プラウドタワー川口クロス

 川口で建設中のタワーマンション「プラウドタワー川口クロス」(地上28階、高さ99.85m)です。2021年10月23日に撮影しました。野村不動産単独の分譲のタワーマンションで2023年2月下旬の竣工に向けて前田建設工業・埼和興産共同企業体によって建設が進められており、2021年11月中旬から販売開始予定となっています。



プラウドタワー川口クロス 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 「プラウドタワー川口クロス」の完成予想図です。低層部は商業施設等となりその上にタワーマンションが乗る形となります。マンション部分は結構大きく総戸数は481戸(非分譲住戸31戸含む)となっています。



プラウドタワー川口クロス 外観完成予想図
外観完成予想図[出典:公式HP]

 高層部の完成予想図です。



プラウドタワー川口クロス

 完成予想図からもわかるかと思いますが、低層部はかなり大きく1〜3階は商業・業務フロアとなり1階にはスーパーマーケットや路面店舗、2階は飲食店、中〜大型物販店舗と認可保育園、3階には事務所と医療モールが入る計画となっています。



プラウドタワー川口クロス フロア概念図
フロア概念図[出典:公式HP]

 1〜3階のフロア構成はこのようになり、1階のスーパーマーケット左側には通り抜けができる敷地内通路が整備されます。。



プラウドタワー川口クロス

 現地にはテナント募集の看板が出ていたので入居店舗はまだ決まっていないようでした。



プラウドタワー川口クロス

 建設地の南側には「イーストゲートタワー川口」(地上31階、最高高さ99.95m)と「リビオアクシスプレイス」(地上23階、最高高さ76.9m)の2棟のタワーマンションが並んでいます。



プラウドタワー川口クロス

 一番北側から撮影。現地に行って実際に歩くとわかりますがかなり広い敷地です。



プラウドタワー川口クロス

 ただ変形の敷地のため少々撮りにくさもあります。



プラウドタワー川口クロス

 JR川口駅のデッキからの眺めです。中央奥に見えるタワークレーンが「プラウドタワー川口クロス」です。左の建物は「そごう川口店」でしたが、2021年2月28日に閉店しています。



プラウドタワー川口クロス

 その「旧そごう川口店」横から撮影。数か月後にはこの隙間を埋めるタワマンに成長していそうです。



川口のタワーマンション群

 10月30日に東京スカイツリーの天望回廊から撮影した川口のタワーマンション群です。大きく蛇行している川は荒川です。



プラウドタワー川口クロス

 中央あたりにズームです。写真中央のタワークレーンが見えている場所が「プラウドタワー川口クロス」の建設地です。



プラウドタワー川口クロス 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー川口クロス
計画名:川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等新築工事
所在地:埼玉県川口市栄町三丁目601番地
用途:共同住宅、物品販売業を営む店舗、飲食店、事務所、診療所、保育所、自動車車庫
総戸数:481戸(非分譲住戸31戸含む、店舗、事務所等44室)
階数:地上28階、地下2階
高さ:99.85m
構造:鉄筋コンクリート (一部鉄骨造)
敷地面積:9,069.41
建築面積:5,441.51
延床面積:66,683.48
建築主:川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合
参加組合員: 野村不動産
設計者:INA新建築研究所
施工者:前田建設工業・埼和興産共同企業体(代表者:前田建設工業)
工期:2020年2月12日着工〜2023年2月下旬竣工予定
入居:2023年3月下旬予定