(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 西新宿の大規模再開発「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の建設地です。青梅街道に十二社通りが接続するT字路の成子坂下交差点から10月18日に撮影しました。住友不動産による再開発で角地では地上33階、高さ151.40mとなるA棟で、その背後が地上35階、最高高さ131.57mとなるB棟です。

 左端は十二社通り沿いに建つ「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)で、十二社通り沿いの超高層ビルでは最も高い建物となっています。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 時計回りに建設地を一周します。まずは十二社通りから見た「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟」(地上33階、高さ151.40m)の裏側です。下半分がオフィスフロア、上半分がSOHO住宅となります。建築物環境計画書制度では賃貸92戸となっています。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 十二社通りから見た「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟」(地上35階、最高高さ131.57m)でSOHO向けマンションも含むタワーマンションとなります。建築計画のお知らせでは総戸数404戸(ワンルーム36戸)となっていますが、建築物環境計画書制度では分譲291戸、賃貸118戸となっており総戸数は409戸となります。どちらが正しい戸数なのかは不明ですが400戸ちょっとにはなるようです。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 B棟は赤茶色の縦のラインが特徴的なタワーマンションとなります。低層部には商業施設も入ります。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 「ザ・パークハウス西新宿タワー60」の広場あたりから撮影。B棟に比べてA棟は横幅があることがわかります。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 建設地の西側は新宿区と中野区の境界線となる神田川が流れています。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟

 その神田川越しに見たB棟です。手前は淀橋変電所です。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 その変電所よりも北側の神田川沿いには親水公園が整備されます。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 A棟にズームです。新宿駅前からこの場所まで超高層オフィスビルが連なっていますが、ここまで来ると新宿駅よりも中野坂上駅の方が近いです。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 低層部ではガラスカーテンウォールの取り付けが始まっていました。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」と西新宿の超高層ビル群です。新宿の超高層ビル群は西側へ拡大してきましたが、ここから先では再開発の話しは聞いたことがありません。このまま中野坂上の超高層ビル群まで繋がると凄いことになるんですけどね。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業

 青梅街道から見た「(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」です。既存ビルが解体され地上部が始まる前での間は西新宿の超高層ビル群を眺められる場所でしたが随分と見えなくなってしまいました。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 A棟は14〜17階の基準階フロアで見ると横幅が約78m、奥行きが約36mといった板状の超高層ビルとなります。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟

 ビルの両端には御影石が貼れた門のような部分も出現していました。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 イメージパース
イメージパース[出典:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合]

 「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」の完成予想図です。右が地上33階、高さ151.40mのA棟、左が地上35階、最高高さ131.57mのB棟です。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 住友不動産のHPに「(仮称)住友不動産西新宿5丁目プロジェクト」として掲載されているA棟の完成予想図です。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 完成予想図を見てもオフィスフロアとSOHOフロアの境目はわかりません。全体的にはよくガラスカーテンウォールの超高層ビルですが、最上階の柱が特徴的なデザインとなっています。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 青梅街道沿いの低層部です。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 十二社通り沿いの低層部です。低層部は商業施設が入る予定となっています。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 完成予想図
完成予想図[出典:住友不動産]

 神田川側と思われる場所には広場も整備されます。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 基準階平面図
基準階平面図[出典:住友不動産]

 14〜17階の基準階平面図です。オフィスフロアは599.31坪(1,981.17屐砲量誼豢間となります。B棟とお見合いとなる箇所にはエレベーターなどの設備が配置され、壁際には窓はなくB棟に配慮した形となるようです。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 配置図
配置図[出典:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合]

 配置図です。神田川側にいは親水公園が整備され、B地区の周囲にはグルっと一周できる道路も整備されます。C地区には権利者向けの小規模ビルが配置されます。



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 A棟 建築計画のお知らせ

 A棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要 A棟■
計画名:(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業防災施設建築物 A棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目1番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、駐車場、駐輪場
総戸数:92戸(賃貸)
階数:地上33階、地下2階
高さ:151.40m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:7,980.01
建築面積:4,121.14
延床面積:90,012.09
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(A棟)
工期:2019年5月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定



(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟 建築計画のお知らせ

(仮称)西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟 建築計画のお知らせ

 B棟の建築計画のお知らせです。最初のが東京都の条例によるもので2枚目が新宿区の条例によるものです。

■物件概要 B棟■
計画名:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業 B棟
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目2番地
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:404戸(ワンルーム36戸)
階数:地上35階、地下2階
高さ:124.59m(最高高さ131.57m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
基礎工法:マットスラブ工法
敷地面積:4,267.00
建築面積:2,072.25
延床面積:44,555.42
建築主:西新宿五丁目北地区防災街区整備事業組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー、E.D.L共同企業体
施工者:大成・五洋建設共同企業体(B棟)
工期:2019年6月下旬着工〜2023年3月下旬竣工予定