中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 中野駅前の住友不動産による大型再開発「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」です。中野駅のホームから2022年1月28日に撮影しました。手前の鉄骨が組まれているのが地上20階、高さ115.83mの業務棟で、背後では地上37階、高さ146.84mの住宅棟が建設中です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 建築主は中野二丁目地区市街地再開発組合で参加組合員として住友不動産が参画、設計者はアール・アイ・エー、施工者は西松建設で2024年2月29日の竣工予定です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 住宅棟側から撮影。住宅棟の低層部も鉄骨が組まれ始めています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 駅前ロータリー越しに撮影。業務棟の鉄骨が一部だけ見えるようになっていました。完成時には手前のビルは解体されているので業務棟は下から上まで見えるようになります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 中野駅北口東西連絡路から撮影。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 業務棟にズームです。業務棟の低層部は店舗フロアでその上がオフィスフロアとなりますが、この階高が高い部分が店舗フロアとオフィスフロアの境目となります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:住友不動産]

 「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図を見ると境目は柱むき出しの空間になっていることがわかります。建築物環境計画制度を見ると賃貸395戸、分譲2戸となっていますがこの2戸は地権者住宅系かと思います。住友不動産の賃貸タワマンということで「ラ・トゥール中野」になるかと思います。



(仮称)住友不動産 中野駅前プロジェクト
イメージパース[出典:住友不動産]

 下から見上げた完成予想図の方がわかりやすいですかね。今はちょうどこの柱が見える部分の鉄骨が組まれたところかと思います。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:住友不動産]

 業務棟の低層5フロアは1900坪超の店舗フロアでその上がオフィスフロアとなります。住宅棟も一部店舗が入るようです。



(仮称)住友不動産 中野駅前プロジェクト 基準階平面図
基準階平面図[出典:住友不動産]

 オフィスフロアの基準階平面図です。広さは531.27坪(1,756.22)で天井高3mの無柱空間となります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 整備イメージ図
整備イメージ図[出典:住友不動産]

 建設地は中野駅の前の前で南口駅前広場の東側に隣接した場所となります。業務棟は中野駅側の北側に配置され、住宅棟は南側に配置されます。建設地は傾斜地となっていますが、その傾斜地を活かして住宅棟東側の2階レベルの高さの場所には「丘の上の広場」が整備されます。また、敷地東側には幅員11.5〜13mの道路が新設されます。



渋谷スカイから見た中野方面

 2022年1月25日に渋谷スカイから見た中野方面です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 中野サンプラザの手前で建設中の建物が「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(住宅棟)■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:住宅、店舗
総戸数:397戸(賃貸395戸)
階数:地上37階、地下2階
高さ:146.84m
基礎工法:直接基礎
構造:RC造一部S造
敷地面積:4,404.85
建築面積:3,465.32
延床面積:50,262
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月26日着工〜2024年2月29日竣工予定

■物件概要(オフィス棟)■
仮称:(仮称)住友不動産 中野駅前プロジェクト
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上20階、地下2階
高さ:115.83m
基礎工法:直接基礎
構造:S造一部SRC造
敷地面積:5,676.67
建築面積:4,142.96
延床面積:49,712
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月31日着工〜2024年2月29日竣工予定