TOCビル

 五反田の「TOCビル」の建替え「新TOCビル」に関するお知らせがテーオーシーより発表されました。以前から建て替えの話しはありましたが今回は計画概要が明らかになっており、計画規模は地上30階、地下3階、高さ約150m、延床面積約27万6000屬如∋務所、店舗、住宅等で構成される巨大な超高層複合ビルとなることが判明しました。今年の秋頃には都市計画申請手続きを行い、2023年春頃から解体着工、2027年春頃には竣工予定となっています。

 この延床面積約27万6000屬郎鯑のブログに載せた「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、最高高さ265.75m)の延床面積23万8441.51屬鯆兇┐覽模のため、かなりどっしりとした太さのある超高層ビルになりそうです。

▼テーオーシー:リリース(2021年8月10日)
新TOCビル計画に関するお知らせ



TOCビル

 現在の「TOCビル」は昭和45年竣工、地上13階建て延床面積17万4013.32屬箸い1フロアがかなり大きなビルとなっています。

 ここのビルで仕事をしたことがあるのですが、見た目通り中もかなり広いビルで、各フロアのエレベーターホールもかなりの広さがあります。ただ、古さは感じるビルでした。



TOCビル

 見た目は普通のオフィスビルのようにも見えますが、1階にはユニクロ、4階にはアカチャンホンポ、地下には飲食店やDAISOなどが様々な店が入居しています。他にもショールームや卸売業の店舗、事務所など多様な企業が入居しているので色々な店を見て歩くのも楽しいかもしれません。ちなみにTOCは東京卸売りセンターの略です。



TOCビルの屋上からの眺め

 完成予想図や詳細な情報は都市計画申請後に出てくると思うので、ここからは「TOCビル」屋上からの眺めを載せておきます。ここのビルの屋上にはゴルフ練習場がありますが、その他の部分は開放されて自由に行くことができます。



TOCビルの屋上からの眺め

 デパートの屋上をもっと簡素化したような場所ですが、無料で行ける場所としては合格点の眺めです。



TOCビルの屋上からの眺め

 大崎のタワーマンション、超高層ビル群をこうして眺められる場所はなかなかありません。



TOCビルの屋上からの眺め

 ちなみに撮影は1年ちょっと前のため今は建設中のビルが見えるようになってきたりもしているかと思います。



TOCビルの屋上からの眺め

 2023年春頃から解体着工予定とのことなのでこの屋上に行けるのは来年いっぱいくらいかもしれないですね。建替え後のビルにこのような場所ができるとは思えないので今だけ楽しめる景色です。ただ、建て替え後のビルの用途に住宅の記載もあるので、もし住宅部が高層階に位置しており住める経済力があるならば今以上の景色を楽しめるようになります。

■物件概要■
名称:新TOCビル
所在地:東京都品川区西五反田七丁目22番17号
用途:事務所、店舗、住宅、駐車場
階数:地上30階、地下3階
高さ:150m
敷地面積:約21,536
建築面積:約15,000
延床面積:約276,000
工期:2023年春頃解体着工〜2027年春頃竣工予定