常盤橋タワー

 東京駅日本橋口前の常盤橋街区で建設中の「TOKYO TORCH」で一足先に完成する「常盤橋タワー」(地上38階、高さ約212m)です。同ビルは2021年6月末竣工予定ですが、建築主である三菱地所より商業ゾーンの名称が「TOKYO TORCH Terrace(トウキョウトーチテラス)」に、街区中央に位置する大規模広場の名称が「TOKYO TORCH Park(トウキョウトーチパーク)」に決定し、両エリアを2021年7月21日にグランドオープンすることが発表されました。

 また、同時に「TOKYO TORCH」の公式テーマソングを東京スカパラダイスオーケストラが制作することも発表されています。

▼三菱地所:ニュースリリース(2021年6月2日)
TOKYO TORCH 常盤橋タワーの商業ゾーン・大規模広場が2021 年7 月21 日(水)にグランドオープン
商業ゾーンは「TOKYO TORCH Terrace」、大規模広場は「TOKYO TORCH Park」に名称決定
〜地方の名店を中心とした個性的な13 店舗と自然豊かな広場が東京駅前に誕生〜
さらに、東京スカパラダイスオーケストラによる TOKYO TORCH オリジナルテーマソング制作決定 (PDF 2,100KB)




常盤橋タワー 用途構成図
用途構成図[出典:三菱地所]

 フロア構成は地下1階〜地上3階が商業ゾーン「TOKYO TORCH Terrace(トウキョウトーチテラス)」、3階にカフェテリアラウンジ、8階にオフィスサポートフロア、そして4階〜7階の機械室を挟んで9階〜37階がオフィスフロアとなります。最上階の38階も機械室となります。また、1階には大規模広場「TOKYO TORCH Park(トウキョウトーチパーク)」も整備されます。



整備イメージ(街区南側より)
整備イメージ(街区南側より)[出典:三菱地所]

 約7,000屬梁腟模広場「TOKYO TORCH Park(トウキョウトーチパーク)」の完成予想図です。2021年7月21日にグランドオープンして同広場も開放されますが、2022年10月以降は「Torch Tower」の建設が始まるため利用できるエリアが制限される予定とのことです。



TOKYO TORCH ParkとTOKYO TORCH Terrace
TOKYO TORCH ParkとTOKYO TORCH Terrace[出典:三菱地所]

 商業施設が入る「TOKYO TORCH Terrace(トウキョウトーチテラス)」部分の完成予想図です。地方の名店を中心に多様なグルメが楽しめる13店舗が出店することも発表されています。1〜3階の全飲食店舗は大規模広場を望むテラス席を有していることから商業部の名称にテラスが入っています。

●1階
・Tsubamesanjo Bit TOKYO(イタリアン)
・Bar Espanol YEBRA(スペイン料理/スペインバル)
・フレンチ串揚げ BEIGNET(フレンチ串揚げ・ビストロ)
・CRAFT BEER MARKET(クラフトビアレストラン)
・TOFFEEtokyo(カフェ)
・TATA BAR RESTAURANT CAFE(オールデイダイニング)

●2階
・北海道 炉端 えぞ羅(和食・炉端焼き)
・野乃鳥 丹波赤どり専門 とりのや 本店(鶏料理)
・BRIANZA TOKYO(炭火焼きラテンイタリアン)

●3階、地下1階
・セブン‐イレブン(コンビニエンスストア)

●地下1階
・魚と日本酒 羽田市場(海鮮 日本酒 居酒屋)
・タリーズコーヒー(スペシャルティコーヒーショップ)

 3階には就業者用の共用サービススペースのカフェテリアラウンジ「MY Shokudo(まいしょくどう)」が整備され、キッチン付きのホールスペース「MY Shokudo Hall & Kitchen」は終日一般向けに開放されます。「MY Shokudo」は2021年8月中旬の開業予定となっています。



整備イメージ(街区北側より)
整備イメージ(街区北側より)[出典:三菱地所]

 東京駅に遠い側の北側から見た大規模広場となる「TOKYO TORCH Park(トウキョウトーチパーク)」の完成予想図です。同広場は新潟県小千谷市の錦鯉が泳ぐ親水空間や、茨城県つくば市の天然芝など、全国の自治体と協業し、東京駅前から日本の文化・魅力を発信する取り組みが行われます。



錦鯉が泳ぐ池
錦鯉が泳ぐ池[出典:三菱地所]

 「錦鯉が泳ぐ池」がある「小千谷市PRゾーン」の完成予想図です。錦鯉の魅力や情報発信、同市特産品のPRも行われます。

 他にも「佐渡島の金鉱石」(新潟県佐渡市)、「つくばの天然芝」(茨城県つくば市)、「うるおいある緑化空間」(静岡県裾野市)といった場が設けられます。



常盤橋タワー

 ここからはもうすぐ完成する「常盤橋タワー」の様子を載せていきます。撮影は5月15日です。これは東京駅日本橋口前から見た様子です。



常盤橋タワー

 東京駅からは遠い神田側から見た様子です。



常盤橋タワー

 裏側となる日本橋側から撮影。窓のない黒い壁となっている部分はエレベーターや階段などの設備がある場所で、オフィスフロアはコの字型に配置されます。オフィスフロアの基準階面積は約2580(約780坪)で天井高2.85mとなります。



常盤橋タワー

 首都高地下化のため5月10日に廃止となった呉服橋出入口前から撮影。まだまだ先の話しになりますが目の前にある首都高は首都高地下化に伴い将来的には撤去されます。



常盤橋タワー

 ここからは低層部です。3階までが商業施設が入る「TOKYO TORCH Terrace(トウキョウトーチテラス)」となります。1〜3階の飲食店舗はテラス席があるとのことなのでこちら側は飲食店以外だと思うのですが、今回のニュースリリースでは飲食店舗以外は特に触れていませんでした。



常盤橋タワー

 物販店舗も入ると思っているのですがどうなんでしょう?どこかに情報ありますかね?



常盤橋タワー

 広場のあるこちら側にはテラス席のある飲食店舗が入ります。手前の仮囲いがある場所が大規模広場の「TOKYO TORCH Park(トウキョウトーチパーク)」となります。



常盤橋タワー

 オープン直後は混んでいると思うので落ち着いた頃にどこかで食事をしてみたいです。



常盤橋タワー

 北側から見た低層部です。広場に繋がる外階段も見えました。



常盤橋タワー

 周囲の公開空地はどこになるのか発表されていませんが、この日本橋川沿いも歩けるようになると思います。



常盤橋タワー

 飲食店が入る場所とは反対側です。黒系のデザインは重厚感がありますね。



常盤橋タワー

 最後の写真は呉服橋出入口と同時に廃止となった江戸橋出入口越しに見た「常盤橋タワー」です。首都高地下化が完了すると日本橋川の先にみえるようになりそうです。



TOKYO TORCH 開発ステップ図
TOKYO TORCH 開発ステップ図[出典:三菱地所]

 「TOKYO TORCH」の開発順をまとめた図です。現在はSTEP2の最終段階となっています。D棟の下水道局棟が完成すると「朝日生命大手町ビル」(地上29階、最高高さ119m)と「日本ビル」の解体工事が始まり、2023年度からはいよいよ日本一の高さの超高層ビルとなる「Torch Tower」(地上63階、高さ約390m)の建設が始まり、2027年度には全体竣工予定となっています。

 下水道局棟の建設状況やTorch Towerの建設地の様子などは後日載せる予定です。



TOKYO TORCH 案内図
TOKYO TORCH 案内図[出典:三菱地所]

 場所は東京駅の北側の永代通り沿いで、山手線の外側に位置しています。山手線の外側のため住所的には八重洲と思う人もいるかと思いますが、東側を通る外苑通り沿いのほんの一部が八重洲なだけで敷地のほとんどは大手町となります。そのため建築計画のお知らせの名称は「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」となっています。



TOKYO TORCH 整備前配置図
TOKYO TORCH 整備前配置図[出典:三菱地所]

 開発が始まる前の配置図です。「常盤橋タワー」の建設地には「JXビル」「大和呉服橋ビル」がありました。



TOKYO TORCH 整備後配置図
TOKYO TORCH 整備後配置図[出典:三菱地所]

 開発が完了時の配置図です。あまり注目されていませんが道路を挟んだ北側では「JFE商事ビル」が解体され「常盤橋公園」が拡張されます。

■物件概要(常盤橋タワー)■
名称:常盤橋タワー
計画名称:東京駅前常盤橋プロジェクト A棟(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業 A棟)
所在地:東京都千代田区大手町2丁目、中央区八重洲1丁目
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上38階、地下5階(※建築基準法上では地上40階)
高さ:約212m
構造:S造、RC造、SRC造
基礎工法:直接基礎、杭基礎(一部併用)
敷地面積:約31,400屐柄澗痢
建築面積:約4,000
延床面積:約146,000
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:戸田建設
工期:2018年1月着工〜2021年6月末竣工予定