住友不動産大崎ツインビル東館

 大崎で建設中のオフィスビル「住友不動産大崎ツインビル東館」(地上19階、高さ90m)です。大崎駅から山手線内側を品川駅方面に徒歩8分の位置で、この写真は大崎駅側から見た様子です。建設地は「ソニー旧本社ビル(NSビル)」「ソニー御殿山テクノロジーセンター 4号館」の跡地です。

 東館となっているのはすぐ近くで住友不動産による地上14階、高さ100mのオフィスビルが計画されているのでそこが「住友不動産大崎ツインビル西館」になるものと思われます。



住友不動産大崎ツインビル東館

 少し角度を変えて撮影。



住友不動産大崎ツインビル東館

 箱型のビルの北西角を削った形状をしており、こちらがその削られた部分となります。



住友不動産大崎ツインビル東館

 その削られた側にエレベーターホールやトイレといった設備が配置されます。



住友不動産大崎ツインビル東館

 もう一つの最寄り駅の五反田駅に近い側から撮影。駅からは徒歩10分程度で大崎から歩くのとあまり変わりません。



住友不動産大崎ツインビル東館

 仮囲いの中です。この辺りに車寄せが設置されます。



住友不動産大崎ツインビル東館

 敷地は三角形になっており大規模な広場も整備されます。敷地は2,148坪で空地率は約60%、緑被率約33%となっています。



住友不動産大崎ツインビル東館

 こちらは北側になりますがオフィスに日当たりは関係なく、逆に日差しが強くてブラインドを閉める必要もなく東京都心を眺められる良い場所だと思っています。



住友不動産大崎ツインビル東館

 東側です。こちらは品川の超高層ビル群がキレイに見えそうです。



住友不動産大崎ツインビル東館

 品川駅側から撮影。ちょうど道路の先に見える立地となっています。



住友不動産大崎ツインビル東館

 近くからもう1枚。



住友不動産大崎ツインビル東館

 「住友不動産大崎ツインビル東館」は外壁が凝っていて面白いです。



住友不動産大崎ツインビル東館

 これがなければ普通のガラスカーテンウォールのオフィスビルだったと思います。



住友不動産大崎ツインビル東館

 このビルはこうして斜めから見るのが面白いですね。外壁に凝っても床面積が増えるわけでもないので、何もしないガラスカーテンウォールのビルの方が建築費、維持費が抑えら収益が増えそうですが、こういったところにお金をかけてくるビルはいいですね。



住友不動産大崎ツインビル東館 敷地配置図・1階平面図
敷地配置図・1階平面図[出典:住友不動産]

 大崎駅方面から見た配置図です。広場には災害時の一時避難場所と活用できるようにマンホールトイレなど防災設備も備えられるとのことです。



住友不動産大崎ツインビル東館 基準階フロア図
基準階フロア図[出典:住友不動産]

 オフィスフロアはL字型の整形無柱フロアとなります。基準階面積は543.80坪(1,797.66屐砲廼調は1フロア53ゾーンの部分制御が可能な完全個別空調システムとります。



住友不動産大崎ツインビル東館 基準階フロアイメージ図
基準階フロアイメージ図[出典:住友不動産]

 オフィスフロアの天井高は約3.0m、窓面高さは2.55mとなります。



住友不動産大崎ツインビル東館 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:住友不動産大崎ツインビル東館
仮称:(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト
計画名:(仮称)北品川5丁目計画
所在地:東京都品川区北品川5丁目420-1
用途:事務所、駐車場
階数:地上19階、塔屋1階、地下2階
高さ:90m
構造:鉄骨造(鉄骨鉄筋コンクリート造 / 鉄筋コンクリート造)、基礎免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,102.36
建築面積:2,800
延床面積:47,509.23
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:清水建設
工期:2020年1月7日着工〜2022年2月竣工予定