日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区

 日本橋の大規模再開発「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区」(地上52階、高さ284m)の建設地です。低層部に商業施設等、中層部にオフィス、高層部にホテル、最上部に住宅が入る複合ビルとなります。ホテルはヒルトンが運営する最上級ラグジュアリーブランドで「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」となります。

 事業者は日本橋一丁目中地区市街地再開発組合で参加組合員として三井不動産と野村不動産が参画。設計は日建設計、デザインアーキテクトはペリ クラーク、施工者は清水建設で2021年12月6日に着工しており2026年3月末の竣工予定です。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:三井不動産]

 この配置図で緑の点線で囲まれた部分が「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」の計画地で、日本橋川側に低層のA街区とB街区、敷地中央に超高層棟となるC街区が配置されます。

 C街区の隣にある「日本橋一丁目三井ビル(コレド日本橋)」(地上20階、最高高さ120.818m)とは地下と上空で接続されます。これにより「コレド日本橋」経由で東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅まで行けるよになります。そのまま地下通路を通って昭和通りの地下にある都営浅草線「日本橋」駅まで行けるようにもなりますが、同再開発では都営浅草線「日本橋」駅に新たな改札口が整備され駅まですぐに行けるようになります。

 1枚の写真は図の右上からC街区を見た様子で、ここから時計回りにC街区を載せていきます。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区

 昭和通りに架かる歩道橋から見た「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区」の建設地です。まだ地下部の構造物が残っていますが既に着工しています。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区

 この奥側が着工している箇所になりそうです。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区

 既存構造物はまだまだ残っているように見えました。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区

 昭和通り沿いからもう1枚。日本橋では複数の再開発が計画されておりまだまだ超高層化されていきます。その中でもこの「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区」が日本橋エリアで最も高い超高層ビルとなります。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区

 反対側の中央通り側から撮影。ここには敷地内で一番床面積が大きかった「日本橋西川ビル」がありました。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区

 中央通りからもう1枚。奥のビルが見えているあたりが昨日のブログに載せた「日本橋一丁目東地区第一種市街地再開発事業」の計画地で地上40階、高さ約240mの超高層オフィスビルと地上52階、高さ約225mのタワーマンションが計画されています。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 C街区

 C街区の隣に建つ「日本橋一丁目三井ビル(コレド日本橋)」(地上20階、最高高さ120.818m)です。同再開発によりC街区とは地下と上空で接続されます。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 B街区

 日本橋川側のB街区方面です。「野村證券本社 本館」の解体工事が進んでいます。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 B街区

 隣の「野村證券本社 別館」の解体工事はまだこれからといった感じです。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 B街区

 同再開発とは関係ありませんが「野村證券本社 別館」の隣にあった首都高の江戸橋入口です。首都高地下化に向けて2021年5月10日に廃止されておりゲートも撤去されていました。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 B街区

 裏側から見たB街区方面です。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 A街区

 この壁が見えているのがA街区の「日本橋野村ビル旧館」です。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 A街区

 「日本橋野村ビル旧館」は解体はせずに保存改修されることになっています。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:三井不動産]

 「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上52階、高さ284m)の完成予想図です。目の前は日本橋川で低層2棟のうち右がA街区、左がB街区、超高層棟がC街区です。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 外観イメージパース
外観イメージパース[出典:三井不動産]

 C街区は「日本橋一丁目三井ビル」(地上20階、最高高さ120.818m)の真後ろ部分にもビル本体があります。オフィスフロア低層部(10階〜20階)の基準階面積は約1900坪、高層部(22階〜38階)の
基準階面積は約1300坪の広さとなります。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 敷地配置図と用途断面図
敷地配置図と用途断面図[出典:三井不動産]

 A街区は1階〜2階が店舗、3階〜4階が業務施設、B街区は1階〜3階が店舗、4階〜7階が住宅(約50戸)となります。

 そしてC街区のフロア構成は地下1階〜4階が商業施設、5階〜7階がMICE、7階〜8階がビジネス支援施設、10階が低層スカイロビー、11階〜20階が低層オフィスフロア、22階が高層スカイロビー、23階〜38階が高層オフィスフロア、40階がホテルロビー、スパ、40階〜47階が総客室数197室のホテル「ウォルドーフ・アストリア東京日本橋」、50階が居住施設ロビー、48階〜51階が地上約250m地点に位置する約100戸の居住施設となります。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 日本橋川沿い低層部外観イメージ
日本橋川沿い低層部外観イメージ[出典:三井不動産]

 日本橋川沿いのA街区とB街区の完成予想図です。日本橋川上空にある首都高撤去後の完成予想図となっていますが、再開発完了時にはまだ首都高は残っているのでこの光景が見られません。ちなみに首都高の地下ルート開通が2035年予定、高架橋撤去完了が2040年予定です。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 中央通り側からの低層部外観イメージパース
中央通り側からの低層部外観イメージパース[出典:三井不動産]

 敷地の東側を通る中央通りにある日本橋から見た完成予想図です。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 MICEエリア屋外デッキイメージ
MICEエリア屋外デッキイメージ[出典:三井不動産]

 MICE施設として2つの大型ホール(最大収容人数:合計約3,000人)と、会議室、ビジネス交流機能が設けられ屋外デッキも整備されます。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 オフィスエリア屋外テラスイメージ
オフィスエリア屋外テラスイメージ[出典:三井不動産]

 高層スカイロビーがある22階に設置される屋外テラスの完成予想図です。完成予想図に描かれている人物の描写からしてこのビルでの就業者だけが行ける場所になりそうです。誰でも行ける場所ならば新たな展望スポットとなります。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:三井不動産]

 建設地は東京メトロ銀座線・東西線「日本橋」駅と都営浅草線「日本橋」駅に囲まれた場所で駅直結となります。図の左下にある東京駅からも徒歩圏に位置しています。



日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(C街区)■
事業名:日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業 新築工事(C街区)
ホテル名:ウォルドーフ・アストリア東京日本橋
所在地:東京都中央区日本橋1丁目32番
用途:オフィス、商業施設、ホテル、居住施設、MICE 施設、ビジネス支援施設、駐車場等
階数:地上52階、塔屋2階、地下5階
高さ:284m
構造:S造、一部RC造及びSRC造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:15,560
建築面積:12,600
延床面積:368,700
建築主:日本橋一丁目中地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産、野村不動産、野村ホールディングス
設計者:日建設計
施工者:日本橋一丁目中地区市街地再開発事業建設共同企業体(代表企業:清水建設)
工期:2021年12月6日着工〜2025年12月31日竣工予定