南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業とは?

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:内閣府]

 南池袋で計画されているツインタワーマンション「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。事業者は南池袋二丁目C地区市街地再開発組合で住友不動産、野村不動産、都市再生機構が参加組合員として参画しています。

 左が最寄り駅の「東池袋」駅に近い側の北街区で地上52階、地下2階、高さ190m、延べ約11万1500屬竜模で計画されており、共同住宅・公共公益施設・店舗、事務所で構成されます。設計者はINA・清水・前田設計共同企業体で代表者はINA新建築研究所、施工者は清水・前田建設共同企業体で代表者は前田建設工業となっています。

 右が南街区で地上47階、地下2階、高さ182m、延べ約7万5200屬竜模で計画されており、共同住宅・子育て支援施設・高齢者支援施設・店舗・学校で構成されます。設計者はINA・清水・前田設計共同企業体で代表者は清水建設、施工者は清水・前田建設共同企業体で代表者は清水建設となっています。

 両街区は設計者と施工者の代表企業が異なり、そしてデザインも異なりますが共に2022年4月上旬着工、2025年12月下旬竣工予定となっています。

▼内閣府 国家戦略特区:第20回 東京都都市再生分科会 配布資料(2021年8月16日)
資料8 南池袋二丁目C地区再開発等促進区を定める地区計画 都市計画(素案)の概要



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:内閣府]

 配置図です。このように南北に細長い敷地で北街区と南街区に分かれています。北街区が東池袋駅やサンシャイン60など池袋の中心部に近い側です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 計画地周辺の高層建物ボリューム
計画地周辺の高層建物ボリューム[出典:内閣府]

 「池袋駅東地域」全体として調和した高さのスカイラインや景観形成を図る基本方針により、「サンシャイン60」(地上60階、高さ226.3m、最高高さ239.7m)を頂点としたときのスカイラインを意識して南街区が少し低くなっています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:内閣府]

 両棟とも共同住宅がメインで低層部には商業、生活支援施設が入ります。また、北街区には隣接する豊島区庁舎と連携した公共施設(保健所)も入ります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 北側から見たイメージ
北側から見たイメージ[出典:内閣府]

 北側から見た低層部の完成予想図です。右側の地下を通る道路は建設中の環状5の1号線です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 地下広場のイメージ
地下広場のイメージ[出典:内閣府]

 北街区には東京メトロ有楽町線「東池袋」駅に直結となる約450屬涼浪執場も整備されます。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 歩行者空間のイメージ
歩行者空間のイメージ[出典:内閣府]

 駅直結の地下通路は北街区までしか繋がりませんが、北街区から南街区は歩行者デッキで繋がります。ちなみに南街区は東京さくらトラム(都電荒川線)の「都電雑司ヶ谷」駅がすぐ近くにあります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 沿道のイメージ
沿道のイメージ[出典:内閣府]

 沿道のイメージです。緑の壁の上に歩行者デッキが描かれており屋根付きとなることがわかります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 敷地内通路と広場のイメージ
敷地内通路と広場のイメージ[出典:内閣府]

 両棟の間は住民以外も通れる敷地内通路も整備されます。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 南側から見たイメージ
南側から見たイメージ[出典:内閣府]

 南街区の低層部の完成予想図です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:内閣府]

 場所は池袋駅の東側で東池袋駅と都電雑司ヶ谷駅のすぐ近くです。「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」も含めて赤い文字で書かれている施設は全て東池袋駅と直結となっています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 2021年11月14日にサンシャイン60の展望室から見た「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」方面で中央の超高層空白地帯が建設地となります。左端の見切れているタワーマンションから順に以下のように並んでおり全てが東池袋駅直結となっています。

・アウルタワー(地上52階、最高高さ189.2m)
・プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ(地上36階、最高高さ131.31m)
・エアライズタワー(地上42階、最高高さ150.46m)
・ブリリアタワー池袋(地上49階、高さ189m)

 「ブリリアタワー池袋」の低層部は「豊島区役所」となっており、施設全体では「としまエコミューゼタウン」(地上49階、高さ189m)となります。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業

 「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業」の建設地にズームです。現地では既存ビルの解体工事が始まっていることがわかります。




南池袋二丁目C地区(北街区)の既存建物解体状況

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区)

 「サンシャイン60」から見た「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区)」(地上52階、高さ190m)の建設地です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区)

 豊島区役所10階の屋上庭園「豊島の森」から見た北街区の建設地です。敷地の北端は既に解体工事が終わっています。大きめの建物は解体用の足場が組まれていました。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区)

 手前側の北街区と南街区の境目は右端の建物がある場所かと思います。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区) 工事中建物配置図

 現地に設置されている北街区で解体中の建物の配置図です。解体工事始まっていない建物もポツポツとあります。解体工事は前田建設工業によって行われます。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区)

 地上に降りて北西側から撮影。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区)

 あちこちで同時に解体工事が行われています。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区)

 ただ、この辺りはまだ解体工事には着手していませんでした。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区)

 南東側から撮影。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区)

 2001年11月に竣工した12階建てマンション「パームス東池袋」も解体されます。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(北街区) 建築計画のお知らせ

 北街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要(北街区)■
事業名:南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(北街区)
所在地:東京都豊島区南池袋2丁目25番 他
用途:共同住宅・公共公益施設・店舗・事務所
総戸数:1495戸(北街区・南街区合計)
階数:地上52階、地下2階
高さ:190m
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:8,761.09
建築面積:5,256
延床面積:11万1500
建築主:南池袋二丁目C地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産、野村不動産、都市再生機構
設計者:INA・清水・前田設計共同企業体(代表者:INA新建築研究所)
施工者:清水・前田建設共同企業体(代表者:前田建設工業)
工期:2022年4月上旬着工〜2025年12月下旬竣工予定




南池袋二丁目C地区(南街区)の既存建物解体状況

南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区)

 「サンシャイン60」から見た「南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区)」(地上47階、高さ182m)の建設地です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区)

 豊島区役所10階の屋上庭園「豊島の森」から見た南街区の建設地です。敷地の北端は既に解体工事が終わっています。こちらは大きな駐車場もありましたが、解体工事が本格化するのはこれからといった感じでした。背後に見える緑地は「雑司ケ谷霊園」です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区) 解体・除去工事

 現地に設置されている南街区における解体工事の範囲です。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区) 道路閉鎖について

 解体工事に伴い道路がいくつか閉鎖となっています。



南池袋の発掘調査

 また、現地には南池袋の発掘調査のお知らせもありました。



南池袋の発掘調査

 こういった詳しい説明が貼られているのは初めて見ました。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区)

 南西側から撮影。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区)

 南側から撮影。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区)

 右側のゲートは同再開発に関係ない箇所だと思うのですが、周辺では環状第5の1号線の工事も行われており、そして都電荒川線も絡んで来るので最終的にはどうなるのイマイチよくわかっていません。ただ、大きく生まれ変わるのは間違いありません。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区)

 南西側から撮影。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区)

 西側は一気に解体工事が進みそうな雰囲気でした。



南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業(南街区) 建築計画のお知らせ

 北街区の建築計画のお知らせです。。

■物件概要(南街区)■
事業名:南池袋二丁目C地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(南街区)
所在地:東京都豊島区南池袋2丁目27番 他
用途:共同住宅・子育て支援施設・高齢者支援施設・店舗・学校
総戸数:1495戸(北街区・南街区合計)
階数:地上47階、地下2階
高さ:182m
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:6,305.98
建築面積:3,100
延床面積:7万5200
建築主:南池袋二丁目C地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産、野村不動産、都市再生機構
設計者:INA・清水・前田設計共同企業体(代表者:清水建設)
施工者:清水・前田建設共同企業体(代表者:清水建設)
工期:2022年4月上旬着工〜2025年12月下旬竣工予定