西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 完成予想CG
完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 三井不動産レジデンシャルより西新宿で計画しているタワーマンション「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の権利変換計画について東京都知事の認可を2021年6月16日に受けたと発表がありました。

 同プロジェクトはJR「新宿」駅から北西へ約1.2kmの位置で、規模は地上40階、地下1階、免震構造(中間免振)、総戸数470戸の住宅棟と、商業、業務、保育所で構成される地上4階建ての施設棟で計画されています。全体の敷地面積は約5,922屐延床面積は約53,742屬埜什漾現地では既存建物の解体工事が行われており、2021年度に本体工事を着工し、2024年度に竣工予定となっています。

 再開発組合の設立認可時の情報では地上43階、高さ約160m、約58,140屬竜模でしたが、今回の公開された情報では地上40階、延床面積約53,742屬塙發犠霾鵑呂覆少しだけ規模縮小しています。そのため高さは150m程度まで低くなっているかと思います。

▼三井不動産レジデンシャル:ニュース(2021年6月17日)
「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」
権利変換計画認可のお知らせ
〜約0.8ha、住宅・商業・業務・子育て支援施設のミクストユースプロジェクト〜




西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 完成予想CG
完成予想CG[出典:三井不動産レジデンシャル]

 計画地は十二社通りに面しており、低層の施設棟はその十二社通り側に配置されます。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 配置図の上に書かれている「西新宿五丁目中央北地区(中央北地区)」は「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)のことで、なるべくお見合い部屋にならないよう住宅棟の角度を変えて敷地西側に配置したものと思われます。

 また、現地に行くと敷地北側にある「新宿区立淀橋けやきばし公園」と計画地との間には道路がありますが、同再開発ではその道路は撤去され敷地内に整備される広場と一帯となった公園になるようです。また、東側の道路は拡幅され、南側には新しい道路が整備されます。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ図
断面イメージ図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 住宅棟と施設棟は分離されており、施設棟よりも高い位置の5階〜40階が住宅フロアとなります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:三井不動産レジデンシャル]

 最寄り駅は都営大江戸線「西新宿五丁目」駅で、他にも都営大江戸線「都庁前」駅、都営大江戸線・東京メトロ丸の内線「中野坂上」駅、東京メトロ丸の内線「西新宿」駅が徒歩圏です。ただどの駅も多少距離があります。また、この位置図の右端にJR「新宿」駅もありますがGoogleMap調べだと新宿区立新宿中央公園を通り抜けるルートで徒歩20分程度の距離となります。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業の計画地の空撮

 2020年12月18日にヘリから撮影した「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」の計画地の空撮です。左の白いタワーマンションが「ザ・パークハウス西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)で、さらに左の工事現場が「西新宿五丁目北地区防災街区整備事業」(A地区:地上33階、高さ151.40m、B棟:地上35階、最高高さ131.57m)の建設地でこれらは全て十二社通りに面しています。

 また、計画地の右側の白いタワーマンションは「コンシェリア西新宿 TOWER'S WEST」(地上44階、最高高さ159.8m)で、これよりも少し低いタワーマンションになるものと思われます。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業の計画地の空撮

 このように西新宿の超高層ビル群が途切れる場所のため西側は開けた視界が広がります。逆に東側には西新宿の超高層ビル群が広がっています。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 ちょうど先週末の6月12日に現地の写真を撮っていました。十二社通り沿いの建物にも解体工事のお知らせが設置されていましたが、まだ解体工事が始まっている様子はありませんでした。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 ただ、十二社通りから中に入った場所ではいくつかの建物で解体工事が始まっています。



西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業

 解体工事は特定業務代行者である熊谷組によって2021年12月31日までの工期で行われています。

 同物件は建築主は西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合で三井不動産レジデンシャルが参加組合員として参画するタワーマンションとなります。そのため三井不動産レジデンシャルのマンションブランド「パークタワー」か「パークコート」シリーズになるかと思いますが、「パークコート」は山手線内側のもっと都心のイメージがあるので「パークタワー」シリーズになると予想しています。ただ、新宿には「新宿パークタワー」という地上52階、高さ235mの超高層ビルと「パークタワー西新宿エムズポート」という地上27階、最高高さ93.39mのタワーマンションがあるので、混同を避けるために単純に「パークタワー新宿」や「パークタワー西新宿」にはせずにちょっとひねった名称になるのかなとも思っています。名称予想が難しいタワーマンションです。

■物件概要■
計画名:西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区西新宿五丁目及び六丁目の一部
用途:住宅、商業・業務、保育所 等
総戸数:470戸
階数:地上40階、地下?階
高さ:約150m程度?
地区面積:約0.8ha
敷地面積:約5,922
延床面積:約53,742
建築主:西新宿五丁目中央南地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
事業推進コンサルタント:INA新建築研究所
特定業務代行者:熊谷組
工期:2021年度着工〜2024年度竣工予定