Torch Tower 外観イメージ
外観イメージ[出典:内閣府]

 東京駅前の大規模再開発「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」の完成予想図です。左下が数日前のブログに掲載した先行して建設が進む「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)で商業ゾーンと大規模広場が2021年7月21日にグランドオープンすることが発表されています。

 そして中央の超高層ビルが高さ日本一の超高層ビルとなる「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ390m)で2023年度から工事が始まります。その工事の前段階として図の右下にある「下水道局棟」(地上9階、高さ約53m)の工事が始まっています。

 「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」の事業者は三菱地所で総延べ面積約74万屬箸覆訥饗腟模再開発で、2017年4月から段階的に工事が行われており、全てが完成するのは2027年度予定となっています。7月21日にグランドオープンする「常盤橋タワー」が一番最初に完成する建物となります。



Torch Tower 用途構成図
用途構成図[出典:三菱地所]

 「Torch Towerトーチタワー)」のフロア構成は地下1階〜6階が店舗、3階〜6階に約2000席の大規模ホール、7階〜53階がオフィスフロア、57階〜61階が約100室の国際級ホテル、そして62階と屋上が展望施設となります。

 「常盤橋タワー」地下1階〜地上3階が商業施設「TOKYO TORCH Terrace(トウキョウトーチテラス)」となり、9階〜37階がオフィスフロアとなります。



Torch Tower 外観イメージ
外観イメージ[出典:三菱地所]

 東京駅の丸の内側から見た完成予想図です。右側の塔屋が斜めになっている黒いビルが「常盤橋タワー」ですが、中央の「Torch Towerトーチタワー)」と比べると小さなビルに見えてしまいます。「Torch Tower」の最上部で大きく口を開けている場所が57階に位置するホテルのロビーとなります。



Torch Tower 57階ホテルロビー
57階ホテルロビー[出典:三菱地所]

 そのホテルロビーの完成予想図です。外気を取り入れるデザインで緑と風に包まれる空間となるとのことです。高さ300mを超えると思われる位置に公園のようなスペースはどのような感じなんでしょうね?宿泊者以外でも行ける場所なのか宿泊者限定なのか気になるところです。



Torch Tower 空中遊歩道
空中遊歩道[出典:三菱地所]

 一方、低層部の1階〜8階には全長約2キロ、約5000屬箸いβ腟模な空中遊歩道が整備され、完成予想図右上部分には空中遊歩道の終着地として約2,500屬硫鮎緜躅爐眄鞍されます。同再開発は昨年9月に大幅な計画変更が発表されデザインも大きく変わりましたが、そのときにポストコロナ時代の対応施策としてこの屋外空間が追加されました。コロナが蔓延しなければこの低層部は違ったものになっていたかもしれません。

 右側の屋上広場の下の3階〜6階部分には現代の芝居小屋をモチーフにした約2000席の大規模ホールが整備されます。この大規模ホールは7月21日にグランドオープンする大規模広場「TOKYO TORCH Park(トウキョウトーチパーク)」と連動したイベント展開も計画されています。



下水道局棟
外観イメージ[出典:内閣府]

 裏側?で建設中の「下水道局棟」(地上9階、高さ約65m)の完成予想図です。「Torch Towerトーチタワー)」の建設地の地下には下水ポンプ所があり、その下水ポンプ所が「下水道局棟」の地下に機能移転します。そのためこの「下水道局棟」が完成しないと「Torch Tower」の工事は始まりません。



TOKYO TORCH 街区配置図
街区配置[出典:三菱地所]

 「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」は東京駅日本橋口の目の前で山手線の外側に位置しています。丸の内や八重洲側と比べたら日本橋口はマイナーな駅の出入口となりますが、同再開発が完成するとメジャーな出入口に昇格しそうです。

 また、同再開発は東京駅や大手町と地下通路で接続され、将来的には日本橋駅側とも地下通路で接続する計画となっています。これにより東京駅から日本橋方面への人の流れも大きくなりそうです。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)

 5月15日に大手町側から見た「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」方面です。「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)の手前では「下水道局棟」(地上9階、高さ約53m)の鉄骨が組まれています。「常盤橋タワー」に関しては数日前に掲載した下記ブログをご覧ください。

TOKYO TORCH「常盤橋タワー」の商業ゾーン・大規模広場が7月21日にグランドオープン決定!5月15日に撮影した現地の様子です



東京駅前常盤橋プロジェクト 下水道局棟

 見た感じでは8階まで建設が進んでいるようでした。上棟までもう少しですが完成予定は2022年3月末です。



東京駅前常盤橋プロジェクト 下水道局棟

 1階部分ではレンガ調の外壁の工事も始まっていました。



東京駅前常盤橋プロジェクト 下水道局棟

 修復工事が完了して通行可能となった石橋の「常磐橋」がある「常盤橋公園」から撮影。将来的にはこの左側に高さ390mの「Torch Towerトーチタワー)」が出現します。



東京駅前常盤橋プロジェクト 下水道局棟

 この「下水道局棟」が完成しないと「Torch Towerトーチタワー)」が始まらない重要なビルです。ただ、全てが完成すると目立たないビルになります(^^;)



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)

 隣には「日本ビル」があり「下水道局棟」の完成後の2021年度から解体工事が始まります。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)

 「日本ビル」の隣にある「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)も計画地に含まれておりこちらも解体されます。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)

 丸の内方面から撮影。高さ390mの超高層ビルの前ではJRの高架も邪魔とは感じなさそうです。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)

 東京駅と「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」方面です。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)

 左側に「Torch Towerトーチタワー)」(地上63階、高さ390m)が建設されますが、この画角でギリギリ収まるかどうかといった感じですかね。高さ390mクラスにもなると想像するのも難しいです。



TOKYO TORCH(トウキョウ トーチ)

 反射光が酷いですが5月23日に丸ビルの最上階にあるレストランから撮影した「TOKYO TORCHトウキョウ トーチ)」方面です。東京スカイツリーが見えていますが「Torch Towerトーチタワー)」が建っても見えるかどうかは微妙なところです。



東京駅前常盤橋プロジェクト 開発事業のお知らせ

 開発事業のお知らせです。A棟が「常盤橋タワー」、B棟が「トーチタワー」、C棟が地下に変電所がある広場、D棟が「下水道局棟」です。下水道局棟の高さ65mとなっていますが「常盤橋タワー」のグランドオープンのニュースリリースでは53mとなっていました。また「トーチタワー」は高さは変わらず61階から63階に、49万屬ら54万4000屬傍模拡大されていますが、まだ反映されていませんでした。



東京駅前常盤橋プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせも同様に61階時代のままでした。

■物件概要(Torch Tower)■
名称:Torch Tower
計画名称:東京駅前常盤橋プロジェクト B棟(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 B棟)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
用途:事務所、ホテル、ホール、店舗、駐車場等
総客室数:約100室
階数:地上63階、地下4階
高さ:390m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)、外殻制振構造
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約13,200
延床面積:約544,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:未定
工期:2023年度着工〜2027年度竣工予定