プレミストタワー白金高輪

 白金高輪駅のすぐ近くで建設中のタワーマンション「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)です。桜田通りと麻布通りに挟まれた場所で住所的には高輪一丁目となります。同マンションは大和ハウス工業による分譲タワーマンションで、総戸数280戸のうち非分譲住戸127戸、分譲対象住戸153戸で既に全戸完売しています。



プレミストタワー白金高輪

 白金高輪駅周辺はタワマン建設ラッシュですがその中のでもここが一番駅の改札に近いマンションとなります。



プレミストタワー白金高輪

 ここは階数表記が絵付きの独特な文字となっていました。



プレミストタワー白金高輪

 その階数表記を頼りに階数を数えると22階まで建設が進んでいました。



プレミストタワー白金高輪

 先ほどまでは麻布通り側からの撮影でしたがここからは桜田通り側からの撮影です。



プレミストタワー白金高輪

 東京のタワーマンションの中では細身のフォルムとなっています。



プレミストタワー白金高輪

 近くの歩道橋から撮影。



プレミストタワー白金高輪

 その歩道橋越しに撮影。ここで左側に行くと麻布通りとなります。



プレミストタワー白金高輪

 高台の寺院越しに撮影。白金高輪駅周辺の超高層がポコポコと見えます。右端は数時前に載せた「白金ザ・スカイ(SHIROKANE The SKY)」(地上45階、高さ156.10m)です。



プレミストタワー白金高輪

 「プレミストタワー白金高輪」(地上35階、高さ131.10m)にズームです。背後の「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)よりは低いですがこの場所からはもすうぐ見えなくなります。



プレミストタワー白金高輪 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プレミストタワー白金高輪
計画名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107番1(地番)
用途:共同住宅、物販店舗、食堂又は喫茶店、サービス店舗、その他
総戸数:280戸(非分譲住戸127戸含む)(別途店舗4戸、防災センター1戸、オーナーズキッチン1戸、オーナーズサロン1戸)
階数:地上35階、地下3階
高さ:131.10m
敷地面積:2,047.68
建築面積:1,138.78
延べ面積:29,792.95
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
売主:大和ハウス工業
設計者:西松建設 一級建築士事務所
施工者:西松建設
工期:2019年8月19日着工〜2022年11月上旬竣工予定
入居:2023年1月下旬予定