東京ミッドタウン八重洲

 東京駅前の八重洲で建設中の超高層ビル「東京ミッドタウン八重洲」(地上45階、高さ240m)です。10月18日に江戸川区から撮影しました。ガラスカーテンウォールの取り付けも進み鉄骨が見えている場所は残りわずかとなっています。

 ビルの大部分はオフィスフロアとなりますが低層部は商業施設、最上部の39階〜45階は日本初進出の「ブルガリ ホテル 東京」となります。また、南東角地には「中央区立城東小学校」も併設されます。



東京ミッドタウン八重洲

 同じ日に東京駅前から撮影した「東京ミッドタウン八重洲」です。左で建設中のビルは「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」(地上14階、高さ69.88m)です。



東京ミッドタウン八重洲

 反時計回りにグルっと一周します。これは外堀通りの銀座側から見た様子です。



東京ミッドタウン八重洲

 路地を入った場所から撮影。低層部の鉄骨むき出しの場所が「中央区立城東小学校」となります。



東京ミッドタウン八重洲 基準階平面図
基準階平面図[出典:三井不動産]

 オフィスフロアは約93m×約60mで1フロア約4,100屐別1,240坪)といった大空間となります。



東京ミッドタウン八重洲

 こちらは東京駅とは反対側となるので裏側になるかと思いますが、エレベーター等は基準階平面図の通りビルの中央にあるためデザインは同じです。



東京ミッドタウン八重洲

 八重洲通り側から撮影。八重洲通り沿いでは3ヵ所の工事現場がありますが、左は柿本商会の「八重洲Kビル」で「(仮称)東京Yビルプロジェクト」(地上12階、高さ55m)として建て替えに向けて解体工事中です。中央は「東京ミッドタウン八重洲」のA-2街区、右端は「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」でそれぞれ建設中です。



東京ミッドタウン八重洲 A-2街区

 A-2街区の「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」に面した部分ではガラスカーテンウォールの取り付けが進んでいました。A-2街区は地上7階、高さ41m、延床面積5,853.53屬両規模なビルで事務所、店舗等で構成されます。



東京ミッドタウン八重洲 A-2街区 建築計画のお知らせ

 A-2街区の建築計画のお知らせです。



(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

 八重洲通りと外堀通りが接続する東京駅前の超一等地で建設中の「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」(地上14階、高さ69.88m)です。



(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事 イメージパース
イメージパース[出典:ヤンマー]

 同じ方向から見た完成予想図です。地下1階〜地上2階が商業エリア、3〜14階がヤンマーグループ、オフィステナントエリアとなります。



(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

 「八重洲グランルーフ」から撮影。



(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

 こちらも目立たない部分でガラスカーテンウォールの取り付けが始まっていました。



(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事 建築計画のお知らせ

 「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建築計画のお知らせです。



東京ミッドタウン八重洲

 「東京ミッドタウン八重洲」に戻って外堀通り沿いの低層部です。地下1階〜3階が商業施設、4階〜5階にはビジネス交流施設・会議室、そして5階部分には屋上テラスが設置されます。また、地下2階には周辺地区と連携した「(仮称)八重洲バスターミナル」(運営者:京王電鉄バス)が整備され昨日のブログに載せた「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約226m)に整備されるバスターミナルと繋がります。



中央区立城東小学校

 路地を入ったところで建設中の「中央区立城東小学校」です。建物としては「東京ミッドタウン八重洲」にくっついていますが、小学校からはビルには行けない作りとなるようです。



中央区立城東小学校

 「中央区立城東小学校」部分は4階建てで1階に会議室等、2階に体育館、3階、4階に普通教室と25m温水プール、給食の調理室、そして最上階の4階には吹き抜けの屋上運動場、職員室、図書室、音楽室が配置されるとのことです。



東京ミッドタウン八重洲 施設一覧
施設一覧[出典:三井不動産]

 フロア構成を見ると24階にはテナント専用無料ラウンジも設置されるので、低層フロアで働く人も景色を楽しむことができます。また、左下の広場のようになっている場所が「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」(地上14階、高さ69.88m)の建設地です。B街区扱いでしたが図に建物が描かれていないことから「東京ミッドタウン八重洲」を構成する建物にはならなさそうです。



東京ミッドタウン八重洲 5階屋外テラステラス イメージパース
5階屋外テラス イメージパース[出典:三井不動産]

 5階に設置される屋上テラスです。東京駅、丸の内方面を眺めることができるようになります。



東京ミッドタウン八重洲 周辺図
周辺図[出典:三井不動産]

 場所は東京駅の目の前の超一等地です。建設地の北側では「八重洲一丁目東地区」(地上51階、高さ249.72m)が建設中で、南側では「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約226m)が建設されるため、東京駅から見ると全方向に超高層ビルが建ち並ぶ光景となります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 A-1街区 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。「東京ミッドタウン八重洲」としてブログは書いていますがA-1街区とA-2街区があるためビル単体での名称は「東京ミッドタウン八重洲 〇〇タワー」といった感じになるかもしれません。

■物件概要(A-1街区)■
街区名称:東京ミッドタウン八重洲
計画名称:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業新築工事(A-1街区)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目2番の一部および3番
用途:事務所、店舗、ホテル(ブルガリ ホテル 東京)、小学校、バスターミナル、駐車場等
総客室数:98室
階数:地上45階、塔屋2階、地下4階
高さ:240m(最高240m)
構造:S造一部SRC、RC造
基礎工法:パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)
敷地面積:12,390.43
建築面積:10,875.16
延床面積:283,896.06
建築主:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2018年12月1日着工〜2022年8月下旬竣工予定