(仮称)品川プロジェクト

 旭化成不動産レジデンスによる分譲のタワーマンション「(仮称)品川プロジェクト」(地上30階、高さ105.76m)の建設地です。品川プロジェクトとなっていますが品川区というだけで最寄り駅は五反田です。

 建設地は「海喜館」の跡地で積水ハウスが地面師グループに架空取引で土地購入代金55億5000万円をだまし取られた事件の舞台となった場所です。西松建設を施工者として既に着工しており2024年3月末日竣工予定となっています。



(仮称)品川プロジェクト

 現地には旭化成不動産レジデンスの分譲マンションブランド「ATLAS」の文字が入った看板が設置されているので「アトラスタワー五反田」といった名称になると思っていますが、建築物の名称に品川を使っていることから五反田を前面に出したくないようなので「アトラスタワー目黒川」も有り得るのではと思っています。



(仮称)品川プロジェクト

 その目黒川越しに見た「(仮称)品川プロジェクト」の建設地です。ちなみに目黒川と言えば桜の名所でもありますが、この辺りはそれほど桜は多くありません。



(仮称)品川プロジェクト

 仮囲いの中です。



(仮称)品川プロジェクト

 完成予想図等を見たことがないのでどのようなタワーマンションになるのかは不明です。



(仮称)品川プロジェクト

 目黒側から撮影。



(仮称)品川プロジェクト

 右に見切れているビルは再開発には参加していないのでこのまま残ります。



(仮称)品川プロジェクト

 こちら側から見た仮囲いの中です。中央奥に見えているタワーマンションは「パークタワーグランスカイ」(地上44階、最高高さ152.9m)です。



(仮称)品川プロジェクト

 目黒川とは反対側から撮影。


(仮称)品川プロジェクト

 敷地面積は2,079.57屬之築面積は1,096.00屐延床面積21,638.35屬箸覆辰討い泙后A躙与瑤亙譲224戸で計画されています。



(仮称)品川プロジェクト

 ところで騒音・振動の測定値を表示する機器がライオンの口に設置されていました。こんな遊び心があるのは初めて見ました。



(仮称)品川プロジェクト

 メイン通りとなる桜田通り側から撮影。



海喜館

 海喜館があった時代はこのような光景でした。敷地内にはたくさんの木が植えられていましたが現地には一本も残っていません。



(仮称)品川プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。そろそろ公式HPがオープンしてもいい頃だと思います。

■物件概要■
計画名称:(仮称)品川プロジェクト
所在地:東京都品川区西五反田2丁目22番1他(計5筆)
用途:共同住宅
総戸数:224戸
階数:地上30階、地下1階
高さ:105.76m(最高高さ105.76m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:2,079.57
建築面積:1,096.00
延べ面積:21,638.35
建築主:旭化成不動産レジデンス
設計者:NEXT ARCHITECT&ASSOCIATES
施行者:西松建設
工期:2021年4月1日着工〜2024年3月末日竣工予定