(仮称)中野区東中野五丁目計画

 東中野の「west53rd日本閣」跡地に三井不動産レジデンシャルによるタワーマンション「(仮称)中野区東中野五丁目計画」が建設されることになりました。規模は地上25階、地下1階、高さ80.73m、最高高さ87.43m、敷地面積2,047.36屬紡个靴瞳築面積1,351.71屐延床面積15,490.09屬箸覆蠅泙后2022年2月1日着工、2024年4月30日竣工予定です。

 東中野には「ユニゾンタワー」(地上31階、最高高さ112.85m)と「パークタワー東中野」(地上30階、最高高さ103.7m)といった2棟のタワーマンションが並んでいますが、その隣の矢印を入れた場所が建設地で3棟のタワマンが建ち並ぶことになります。ちなみにこの空撮は2010年5月に飛行船から撮った写真でちょっと古いです。



(仮称)中野区東中野五丁目計画

 こちらは2021年10月18日に現地から撮影した「(仮称)中野区東中野五丁目計画」の建設地です。日本閣の解体工事中ですが地上部の解体は既に終わっているようでした。解体工事の施工者は東急建設で2020年11月1日〜2022年1月31日までの工期で行われます。新築工事の施工者は未定ですが設計者かつ解体工事を行っている東急建設になるものと思われます。



(仮称)中野区東中野五丁目計画

 ユニゾンタワーと日本閣を繋いでいたペデストリアンデッキです。今のところ解体される様子はないので竣工後は再び利用されるのかもしれません。ユニゾンタワーの2階は店舗スペースのユニゾンモールとなっています。



(仮称)中野区東中野五丁目計画

 地上に降りて撮影。この辺りは傾斜地となっています。



(仮称)中野区東中野五丁目計画

 坂の上から撮影。背後は「ユニゾンタワー」(地上31階、最高高さ112.85m)です。ここはツインタワーで申請すると日照権の問題が出てくるので、名義上は別の建物にして日照権をクリアしたと何かで見た記憶があります。そこにもう1棟のタワーマンションなのでまた一揉めあるかもしれないですね。



(仮称)中野区東中野五丁目計画

 最後は東中野駅側から見た建設地です。JR総武線「東中野」駅の東口のすぐ近くです。東中野には都営大江戸線「東中野」駅もありますが、そちらはJR東中野駅の西口側の地下のためそこそこ距離があります。



仮称)中野区東中野5計画 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。築年数は15年とのことでした。



(仮称)中野区東中野五丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)中野区東中野五丁目計画
所在地:東京都中野区東中野五丁目55番7、56番1、57番4
用途:共同住宅
階数:地上25階、地下1階
高さ:80.73m(最高87.43m)
敷地面積:2,047.36
建築面積:1,351.71
延床面積:15,490.09
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎工法
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計:東急建設 一級建築士事務所
施工:未定
工期:2022年2月1日着工〜2024年4月30日竣工予定