大井町駅周辺広町地区開発 完成イメージ
完成イメージ[出典:東京都環境局]

 JR東日本(東日本旅客鉄道)による大井町の再開発「大井町駅周辺広町地区開発」の環境影響評価書案が公開されました。計画地は大井町駅と品川区役所の間で、東急大井町線の北側の劇団四季などがある場所で、地上23階、高さ約114mのオフィス棟、地上26階、高さ約107mの住宅・ホテル棟などが計画されています。

 完成予想図のように品川区役所側には大規模な緑化された広場空間を設け、大規模なデッキも整備する計画となっています。緑化する面積は地上部約3,074屐屋上部約4,677屐合計7,751屬箸覆辰討い泙后

▼東京都環境局:環境影響評価図書(2021年7月21日)
「大井町駅周辺広町地区開発」環境影響評価書案
※閲覧には、Windows7~10、Internet Explorer及びAdobe Acrobat Reader DCが必要です。



大井町駅周辺広町地区開発 完成イメージ
完成イメージ[出典:東京都環境局]

 住宅・ホテル棟側から見た完成予想図です。右端には電車が描かれていますが敷地の北側には大井車両基地があります。そのため車両基地がどこかへ移転しない限りは北側の眺望は安泰な場所となります。デッキからでも大崎や品川方面の超高層ビル群が望める場所となりそうです。



大井町駅周辺広町地区開発 断面図
断面図[出典:東京都環境局]

 敷地はA-1敷地とA-2敷地に分かれておりA-2敷地が品川区役所側となります。A-1敷地には地上23階、高さ約114mのオフィス棟、地上26階、高さ約107mの住宅・ホテル棟が配置されます。詳細はフロア構成は不明ですが住宅・ホテル棟は上半分が約300戸の住宅、下半分がホテルとなる計画です。そしてA-1敷地、A-2敷地の色々な場所に低層の商業施設を配置する計画となっています。

 また、2階レベルに歩行者動線、3階レベルに大規模なデッキが整備され、重層的な歩行者ネットワークが形成し、駅と街が一体的に利用される交通結節拠点を形成します。


大井町駅周辺広町地区開発 計画地位置図
計画地位置図[出典:東京都環境局]

 計画地は大井町駅に隣接した場所で、東急大井町線、品川区役所、JR東日本東京総合車両センター、JR京浜東北線に囲まれた一帯です。大井町駅にはJR京浜東北線、東急大井町線、りんかい線の3路線があり、りんかい線は埼京線とも繋がっているので色々な場所に行きやすい場所でもあります。



大井町駅周辺広町地区開発 配置計画図
配置計画図[出典:東京都環境局]

 配置図です。敷地の中央にオフィス棟、車両基地の南側に住宅・ホテル棟が配置されます。住宅は一般的には南側が人気ですが、ここの北側は車両基地があるため眺望は安泰で、そして北側が都心方面となるので迫力ある景色が広がります。もしここに住むならば個人的には北側一択です。ただ、オフィス棟が北側に飛び出ているのでそこが視界の邪魔になりそうです。



大井町駅周辺広町地区開発 計画地現況図
計画地現況図[出典:東京都環境局]

 計画地の現況図です。現在は四季劇場[夏]、キャッツ・シアター、スポル品川大井町などがあります。2022年度着工予定のためそれよりは前に解体が始まるものと思われます。



大井町駅周辺広町地区開発

 2021年2月に撮影した「大井町駅周辺広町地区開発」の計画地の様子です。A-2敷地のスポル品川大井町方面です。

 左後ろが品川区役所で、右奥が大崎駅周辺の超高層ビル群です。



大井町駅周辺広町地区開発

 A-1敷地となるキャッツ・シアターです。この辺りはオフィス棟の建設地となります。



大井町駅周辺広町地区開発

 こちらの四季劇場[夏]もA-1敷地でオフィス棟の建設地となります。この奥が住宅・ホテル棟の建設地となりますが、関係者以外立ち入り禁止の区画となります。



大井町駅周辺広町地区開発

 ということで東側の高台側から見た住宅・ホテル棟の建設地方面です。目の前の倉庫のような建物から四季劇場[夏]の間が住宅・ホテル棟の建設地となります。



大井町駅周辺広町地区開発 工事工程表
工事工程表[出典:東京都環境局]

 解体が始まる時期は不明ですが解体に時間がかかるような建物はなさそうなので、解体が始まると一気に更地になりそうです。建物本体の着工は2022年度、竣工は2025年度の予定です。

■物件概要(A-1敷地)■
事業名:大井町駅周辺広町地区開発
所在地:東京都品川区広町二丁目地内
用途:業務、宿泊、住宅、商業、駐車場等
総戸数:約300戸
階数(オフィス棟):地上23階、地下4階
階数(住宅・ホテル棟):地上26階、地下2階
高さ(オフィス棟):約114m
高さ(住宅・ホテル棟):約107m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:約22,340
延床面積:約250,000
事業者:東日本旅客鉄道(JR東日本)
工期:2022年度着工〜2025年度竣工予定
供用開始:2025年度予定