(仮称)TCGビル新築計画

 田町と浜松町の間で建設中の「(仮称)TCGビル新築計画」(地上18階、高さ85.834m)です。2022年1月18日に目の前を通る第一浜から撮影しました。同ビルは眈哨灰鵐好肇薀ショングループの眈招設と青木あすなろ建設が本社・本店を置いていた「TCGビル」の建て替えとなります。



(仮称)TCGビル新築計画

 建設地は第一京浜と日本で2番目に短い国道である国道130号(旧海岸通り)が交差する芝4丁目交差点の角地で、第一京浜が大きくカーブする場所でもあります。



(仮称)TCGビル新築計画

 旧海岸通りを海側に行った場所から撮影。建設地の隣はJR山手線や新幹線、東京モノレールの高架があります。



(仮称)TCGビル新築計画

 東京モノレールの高架下あたりから撮影。モノレールが通るまで待ちたかったのですが、ずっとこの場で立ち止まっているのも怪しいので移動。



(仮称)TCGビル新築計画

 田町駅のペデストリアンデッキからはモノレールと一緒に撮ることができました。



(仮称)TCGビル新築計画

 もう少し広角で撮影。左は数日前のブログに載せた「田町タワー」(地上29階、高さ156m)です。



(仮称)TCGビル新築計画

 場所は変わって恵比寿ガーデンプレイスタワーから見た「(仮称)TCGビル新築計画」です。



(仮称)TCGビル新築計画

 白金高輪駅周辺のタワーマンション群の隙間から見えていますがかなり埋もれてしまっています。



(仮称)TCGビル新築計画

 こちらは2021年12月27日に六本木ヒルズから撮影した「(仮称)TCGビル新築計画」です。高層部だけ見えました。背後は「グローバルフロントタワー」(地上34階、最高高さ119.5m)です。



(仮称)TCGビル新築計画

 広角で撮影。そこまで高さのあるビルでもないので六本木ヒルズからは完全に埋もれそうです。



(仮称)TCGビル新築計画

 こちらは東京タワーのトップデッキから撮影。ここからだと低層フロアまで見えます。



(仮称)TCGビル新築計画

 東京タワーからレインボーブリッジ方面を見ると見つけることができます。



(仮称)TCGビル新築計画

 さらに広角で撮影。東京都心で高さ100m以下だとやっぱり埋もれてしまいそうですが、第一京浜を浜松町駅側から田町駅側に行くと正面に見えるのでかなりの存在感があります。



(仮称)TCGビル新築計画 完成予想図
完成予想図[出典:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ]

 「(仮称)TCGビル新築計画」の完成予想図です。「建設会社の本社ビルとしてふさわしい美しい建物」が設計コンセプトとなっています。



(仮称)TCGビル新築計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)TCGビル新築計画
所在地:東京都港区芝4丁目23番1、28番1
用途:事務所、自動車車庫、診療所(患者の終章施設のないもの)
階数:地上18階、地下1階
高さ:85.834m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,529.71
建築面積:891.18
延床面積:16,488.64
建築主:眈哨灰鵐好肇薀ショングループ
設計者:プランテック・眈招設・青木あすなろ建設設計共同企業体(代表:眈招設)
施工者:青木あすなろ建設・眈焼団蠏設工事共同企業体(代表:青木あすなろ建設)
工期:2020年9月1日着工〜2023年2月28日竣工予定