(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 歌舞伎町で建設中の超高層複合ビル「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」(地上48階、高さ225m)です。新宿ミラノ座跡地の再開発で低層部から中層部にかけて商業施設、劇場、映画館等で構成され、中高層部が東急ホテルズが運営するホテルとなります。建築主は東急レクリエーションと東急で2023年1月11日竣工予定です。

 建設地は大きな通りに面していないため良い撮影場所をまだ見つけることができていません。これは西新宿の青梅街道沿いからの8月28日の撮影ですがこれでもまだよく見えている方です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 ただ、歌舞伎町では圧倒的な高さのためあちこちから見えるようになっています。これは新宿駅の西口側からの撮影ですが他の建物の背後にニョキっと見えます。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 西口側からもう少し近付いて撮影。「新宿プリンスホテル」(地上25階、高さ94m)が壁となってほとんど見えません。。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 その「新宿プリンスホテル」(地上25階、高さ94m)を超えて、閉店した「LABI新宿東口館」前あたりからはそこそこ見えます。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 これでもビルの全体像が良く見える場所です。セットバックした場所からがホテル部となります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 近付くと低層部が手前の建物に隠れるようになります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 そして目の前から見上げるとセットバックしているためなんだかよくわからない状態になります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 ただ、同じ通りを新大久保側に行くとかなり見やすくなります。電線が邪魔ですが超広角のレンズを使えばいい感じに撮れるかもしれません。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 「ハイジア」前の広場から撮影。左は「アパホテル<新宿 歌舞伎町タワー>」(地上28階、高さ90.5m)です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 ところで低層部の壁面が見えるようになっていました。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 金網のようなもので外壁の模様が造られていました。全体的なデザインもそうですが一目見ただけでここだとわかるデザインになっています。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 「シネシティ広場」から撮影。ここで後ろを向くとコマ劇場跡地の「新宿東宝ビル(ホテルグレイスリー新宿)」(地上30階、高さ130.25m)があります。つまりこの周辺には超高層ホテルが4棟建ち並ぶことになります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 高層部にズームです。こういった超高層ホテルは最上階に近くになるとプレミアムなフロアがあったりしますが、途中の一般フロアは同じ料金でも階数が全然違ったりするんですよね。マンションのように少しだけでも値段に差をつけて好きな階を選べるようにして欲しいものです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 近くから見上げてもう1枚。現在、どの辺りまで建設が進んでいるのかはよくわかりませんが…



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 9月7日に自宅から撮影した「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」を見ると、階高が高くなっていることがわかるので最上部の建設が始まったようです。完成予想図では塔屋部分の高さもかなりあるので上棟まではもうちょっと時間がかかりそうです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 少し過去に戻って8月1日に六本木ヒルズのスカイデッキから見た新宿方面です。このように西新宿の超高層ビル群とは程よい距離があるため、迫力ある新宿の超高層ビル群をいい感じに眺められそうな場所です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画

 「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」(地上48階、高さ225m)にズームです。左端の「新宿プリンスホテル」(地上25階、高さ94m)が小さく見えますね。右側の「新宿東宝ビル(ホテルグレイスリー新宿)」(地上30階、高さ130.25m)が歌舞伎町で最も高い超高層ビルでしたが既に大差があります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:TSTエンタテイメント]

 「(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画新宿 TOKYU MILANO 再開発計画)」の完成予想図です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 断面図
断面図[出典:TSTエンタテイメント]

 フロア構成は地下1階〜地下4階が約1500人収容可能なライブホール、1階〜5階が店舗等、6階〜8階が約850席の劇場、9階〜11階が8スクリーンの映画館、そして中高層階が東急ホテルズが運営するホテルとなります。フロア構成は当初情報から変更が入っておりホテルフロアの正確な階数が不明ですが、以前の情報では17階〜47階がホテルとなっていました。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 劇場平面図
劇場平面図[出典:TSTエンタテイメント]

 6階〜8階に入る劇場平面図です。演劇はもちろん映画や音楽ライブにも利用可能となります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 LIVE HALL平面図
LIVE HALL平面図[出典:TSTエンタテイメント]

 地下1階〜地下4階に入るライブホールの平面図です。着席580名、スタンディング1500名の収容規模となっています。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:TSTエンタテイメント]

 すぐ近くにライブホールの「新宿BLAZE」がありますが、収容規模はスタンディング800名なのでこちらが倍くらいの規模となります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:TSTエンタテイメント]

 低層部の完成予想図です。ビル本体には屋外ビジョンも設置され「シネシティ広場」と連携したイベントも開催できるようになります。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 完成予想図
完成予想図[出典:TSTエンタテイメント]

 左側には「新宿BLAZE」がありますがイベントが重なった場合の人の整理が大変そうです。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 位置図

位置図[出典:出典:新宿区]

 建設地は「新宿ミラノ座」跡地で最も近い駅は西武新宿線「西部新宿」駅となります。他にも大江戸線「新宿西口」駅やJR、小田急、京王、東京メトロ、都営の各「新宿」駅も徒歩圏の立地です。



(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。延床面積が87,949.98屬ら87,208.30屬悗半し減っていました。

■物件概要■
仮称:(仮称)歌舞伎町一丁目地区開発計画 新築工事
計画名称:新宿 TOKYU MILANO 再開発計画
所在地:東京都新宿区歌舞伎町一丁目29番1、同番3
用途:ホテル、劇場、映画館、店舗、駐車場等
階数:地上48階、塔屋1階、地下5階
高さ:225m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,603.74
建築面積:3,171.05
延床面積:87,208.30
建築主:東急レクリエーション、東急
設計者:久米設計・東急設計コンサルタント設計共同企業体
施工者:清水・東急建設共同企業体
工期:2019年8月1日着工〜2023年1月11日竣工予定