(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 完成イメージ
完成イメージ[出典:完成イメージ]

 神宮外苑地区の大規模再開発「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」の環境影響評価書案と環境影響評価調査計画書が公開されました。三井不動産(代表)、明治神宮、日本スポーツ復興センター、伊藤忠商事による大規模再開発で、スポーツ施設(ラグビー場、野球場)、オフィス、商業、宿泊施設等が計画されています。

 図の左側に色の付いた超高層ビルが2棟描かれていますが、一番左が「伊藤忠商事東京本社ビル」の建替えで地上38階、地下5階、高さ約190m、延床面積約約21万3000屬了務所棟となり、その右後ろが地上40階、地下2階、高さ約185m、延床面積約12万7300屬諒9臈Aとなります。

 その超高層ビルの隣に野球場が建設されますが、スタンドの背後には地上14階、高さ約60mの球場併設ホテル棟も建設されます。また、あまり目立っていませんが野球場の右後ろが複合棟Bで地上18階、地下1階、高さ約80m、延床面積約3万300屬離曠謄襪盞設されます。

▼東京都環境局:環境影響評価図書(2021年8月16日)
「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価調査計画書
「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」環境影響評価書案
※閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:完成イメージ]

 場所は東京メトロ銀座線「外苑前」駅から国立競技場までの間です。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 現況図
現況図[出典:完成イメージ]

 現在は秩父宮ラグビー場、神宮球場、テニスコート、伊藤忠商事東京本社ビル等がある場所で段階的に建て替えが行われて行きます。そのため全体の工期は2022年度〜2035年度までとなっており10年以上工事が続くことになります。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 配置計画図
配置計画図[出典:完成イメージ]

 最終的な配置図です。まずは伊藤忠商事東京本社ビルの建て替えと神宮第二球場を解体しラグビー場を移転する工事から始まります。

 地上38階、高さ約190mの事務所棟と地上40階、高さ約185mの複合棟Aも楽しみですが、野球場に併設されるホテル棟も楽しみです。野球場の形に沿ったホテルとなるので部屋から野球観戦もできるようになりそうです。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 緑化のイメージ(広場)
緑化のイメージ(広場)[出典:完成イメージ]

 野球場とラグビー場の間に整備される広場のイメージです。板状のビルは最初の完成イメージでは目立たなかった地上18階、高さ約80mの複合棟Bです。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 建築計画の概要
建築計画の概要[出典:完成イメージ]

 各棟の概要です。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:完成イメージ]

 地上40階、高さ約185mの複合棟Aと地上14階、高さ約60mの球場併設ホテル棟の断面図です。野球場のスタンドの上にホテルを載せたような感じになるようです。神宮球場の建替えのためヤクルトの本拠地となると思いますが、野球がある日の宿泊料は高めに設定されたりとかありそうですね。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:完成イメージ]

 「伊藤忠商事東京本社ビル」の建替えとなる地上38階、高さ約190mの事務所棟の断面図です。建替え後も伊藤忠商事の本社になると思いますが、かなりの規模なので一部は賃貸のオフィスにもなるのかもしれないですね。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 工事工程表
工事工程表[出典:完成イメージ]

 工事工程です。2022年度から神宮第二球場と伊藤忠商事東京本社ビルの解体工事が始まります。その後はラグビー場と事務所棟を建設し、現在の秩父宮ラグビー場を解体し、野球場と複合棟Aを建設します。それらの建設が終わると神宮球場を解体し、その他の施設を建設して工事完了となります。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 段階建て替えイメージ図
段階建て替えイメージ図[出典:完成イメージ]

 図に表すとこのような感じで、第二球場はなくなりますが野球もラグビーも試合ができなくなることは避けた建て替え計画となっています。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業

 2019年12月14日に撮影した「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」の計画地方面です。写真中央の板状のビルが「伊藤忠商事東京本社ビル」(地上22階、高さ90.9m)で地上38階、高さ約190mの超高層ビルへ建て替えられます。その左の緑色のビルは「青山OM-SQUARE」(地上25階、高さ114.5m)で同再開発には関係ありませんが、背後には地上40階、高さ約185mの複合棟Aが建設されます。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業

 神宮球場と神宮第二球場の空撮です。小さい方が第二球場でまずはここの解体から始まります。右側の陸上トラックは同再開発とは関係ありません。



(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業

 久しぶりに書きますが…この国立競技場…ザハ案が見たかったです。個人的にはこういった施設は毎年税金をつぎ込んで維持するので問題ないと思うんですけどね。

■物件概要(事務所棟)■
仮称:(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 事務所棟
所在地:東京都港区北青山二丁目
用途:オフィス、商業、駐車場等
階数:地上38階、地下5階
高さ:約190m
構造:S造、SRC造
延床面積:21万3000
工期:2024年度着工〜2028年度竣工予定

■物件概要(複合棟A)■
仮称:(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 複合棟A
所在地:東京都港区北青山二丁目
用途:オフィス、商業、駐車場等
階数:地上40階、塔屋1階、地下2階
高さ:約190m
構造:S造、SRC造
延床面積:12万7300
工期:2027年度着工〜2031年度竣工予定

■物件概要(複合棟B)■
仮称:(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業 複合棟B
所在地:東京都港区北青山二丁目
用途:宿泊施設、スポーツ関連施設、駐車場等
階数:地上18階、塔屋1階、地下1階
高さ:約80m
構造:S造、SRC造
延床面積:3万300
工期:2027年度着工〜2031年度竣工予定