(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 ドン・キホーテ(パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)が建設中の複合ビル「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」(地上28階、最高高さ120m)です。渋谷スカイから2021年11月20日に撮影しました。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 場所は写真下の109の右側の文化村通りを少し進んだところにある「東急百貨店 渋谷・本店」の手前です。「旧ドン・キホーテ渋谷店」跡地も建設地の一部となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 さらに広角で撮影。写真下が渋谷駅前のスクランブル交差点です。改札からの時間はわかりませんが表記的には渋谷駅から徒歩5分の距離となります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:旧ドンキホーテホールディングス]

 「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の完成予想図です。文化村通りに面している部分は全て色が付いたCGとなっていますが、同再開発には含まれない既存ビルにも色が付いています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 1〜3階平面図
1〜3階平面図[出典:CBRE]

 この平面図を見た方が形がわかりやすいかと思います。飛び出た2か所が文化村通りに面した部分となっています。1階は店舗フロアとなりますが2階、3階の店舗部分はほんのわずかで事務所やロビーが大部分を占めます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 5階平面図
5階平面図[出典:CBRE]

 5階の基準階平面図です。基準階貸床面積は524.4坪(1,736.91)となっています。飛び出た部分は会議室や倉庫として使用する会社が多くなりそうな気がします。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 立面図
立面図[出典:CBRE]

 フロア構成は1階〜3階が店舗、2階〜10階が事務所、そして中高層部の11階〜28階がホテルフロアとなります。上記平面図の通り2,3階の店舗はフロアの極一部です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 渋谷駅側から見た文化村通り沿いの「(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画」の建設地です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 現地では鉄骨が組まれ始めています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建物イメージ
建物イメージ[出典:CBRE]

 同じ方向の完成予想図です。ここがエントランスゲートとなります。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
建物イメージ[出典:CBRE]

 最新の完成予想図ではバルコニーが無くなり完全なオフィスビルの外観に変わっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 文化村通り沿いの飛び出た部分の2ヵ所目の「旧ドン・キホーテ渋谷店」跡地です。ちなみに「MEGAドン・キホーテ 渋谷本店」があるのでこちらにドン・キホーテが入ることはないかと思います。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 今は単体のビルに見えますが背後で建設中のビル本体と接続されます。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 完成予想図
建物イメージ[出典:CBRE]

 同じような方向から見た完成予想図です。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 建設地の周辺はビルに囲まれており撮影スポットが全然ない場所となっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 大きな通りに面しているのは先ほどの文化村通り沿いだけとなっているので、今のところメインの撮影スポットは最初に載せた渋谷スカイとなっています。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画

 現地にはテナント募集の張り紙もありました。2023年春のグランドオープンです。



(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。数値がところどころ違いますが、これは現地で流されている紹介映像に記載されていた数値を採用しているためです。

■物件概要■
名称:(仮称)渋谷区道玄坂二丁目開発計画
所在地:東京都渋谷区道玄坂二丁目1番6号外(地名・地番)
用途:店舗、事務所、ホテル等(300室)
階数:地上28階、塔屋1階、地下1階(建築基準法上では地上27階、地下2階)
高さ:110m(最高120m)
構造:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:5,897.39
建築面積:3,778.57
延床面積:41,874.170
建築主:パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス
事業協力者:東京リバブル
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:熊谷組
工期:2019年1月11月中旬着工〜2023年3月中旬竣工予定