東京三田再開発プロジェクト

 住友不動産による三田の大規模再開発「東京三田再開発プロジェクト三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟-1)」(地上42階、高さ215m)です。2021年11月20日に渋谷スカイから撮影しました。

 右側の赤い超高層ビルが同じ住友不動産による「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)で、見比べると同じくらいの高さまで建設が進んでいることがわかります。



東京三田再開発プロジェクト

 少し広角で撮影。この辺りは羽田空港の高さ制限があることもあり、超高層ビル群のスカイラインが一直線になっていますが、同再開発は国家戦略特区として認定を受けており高さ制限が緩和されています。そのためここだけ少し飛び出たスカイラインとなります。



東京三田再開発プロジェクト

 11月23日に建設地からは少し離れた第一京浜の芝五丁目交差点から撮影。第一京浜の先に「東京三田再開発プロジェクト」が見えます。手前に田町駅と繋がる歩道橋が見えていますが…



東京三田再開発プロジェクト

 その歩道橋から見た「東京三田再開発プロジェクト」です。背後の「住友不動産三田ツインビル西館」とツインタワーのようにも見えますが、ツインビルのもう片方は東館として別の場所にあります。また、ビルの目の前に歩道橋が見えていますが…



東京三田再開発プロジェクト

 その歩道橋と「東京三田再開発プロジェクト」です。同ビルとこの歩道橋は接続されることになりますが、後から載せる完成予想図を見ると歩道橋は架け替えられるようです。



東京三田再開発プロジェクト

 その歩道橋から撮影。



東京三田再開発プロジェクト

 低層部です。隣の「住友不動産三田ツインビル西館」と比べると赤い部分がこちらの方が少ないです。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 この右の方では「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2」(地上7階、高さ28.5m)が建設中です。敷地内にある聖徳学園の移転先で1、2階が幼稚園、3階からが専門学校となります。現在の校舎がある場所は広場として整備されます。



東京三田再開発プロジェクト

 先ほどの歩道橋がある札の辻交差点を海側に行った場所にある歩道橋から撮影。この左側のビルがツインビルのもう片方である「住友不動産三田ツインビル東館」(地上17階、高さ85.5m)です。また、道路の先に見えている建物は「クウェート大使館」です。



東京三田再開発プロジェクト

 「東京三田再開発プロジェクト」にズームです。



クウェート大使館

 丹下健三作品の「クウェート大使館」にズームです。今はこうして見えていますがその手前では「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1」(地上9階、高さ31.5m)が建設中のためほぼ見えなくなるかと思います。



東京三田再開発プロジェクト

 第一京浜を品川方面に行った場所から撮影。撮影時で36階あたりまで建設が進んでいるようでした。最上階まで残りわずかです。



東京三田再開発プロジェクト

 「住友不動産三田ツインビル西館」の公開空地から撮影。



東京三田再開発プロジェクト

 そこから高台側へ行くエレベーターを登ったところから撮影。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 そこからは「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1」の建設現場を真横から見ることができます。



クウェート大使館

 そこからも「クウェート大使館」が見えますが、ここもまた地上部の建設が始まる前の今しか見られない光景です。ちなみに右側に見えている建設中の超高層ビルは一時的に高さ日本一の超高層ビルとなる「虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)」(地上64階、高さ325.20m)です。



東京三田再開発プロジェクト

 住宅棟-1の建設地越しに撮影。そこそこ高さのある高台のため、ここから見るのと坂の下から見るのとでは高さ感が全然違います。




東京三田再開発プロジェクト

 坂を少し下った場所から撮影。西館の高層部は超高級賃貸マンションの「ラ・トゥール三田」となっています。この場所で左を見ると…



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-2

 2005年の着工以来ずっと工事が続いていることから三田のガウディとしても有名な「蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)」があります。ここも同再開発に含まれていますが2024年までに完成させ曳家をするそうです。



東京三田再開発プロジェクト

 ビルの隙間から撮影。



東京三田再開発プロジェクト

 坂を下りた北東側から撮影。見る角度によって見た目が変わるビルとなっています。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 「東京三田再開発プロジェクト」の完成予想図です。札ノ辻交差点に架かる歩道橋が架け替えられ「札の辻橋」にも延伸され接続することがわかります。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 その歩道橋から見た完成予想図です。この完成予想図からしても歩道橋が架け替えられることがわかりますが、今はまだ何も工事は始まっていません。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 隣の「住友不動産三田ツインビル西館」とツインタワーに見える完成予想図となっていますがツインビルの東館が既に存在します。



東京三田再開発プロジェクト 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 上空から見た完成予想図です。



東京三田再開発プロジェクト 基準階平面図(7F)
基準階平面図(7F)[出典:住友不動産]

 7階の基準階平面図です。セットバックする前のフロアのため最大幅は90mもあり、1234.68坪(3979.02)という巨大な無柱空間となります。



東京三田再開発プロジェクト 基準階平面図(35F)
基準階平面図(35F)[出典:住友不動産]

 35階の基準階平面図です。7階よりは狭くなりますがそれでも889.33坪(2939.89)もあるオフィスフロアとなります。



東京三田再開発プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(複合棟-1)■
仮称:東京三田再開発プロジェクト
計画名称:(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事
所在地:東京都港区三田三丁目11番2他
用途:事務所、貸会議室等、店舗、駐車場
階数:地上42階、塔屋1階、地下4階
高さ:215m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,170
建築面積:8,140
延床面積:199,709
建築主:三田三・四丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2019年10月中旬着工〜2023年12月中旬竣工予定