東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 八重洲でもうすぐ着工する「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、高さ250m)の既存ビルの解体状況です。解体工期は9月末、そして2021年10月1日着工、2025年4月30日竣工予定となっています。建築主は東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合で参加組合員として東京建物と都市再生機構が参画、設計者は大林組、施工者は大林組・大成建設共同企業体です。

 これは東京駅前の外堀通り沿いで大黒屋と消費者金融ビルがまだ残っていますが、これは再開発には参加していないためこのまま残ります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 こちら側の完成予想図を見たことがないのでどのようになるのかは不明ですが、この2棟が目立たなくなるデザインだと嬉しいです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 消費者金融ビルの隣の道路から撮影。こちらのちょっと中に入った場所に高さ250mの超高層ビルが建設されます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 その路地側から撮影。この角地には「八重洲センタービル」(地上14階、最高高さ62.50m)がありましたが姿を消しています。また、左端に見えているのが「東京ミッドタウン八重洲」(地上45階、高さ240m)でこれよりも少し高い超高層ビルとなります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 東京駅前の超高層ビル群がもうちょっと見えるようになるかと思っていたのですが、仮囲いの上にネットがあってそれほど見えるようになりませんでした。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 あとは東京駅前の既存ビルが結構残っているのも大きいですね。区画全体での再開発が見たかったです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 「東京建物ビル」の跡地です。ここはA地区とB地区にまたがっておりA地区側はまだ既存ビルが残っています。工事が始まるまでの間、残りの土地はどうするのかと思っていたら…



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 食事ができる場所として暫定利用されるようでした。八重洲通りを挟んだ隣の「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」(地上14階、高さ69.88m)も建設が始まるまでの間は暫定利用されていましたね。再開発現場では結構見かける光景です。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
外観イメージ[出典:東京建物]

 「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、高さ250m)の完成予想図です。左の道路は八重洲通りでその突き当りが東京駅です。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
八重洲仲通り・さくら通り沿いの低層部イメージ[出典:東京建物]

 低層部の完成予想図です。この辺りは細い路地と狭い歩道しかない場所ですが、再開発後は歩道が大幅に拡幅されます。道路は幅はそのままのように見えます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 A地区も含む配置図です。A地区の半分くらいは「東京建物ビル」があった場所となります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
概要図[出典:国土交通省]

 フロア構成は地下にバスターミナル、低層部に劇場、医療施設、屋内広場、店舗等、中高層部はオフィスフロアとなります。バスターミナルは八重洲で建設・計画中の3つの再開発地区と連携した「(仮称)八重洲バスターミナル」(運営者:京王電鉄バス)となり、東京駅周辺に分散している高速バス停留所を集約した合計20パースの大規模バスターミナルとなります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。一部数値は国土交通省から発表された数値を掲載しています。

■物件概要■
計画名:東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業施設建築物等新築工事
所在地:東京都中央区八重洲一丁目201番地の一部、203番地の一部、205番地の一部、207番地の一部、
用途:事務所、店舗
階数:地上51階、塔屋1階、地下4階
高さ:250m(最高高さ250m)
構造:鉄骨・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:10,604.25
建築面積:8,388.50
延床面積:225,063.24
建築主:東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、都市再生機構
設計者:大林組
施工者:大林組・大成建設共同企業体(代表者:大林組)
工期:2021年10月1日着工〜2025年3月31日竣工予定