豊海地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
完成予想図[東京都環境局]

 勝どきの西側の豊海地区の再開発「豊海地区第一種市街地再開発事業」の事後調査計画書が東京都より公開されました。同再開発は地上56階、高さ約189m、延床面積約221,000屐∩躙与2150戸という巨大なツインタワーマンションとなります。既存建物の解体を含む工期は2021年度〜2026年度までの予定となっています。

 事業者は豊海地区市街地再開発組合で参加組合員として三井不動産レジデンシャル、東急不動産、東京建物、野村不動産、三菱地所レジデンス、清水建設の6社が参画、特定業務代行者は清水建設となっています。

▼東京都環境局:環境アセスメント(2021年9月14日)
「豊海地区第一種市街地再開発事業」事後調査計画書
※閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。



豊海地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[東京都環境局]

 最寄り駅となる都営大江戸線「勝どき」駅から南西側に行くとある巨大なツインタワーマンション「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、最高高さ193.5m)を超えた場所が建設地となっています。また、建設地は清澄通りに面しており、その道路を挟んだ目の前には月島ふ頭があり、さらに奥の東京湾側は倉庫が建ち並んでいます。



豊海地区第一種市街地再開発事業 現況図
現況図[東京都環境局]

 現在の豊海地区には東卸豊海住宅や豊海区民館、警視庁勝どき庁舎等といった公共施設も立地しています。また、計画地の南側には豊海小学校・豊海幼稚園もあるため、月島ふ頭側と合わせてこの2方向は永久眺望と言っても問題ない場所です。



豊海地区第一種市街地再開発事業 配置計画図
配置計画図[東京都環境局]

 ただ、このような配置となるため永久眺望側が真正面になる部屋は角部屋のみとなりそうです。また、両棟は斜めに配置しているため部屋の中から真正面を見ても隣の棟はほとんど見えないと思いますが、覗き込めば隣の棟の部屋が見えてしまうくら両棟の距離は近いです。



豊海地区第一種市街地再開発事業 緑化計画図
緑化計画図[東京都環境局]

 このように敷地のかなりの面積が緑化される計画にもなっています。



豊海地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[東京都環境局]

 断面図です。左の西棟は地上56階、地下1階、高さ約189m、延床面積約11万屐1075戸、右の東棟は地上56階、地下1階、高さ約189m、延床面積約11万1000屐1075戸とほぼ全く同じ規模のツインタワーとなります。違いは店舗等の面積で西棟が約1000屬紡个靴禿貪錣約2000屬箸覆辰討い泙后



豊海地区第一種市街地再開発事業 全体工事工程表
全体工事工程表[東京都環境局]

 全体工事工程表を見るともうすぐ既存建築物の解体工事が始まり、計画地内の防潮堤工事を挟んで2023年度に着工、2026年度に竣工、2027年度に供用開始予定となっています。



豊海地区第一種市街地再開発事業の空撮

 2019年12月14日にヘリから撮影した「豊海地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。赤い網掛けをした場所が計画地で、その右側の巨大なツインタワーマンションが「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、最高高さ193.5m)、その左側が「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ178.78m)です。これらタワーマンションと同じくらいの高さのツインタワーが建設されることになります。



豊海地区第一種市街地再開発事業の空撮

 こちらは2019年11月30日に撮影。計画地に矢印を入れました。手前は「晴海フラッグ」で今後、地上50階、最高高さ179.60mの超高層棟も建設されますが、他はこれ以上高くなることはないのでこの方面の眺望が将来変わることはありません。



豊海地区第一種市街地再開発事業

 2021年2月6日に撮影した「豊海地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



豊海地区第一種市街地再開発事業

 以前の情報だと既存ビルの解体工事着工は2021年9月予定でだったのでもう既に解体工事が始まっているのかもしれません。



豊海地区第一種市街地再開発事業

 以前の情報だと地権者は土地所有者が7人、マンション区分所有者が531人とのことでした。ここも地権者住宅が多くなりそうです。



豊海地区第一種市街地再開発事業

 都心側の目の前には月島ふ頭があり、その先は旧浜離宮恩賜庭園となっているのでこの方角は低層階でも眺望が良さそうです。



豊海地区第一種市街地再開発事業

 「カレッタ汐留」から見た豊海地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。将来的には豊海のツインタワーと晴海フラッグのツインタワーが並んで見えることになりそうです。

■物件概要(西棟・東棟)■
事業名称:豊海地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区豊海町2丁目、勝どき6丁目
用途:住宅、店舗
総戸数:2150戸
階数:地上56階、地下1階
高さ:約189m
構造:RC造(一部PC造)
敷地面積:約15,870
建築面積:約8,800
延床面積:約221,000
建築主:豊海地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、清水建設、東急不動産、東京建物、野村不動産、三菱地所レジデンス
特定業務代行:清水建設
基本設計:安井建築設計事務所
工期:2023年1月着工〜2026年度竣工予定
供用開始:2027年度予定