虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 虎ノ門の大規模再開発「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、最高高さ265.75m)です。2022年1月21日に現地で撮影してきました。

 事業主は虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発組合、建築主は森ビル、設計者は森ビル、施工者は鹿島建設で「虎ノ門ヒルズ」内では4棟目の超高層ビルとして2023年7月15日に竣工予定です。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 大きく飛び出た屋根のような部分にズームです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
完成予想図[出典:国土交通省]

 その飛び出た部分はこの完成予想図のように一部は屋上緑化されます。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 建築模型を手掛けるオランダの「Vincent de Rijk」が作成した「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の完成模型では一部がオープンテラスとなっています。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)横の道路から撮影。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」のオーバル広場から撮影。体育座りした人のオブジェで何かの工事が行われていました。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 オーバル広場の奥にあるエレベータホールから撮影。手前はステーションタワーと森タワーを大規模なペデストリアンデッキで結ぶはA-2街区です。A-2街区自体は東京メトロ日比谷線「虎ノ門ヒルズ」駅と直結となる商業施設となります。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 建設地の目の前を通る桜田通り沿いから見上げて撮影。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 低層部です。中央奥には吹き抜けの空間が設けられます。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」と「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」を結ぶデッキから撮影。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 飛び出た部分にズームです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 桜田通りと環状二号線が交差する虎ノ門二丁目交差点から撮影。実は奥行きが結構あるビルとなっています。また、手前はA-4街区で広場が整備されますが…



虎ノ門ヒルズ駅

 その場所には仮設の「虎ノ門ヒルズ」駅の改札が移転開業していました。北千住方面専用の改札で以前あった改札は閉鎖となっていました。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 裏側の「虎の門病院」前から撮影。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 「虎の門病院」前の広場から撮影。手前はA-3街区で地上12階、高さ59.00mのビルが建設されます。



虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-3街区

 ただ、昨年末にタワークレーン組立中に痛ましい事故があったためか、タワークレーンが組立中のまま工事がストップしているようでした。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 南西角側から撮影。ここには江戸見坂という急な坂道がありますが…



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 その江戸見坂を登ったところの「The Okura Tokyo」の隣にある「港区立江戸見坂公園」から見た様子です。目の前には既存ビルがありますが、地上49階、最高高さ265.75mの超高層ビルを見るには良い場所となりそうです。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー

 同じ高い場所として愛宕山から見た「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」です。こちらはまだ手前の木々の隙間から見るような状態です。



虎ノ門ヒルズ

 「虎ノ門ヒルズ」の他の超高層ビルと一緒に撮影。高さ200m超えの超高層が3棟並びます。



虎ノ門ヒルズ 構成図
虎ノ門ヒルズ 構成図[出典:レジデンシャルタワー公式HP]

 その「虎ノ門ヒルズ」全体の完成予想図です。各ビルの階数と高さは以下のようになっています。

・虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(地上36階、最高高さ185.415m)
・虎ノ門ヒルズ 森タワー(地上52階、最高高さ255.5m)
・虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(地上54階、最高高さ221.55m)
・虎ノ門ヒルズ ステーションタワー(地上49階、最高高さ265.75m)



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 配置図
配置図[出典:内閣府]

 各街区の配置図です。A-1街区が「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」で、A-2街区の右側が森タワーです。森タワーからA-3街区までデッキによって接続され、A-3街区からは隣の「虎の門病院」の敷地に繋がるデッキも整備されます。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 概要図
概要図[出典:国土交通省]

 各街区の概要図です。建築物番号1がA-1街区でフロア構成は低層部に商業施設、オフィスフロアを挟んで中層部にホテル、中高層部にオフィスフロア、そして最上部がビジネス発信拠点となります。建築物番号2がA-2街区で商業施設、建築物番号3がA-3街区で店舗、住宅、事務所となります。



虎ノ門ヒルズ駅
虎ノ門ヒルズ駅 イメージパース[出典:東京地下鉄]

 現在の「虎ノ門ヒルズ」駅は暫定開業中で仮設の駅の出入口となっていますが、最終的には「虎ノ門ヒルズ」と直結した駅となります。

 駅は桜田通りの地下にありますが、道路上空にはデッキが整備され、ホーム地下にはコンコースが整備され、上空と地下で「虎ノ門ヒルズ」内を行き来できるようになります。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 再び「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の完成模型です。見る角度によっては中央部が細く見えるデザインとなっています。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 栓抜きのような形となっている上部と、これを反転した形の下部を直線で結ぶと、高層階に行くにつれて徐々に太くなる面と細くなる面ができ、そのちょうど中間地点が一番細く見えます。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 これによって見る角度によっては箱型にも見えたり…



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成模型
完成模型[出典:Vincent de Rijk]

 斜めに傾いて見える場合もある面白いデザインとなります。



虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A-1街区)■
名称:虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
事業名:虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業 A-1街区 施設建築物
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目11番1外
用途:事務所、店舗、ホテル、集会場、駐車場等
階数:地上49階、塔屋1階、地下4階
高さ:264.00m(最高265.75m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎・杭基礎併用
敷地面積:9,907.59
建築面積:8,060.89
延床面積:238,441.51
事業者:虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発組合
建築主:森ビル
設計者:森ビル
施工者:鹿島建設
工期:2019年11月25日着工〜2023年7月15日竣工予定