パークタワー勝どきの建設状況

パークタワー勝どき

 勝どきで建設中の大規模タワーマンション「パークタワー勝どき」です。11月1日に朝潮運河沿いから撮影しました。左が「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)で右が「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)です。

 売主は三井不動産レジデンシャルでサウスは施工者の鹿島建設、ミッドは清水建設も売り主に名を連ねています。両棟合わせて2786戸のうち1715戸が分譲されますが、残りの1071戸は事業協力者住戸となります。



パークタワー勝どき

 「ドゥ・トゥール」のスカイデッキから撮影。



パークタワー勝どき

 環状第二号線が通る「黎明大橋」から撮影。朝潮運河に新月島運河接続する運河のある角地が建設地となっています。



朝潮運河の護岸整備

 その運河沿いには護岸公園が整備される計画となっており、朝潮運河側では護岸整備も始まっています。



朝潮運河の護岸整備

 住民以外でも運河沿いを散策できるようになります。



黎明スカイレジテル

 B棟として地上29階、高さ約106mのタワーマンションへ建て替えが予定されている「黎明スカイレジテル」前でも護岸整備が行わています。この「黎明スカイレジテル」と「パークタワー勝どきミッド」の間には晴海側と繋がる人道橋が整備されます。



パークタワー勝どき

 晴海清掃工場のステップガーデンから見た「パークタワー勝どき」です。勝どき駅周辺のタワマン群が数ヵ月後には見えなくなっていそうです。



勝どき・晴海

 ただ晴海のタワマン群とのコラボで迫力あるタワーマンション群となりそうです。



パークタワー勝どき

 清澄通りが通る新島橋から撮影。ミッドもサウスもマンション本体がばっちり見えるようになっています。

 背後のタワーマンションは中央が「ベイシティ晴海 スカイリンクタワー」(地上49階、最高高さ168.95m)で右のツインタワーが「ドゥ・トゥール」(地上52階、高さ177.3m)です。




パークタワー勝どき 外観完成予想CG
外観完成予想CG[出典:公式HP]

 「パークタワー勝どき」の完成予想図です。右端に灰色で形だけ描かれているのが将来的にはノースと名乗ると思われるB棟です。



パークタワー勝どき 外観・人道橋完成予想CG
外観・人道橋完成予想CG[出典:公式HP]

 朝潮運河に架けられる人道橋の完成予想図です。「パークタワー勝どき」の住民の方々よりも晴海側の方々の方が使う機会が多くなりそうです。



パークタワー勝どき セントラルラグーン完成予想CG
セントラルラグーン完成予想CG[出典:公式HP]

 サウスとミッドの間に整備されるセントラルラグーンの完成予想図です。噴水もある池が設置され水の中に入って遊ぶこともできる場所となります。



パークタワー勝どき 全体敷地配置図
全体敷地配置図[出典:公式HP]

 配置図です。1の場所にはくつろいだり、仕事をしたりできるビッグテーブル、2の場所にはルーフ付きのビッグテーブル、3の場所には散策路に沿った番地とテーブルで構成されるプロムナードテーブルが設置されます。他にも芝生の広場やBBGガーデンなども敷地内に配置されます。

 図の右上のメトロパビリオンからは都営大江戸線「勝どき」駅へ直結する地下通路が整備されます。ミッドはメトロパビリオン直結のため駅直結タワマンとなります。サウスは外にある屋根付きの貫通通路を通るルートとなります。



パークタワー勝どき スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 サウスの53階には高層階の共用施設としてスカイデッキが設置されます。



パークタワー勝どき スカイデッキ完成予想CG
スカイデッキ完成予想CG[出典:公式HP]

 セットバックした部分が屋上スカイデッキとなり周囲には水が流れる水盤が設置されます。



パークタワー勝どき ルーフトップラウンジ完成予想CG
ルーフトップラウンジ完成予想CG[出典:公式HP]

 53階と54階には二層吹き抜けのルーフトップラウンジも配置されます。高層階ではありませんがミッドの8階にはフィットネスルームやパーティラウンジ、ゲストルームといった様々な共用施設が配置されます。




パークタワー勝どき サウスの建設状況

パークタワー勝どきサウス

 ここでは「パークタワー勝どきサウス」(地上58階、最高高さ194.53m)のみ載せていきます。



パークタワー勝どきサウス

 サウスはY字型となるトライスター型の超大規模タワーマンションで総戸数は1665戸(販売総戸数1115戸、事業協力者住戸550戸)です。売主は三井不動産レジデンシャルとサウスの設計と施工を担当している鹿島建設の2社となっています。



パークタワー勝どきサウス

 共用施設として1階にはフィットネスやパーティルームなど、2階にはゲストルーム5部屋やテラス席などが配置され、53階にはスカイデッキとルーフトップラウンジも設置されます。



パークタワー勝どきサウス

 陸側から撮影。



パークタワー勝どきサウス

 勝どき駅から一番近い側から撮影。最寄り駅からマンションまでの距離はミッドに駅直結の出入口ができるため徒歩2分表記となっています。ところで今までは駅の出入口から敷地までが所要時間として表記されていましたが、不動産経済オンラインの記事によると建物の出入口を起点に計測するようにし、かつ駅から最も近い住戸と最も遠い住戸からの所要時間も併記するように求めることになるそうです。そうなった場合にこの規模のタワマンだと住戸によってどれくらいの時間差が出るのか気になるところです。

 右後ろはツインタワーの「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)で、サウスはこれとほぼ同じ高さのタワーマンションとなります。



パークタワー勝どきサウス

 11月中旬からはサウスの第1期2次の販売開始予定となっています。



パークタワー勝どきサウス 建築計画のお知らせ

 サウスの建築計画のお知らせです。

■物件概要(サウス)■
名称:パークタワー勝どきサウス
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目1500番
用途:共同住宅、店舗
総戸数:1665戸(販売総戸数1115戸、事業協力者住戸550戸)
階数:地上58階、地下3階
高さ:188.80m(最高高さ194.53m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300.00
延床面積:180,827.74
売主:三井不動産レジデンシャル、鹿島建設
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
売主:三井不動産レジデンシャル、鹿島建設
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年3月1日着工〜2023年8月31日竣工予定
入居:2024年4月下旬予定




パークタワー勝どき ミッドの建設状況

パークタワー勝どきミッド

 ここでは「パークタワー勝どきミッド」(地上45階、最高高さ164.60m)のみ載せていきます。



パークタワー勝どきミッド

 ミッドはヘの字型となる超大規模タワーマンションで総戸数は1121戸(販売総戸数570戸、事業協力者住戸551戸)です。売主は三井不動産レジデンシャルとミッドの設計と施工を担当している清水建設の2社となっています。



パークタワー勝どきミッド

 低層部のデザインが異なるのは地下1階〜地上3階までが商業施設、4階〜7階がオフィスフロアとなっているためです。



パークタワー勝どきミッド

 住宅フロアは8階〜45階となっており、8階にはフィットネスルームやパーティラウンジ、ゲストルームなどなどの共用施設が集められています。



パークタワー勝どきミッド

 最寄り駅となる都営大江戸線「勝どき」駅から一番近い側から撮影。この角地に駅直結の地下通路の出入口が整備されるため駅まで徒歩1分表記となりますが改札まではさらに数分かかります。



パークタワー勝どきミッド

 B棟として再開発される「黎明スカイレジテル」前の道路から撮影。ここから見ると道路の先に巨大なタワマンの壁がある風景となります。



パークタワー勝どきミッド

 まだまだ高くなります。



パークタワー勝どきミッド

 朝潮運河から撮影。



パークタワー勝どきミッド

 見る角度によって形が変わって見えるタワーマンションです。



パークタワー勝どきミッド 建築計画のお知らせ

 ミッドの建築計画のお知らせです。来年の1月下旬から第3期の販売開始予定となっています。

■物件概要(ミッド)■
名称:パークタワー勝どきミッド
計画名:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:1121戸(販売総戸数570戸、事業協力者住戸551戸)
階数:地上45階、地下2階
高さ:158.85m(最高164.60m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745.85
延床面積:138,312.00
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
売主:三井不動産レジデンシャル、清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定
入居:2024年4月下旬予定