ブランズタワー豊洲

 もうすぐ竣工となるタワーマンション「ブランズタワー豊洲」(地上48階、最高高さ180.50m)です。これは9月12日の撮影ですが現在は外構の整備が始まっており、2021年10月下旬の竣工に向けて着々と工事が進んでいます。ブランズの冠が付いたタワーマンションですが東急不動産の他にNIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズが売主となっています。

 総戸数1152戸という巨大な分譲のタワーマンションで公式HPを見ると2021年10月上旬最終期販売開始予定となっており、販売戸数は5戸、間取りは2LDK〜3LDK、専有面積は78.19屐111.60屐販売価格は1億3980万円〜2億1270万円となっています。



ブランズタワー豊洲

 低層部にズームです。マンション周辺に木々が植えられているのがわかります。住宅フロアは5階からで一つ下の4階部分にはパーティルーム、ゲストルーム、キッズルーム、フィットネスルームなど様々な共用施設が集約されています。高層階の共用施設としては東京都心を望める33階角にスカイビューラウンジが配置されます。



ブランズタワー豊洲

 敷地内の生活利便施設棟です。ここにはスーパーマーケットのダイエーが2022年春にオープンします。店名はダイエーではなくイオンフードスタイルになるかと思います。



ブランズタワー豊洲

 近くから見上げて撮影。



ブランズタワー豊洲

 高層部がウネウネしたバルコニーが目立ちます。



ブランズタワー豊洲

 ウネウネしている外観は格好いいですが、覗き込む人はいないと思いますが上階からだとバルコニーが覗けてしまいそうです。



ブランズタワー豊洲

 東電堀と和大学江東豊洲病院の間にある遊歩道から撮影。足元は豊洲西小学校です。この遊歩道は豊洲ぐるり公園にも繋がっており、散歩するには困ることのない場所かと思います。公式HPで『人が、わざわざ憩いに訪れる場所で、私は毎日癒される。』と煽っていますが、ららぽーとに行くには道路を挟むので人もそれほど多くなく実際住むには良い場所だと思います。個人的には豊洲・晴海・勝どき・月島のタワマンの中ではここが一番好きな立地です。ただ、共用施設はSKYZやBAYZの方が屋上にも行けるので好きです。



ブランズタワー豊洲

 豊洲西小学校前から撮影。



ブランズタワー豊洲

 こちらも外構整備真っ最中でした。外構整備は完成までもう少しの段階です。



ブランズタワー豊洲

 これだけの規模になると住民でも自分の家がどこかわからないことが多いと思いますが「ブランズタワー豊洲」は模様があるので、黒い部分から〇戸先の…とかでわかりそうですね。



ブランズタワー豊洲

 「豊洲ベイサイドクロス」と「豊洲公園」を結ぶ橋「豊洲パークブリッジ」から撮影。手前はゆりかもめの高架ですが、住宅フロアはその高架よりも高い位置となっています。



ブランズタワー豊洲

 「アーバンドッグららぽーと豊洲」の隣の「豊洲公園」から撮影。こういった道の先にそびえ立つ光景が好きです。



ブランズタワー豊洲

 ズームです。こちらはららぽーともあるのでいつも大勢の人で賑わっていますが「ブランズタワー豊洲」側にはにぎわいを呼ぶ施設はないのでこちらよりは静かです。



ブランズタワー豊洲

 がすてなーに前から撮影。こちらの角の33階に共用施設としてスカイビューラウンジが設置されます。東京都心からレインボーブリッジまで望める場所となりそうです。



豊洲

 晴海側から見た豊洲です。豊洲の他の超高層とはそこそこ距離が離れているので中層階以上ならば開けた視界が広がりそうです。



ブランズタワー豊洲

 ズームです。住宅フロアの一番下の階は5階となりますが、低層部は階高が高いので普通のマンションの5階以上の高さがあるので5階でも眺めは良さそうです。



豊洲

 最後は本日、自宅から撮影した豊洲方面です。



ブランズタワー豊洲

 「ブランズタワー豊洲」にズームです。現地で見るよりここから見た方が大きく感じます。



ブランズタワー豊洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ブランズタワー豊洲
計画名称:豊洲地区1-1街区開発計画
所在地:東京都江東区豊洲5丁目1番の一部
用途:集合住宅、物販店舗、保育所
総戸数:1152戸(その他、店舗等あり。事業協力者住戸1戸含む)
階数:地上48階、地下1階
高さ:174.80m(最高高さ180.50m)
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、中間免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:18,152.97
建築面積:7,252.05
延床面積:136,187.58
建築主:東急不動産、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズ
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2018年9月着工〜2021年10月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬予定