東商センタービル

 展示場の東商センターが入る「東商センタービル」(地上10階、1970年3月竣工)がタワーマンションに建替えられることが判明しました。

 計画名称は「(仮称)東商センタービルマンション建替え事業」で規模は地上34階、地下1階、高さ119.38m、最高高さ121.78m、敷地面積2,366.65屬紡个靴瞳築面積1,101.52屐延床面積27,428.42屬如2024年2月1日着工、2026年10月31日竣工予定となっています。建築主は管理組合法人東商センター、設計者はIAO竹田設計、施工者は未定です。

 これは2019年11月30日の空撮ですが、計画地は隅田川沿いの矢印を入れた場所となります。隅田川の対岸には両国国技館や江戸東京博物館などがあります。最寄駅となるJR総武線「浅草橋」駅からは徒歩5分、都営浅草線「浅草橋」駅からは徒歩3分の位置となっています。



東商センタービル

 空撮にも写っていた東京スカイツリーの天望回廊からの眺めです。矢印を入れた場所が「東商センタービル」です。隅田川側は東京スカイツリービュー、反対側は東京駅周辺の超高層ビル群ビューの立地となっています。



(仮称)東商センタービルマンション建替え事業 建築計画のお知らせ

 現地に設置された建築計画のお知らせです。約2年後の着工予定です。まだ解体工事のお知らせは見当たりませんでしたが、計画に遅れが出なければ2023年のどこかで解体が始まるかと思います。



東商センタービル

 隅田川越しに見た「東商センタービル」です。左は「ザ・パークハウス 浅草橋タワーレジデンス」(地上20階、高さ66.1m)でこの倍くらいのタワーマンションに建替えられることになります。

 「ザ・パークハウス 浅草橋タワーレジデンス」の角部屋からは隅田川の花火大会が見えると思いますが、「(仮称)東商センタービルマンション建替え事業」は地上34階、最高高さ121.78mの規模のため花火は見えなくなりそうです。



東商センタービル

 「東商センタービル」の右隣の白いビルは「第2東商センター1号館」ですが、ここも再開発に含まれるのかどうかは未確認です。



東商センタービル

 浅草橋駅側から撮影。2階と3階が展示場の「東商センター」で上部は住宅となっています。



東商センタービル

 どこのデベロッパーと組むのかなど判明したらまた続報をお伝えします。

■物件概要■
計画名称:(仮称)東商センタービルマンション建替え事業
所在地:東京都台東区柳橋二丁目4番2
用途:共同住宅、駐車場、店舗
階数:地上34階、地下1階
高さ:高さ119.38m(最高高さ121.78m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:2,366.65
建築面積:1,101.52
延床面積:27,428.42
建築主:八管理組合法人東商センター
設計者:IAO竹田設計
施工者:未定
工期:2024年2月1日着工〜2026年10月31日竣工予定