマークとなる超高層ビル群がこの場所に出現することになります。



中日ビル 完成予想図
完成予想図[出典:中部日本ビルディング]

 「中日ビル」の完成予想図です。



中日ビル 完成予想図
完成予想図[出典:中部日本ビルディング]

 「中日ビル」は2段階にセットバックしており、低層部が商業施設、中層部がオフィスフロア、高層部がホテルフロアとなります。



中日ビル 屋上広場  完成予想図
屋上広場 完成予想図[出典:中部日本ビルディング]

 7階屋上広場の完成予想図です。久屋大通公園方面の眺望を楽しめる場所となります。



中日ビル フロア構成
フロア構成[出典:中部日本ビルディング]

 フロア構成は地下1階〜地上3階が商業施設、4、5階が集客施設、6階が約600席の多目的ホールと会議室、7階が屋上広場、9〜22階が貸床面積約32,000屬離フィスフロア、23階の機械室を挟んで24〜32階がロイヤルパークホテルズが運営する約250室のホテルとなります。最上階の33階は設備スペースとなります。

■物件概要■
名称:中日ビル
計画名:(仮称)中日ビル建替計画
所在地:愛知県名古屋市中区栄4丁目
交通:名古屋市営地下鉄東山線・名城線「栄」駅
用途:事務所、ホテル、商業施設、多目的ホール、駐車場、地域冷暖房施設(DHC)
総客室数:約250室
階数:地上33階、塔屋1階、地下5階
高さ:158.877m
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
敷地面積:6,862.35
建築面積:5,927.07
延床面積:117,300.12
建築主:中部日本ビルディング
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2021年2月1日着工〜2023年7月31日竣工予定
開業:2024年春予定