東京ミッドタウン八重洲

 東京駅前で建設中の「東京ミッドタウン八重洲」(地上45階、高さ240m)です。9月7日に江戸川区の某タワーマンションから撮影しました。塔屋も含めて既に上棟しているようも見えます。

 最上部の39階〜45階は日本初進出の「ブルガリ ホテル 東京」となります。フロア全体でガラスカーテンウォールの取り付けが行われていない場所が客室部分かと思います。



東京駅周辺の超高層ビル群

 東京駅周辺の超高層ビル群と一緒に撮影。こうして見ると現時点の東京駅周辺では最も高い超高層ビルということがよくわかります。将来的にはこの景色に高さ390mの「Torch Tower(トーチタワー)」や高さ284mの「日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業」などが加わります。他にも高さ200m超えの計画があるのでこの景色はどんどん変わっていきます。



東京ミッドタウン八重洲

 2021年8月28日に現地で撮影した「東京ミッドタウン八重洲」です。



(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

 足元の角地で建設中のビルは「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」(地上14階、高さ69.88m)です。「東京ミッドタウン八重洲」の事業名は「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」で高さ240mの超高層ビルの建設地がA-1街区です。この「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」は同事業のB街区で、2022年8月に同時にグランドオープン予定となっています。

 また、その左側で建設中の部分がヤンマーのビルと同じくらいの高さのため同一のビルに見えるかもしれませんが別のビルで「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」のA-2街区(地上7階、高さ41m)となっています。

 さらに左側では柿本商会の「八重洲Kビル」の解体工事が行われており、解体後は「(仮称)東京Yビルプロジェクト」(地上12階、高さ55m)へ建て替えれらます。こちらは「東京ミッドタウン八重洲」とは無関係です。



東京ミッドタウン八重洲

 「八重洲グランルーフ」の2階への入り口にある階段と撮影。



東京ミッドタウン八重洲

 その「八重洲グランルーフ」から見た低層部です。地下1階〜3階が商業施設、4階〜5階にはビジネス交流施設・会議室、そして5階部分には屋上テラスも設置されます。そして地下2階には周辺地区と連携した「(仮称)八重洲バスターミナル」(運営者:京王電鉄バス)が整備されます。東京駅周辺に分散している高速バス停留所を集約した合計20パースの大規模バスターミナルとなります。



東京ミッドタウン八重洲

 八重洲地下街(ヤエチカ)とは地下1階で接続され、右隣の地区で計画されている「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約226m、2029年1月竣工予定)とは地下1階と地下2階の2層で接続する計画となっています。



東京ミッドタウン八重洲

 建設地は外堀通りに面しておりこの左側(北側)に「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、高さ250m)、右側(南側)に「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」(地上43階、高さ約226m)が建設されます。それらビルの地下に整備されるバスターミナルと連携することになります。



東京ミッドタウン八重洲

 東京駅とは反対側の路地を入った場所から撮影。ビルのデザインは同じですが…



東京ミッドタウン八重洲

 足元では「中央区立城東小学校」が建設中です。これは隣接地に建設しているわけではなく同じビルの1階〜4階部分に接する形で建設しています。これは元々敷地中央あたりに「中央区立城東小学校」があったのが同再開発によってこの場所に建替えられる形式となっています。



東京ミッドタウン八重洲

 「丸の内ビルディング」の5階にあるテラスから東京駅と一緒に撮影。



東京ミッドタウン八重洲

 ここから見ると高さ240mもあるようには見えません。



東京ミッドタウン八重洲

 高層部にズームです。39階〜45階に入る「ブルガリ ホテル 東京」からの景色はどんな感じなんでしょうね?一泊いくらくらいになるんでしょうね?凄い金額なのは間違いないですね。



東京ミッドタウン八重洲

 地上から撮影。東京駅を真正面に見える真ん中はいつもウエディングフォトを撮っていて使えないことがほとんどです。公共の場所で専有しているので邪魔です。ここ数年で定番のスポットになったようで何組も撮影しています。



東京ミッドタウン八重洲

 これだけ大きいと色々な場所から見えるのでいいですね



東京ミッドタウン八重洲 施設一覧
施設一覧[出典:三井不動産]

 フロア構成はこの図のようになっています。左下の広場のように見えている場所が「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」(地上14階、高さ69.88m)の建設地です。図に建物が描かれていないことから「東京ミッドタウン八重洲」とは別扱いになりそうです。



東京ミッドタウン八重洲 5階屋外テラステラス イメージパース
5階屋外テラス イメージパース[出典:三井不動産]

 5階に設置される屋上テラスです。「ブルガリ ホテル 東京」には経済的事業により気軽に宿泊できないので、無料で行けるであろうこの場所は楽しみにしています。丸の内方面を眺めることができます。



東京ミッドタウン八重洲 周辺図
周辺図[出典:三井不動産]

 場所はこのように東京駅の目の前です。東京駅より皇居側は超高層ビル群が広がっていますが、逆の八重洲側に来るとガラッと景色が変わる状態でした。今は複数の再開発があるので八重洲の雰囲気も随分と変わりそうです。



東京ミッドタウン八重洲 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A-1街区)■
街区名称:東京ミッドタウン八重洲
計画名称:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業新築工事(A-1街区)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目2番の一部および3番
用途:事務所、店舗、ホテル(ブルガリ ホテル 東京)、小学校、バスターミナル、駐車場等
総客室数:98室
階数:地上45階、塔屋2階、地下4階
高さ:240m(最高240m)
構造:S造一部SRC、RC造
基礎工法:パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)
敷地面積:12,390.43
建築面積:10,875.16
延床面積:283,896.06
建築主:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2018年12月1日着工〜2022年8月下旬竣工予定