ウェスティンホテル横浜

 横浜のみなとみらい21地区で建設中のホテル「ウェスティンホテル横浜」(地上23階、高さ99.84m)です。建築主は積水ハウスでホテルの運営は「ウェスティン」ブランドを展開するマリオット・インターナショナルが行うことになっています。総客室数は373室で他に長期滞在対応型ホテル201室も併設される計画となっています。



ウェスティンホテル横浜

 こちらは東側で目の前にみなとみらいの超高層ビル群が望める部屋となります。ビル群の隙間から海も少しは見えそうです。



ウェスティンホテル横浜

 西側の高速道路やJRの線路がある側から撮影。こちら側は横浜の街並みを望む方向で高層階なら富士山も見えそうです。



ウェスティンホテル横浜

 既に最上階まで達していますが竣工予定は2022年2月28日で、開業予定は1年後の2022年春となっています。



みなとみらいの超高層ビル群

 「横浜ランドマークタワー」の展望台から見たみなとみらいの超高層ビル群です。「ウェスティンホテル横浜」の建設地は写真左側の高速道路沿いです。



ウェスティンホテル横浜

 「ウェスティンホテル横浜」にズームです。1年後はワクチン接種も進んでコロナが落ち着いてホテル業界も回復しているといいですね。海外からの観光客は1年後だとまだ何とも言えませんが国内旅行は普通に復活していると思っています。



ウェスティンホテル横浜

 塔屋部分にずーむです。見た感じでは上棟しているように見えます。



ウェスティンホテル横浜 外観イメージ
外観イメージ[出典:積水ハウス]

 「ウェスティンホテル横浜」の完成予想図です。左側の「ぴあアリーナMM」方面からペデストリアンデッキが延長され接続される計画となっています。



ウェスティンホテル横浜 外観イメージ
外観イメージ[出典:積水ハウス]

 完成予想図を見る限りではペデストリアンデッキは「神奈川大学 みなとみらいキャンパス」(地上22階、高さ99.99m)方面にも延長される計画のようです。



ウェスティンホテル横浜 都市景観形成行為のお知らせ

 都市景観形成行為のお知らせです。



ウェスティンホテル横浜 都市景観形成行為のお知らせ 配置図

 配置図です。左上が「横浜ランドマークタワー」方面となります。



ウェスティンホテル横浜 都市景観形成行為のお知らせ 立面図(南側)

 南側の立面図です。建築計画のお知らせと都市景観形成行為のお知らせでは高さ99.84mとなっていますが、この立面図だと高さ102.80m、最高高さ103.78mとなっています。こういった詳細な図があるのはありがたいですが、どの高さが本当の高さなのかが毎回謎になります。



ウェスティンホテル横浜 都市景観形成行為のお知らせ 立面図(東側)

 東側の立面図です。フロア構成は発表されていませんが、13階を境にフロア用途が変わっているように見えるので、13階以上が「ウェスティンホテル横浜」で、12階までが長期滞在対応型ホテルになるのかもしれません。また、22階、23階は階高が一気に高くなるのでレストランやホールなどになりそうです。



ウェスティンホテル横浜 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。下記物件概要では建築計画のお知らせの高さを採用します。

■物件概要■
名称:ウェスティンホテル横浜
計画名:みなとみらい44街区計画 新築工事
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目2-4(みなとみらい44街区)
用途:ホテル・飲食店・物品販売業を営む店舗・集会所
総客室数:373室、他に長期滞在対応型ホテル201室
階数:地上23階、塔屋1階
高さ:99.84m
構造:S造
敷地面積:9,604.59
建築面積:5,981.88
延床面積:65,877.29
建築主:積水ハウス
設計者:日本設計
施工者:竹中工務店
工期:2019年11月6日着工〜2022年2月28日末竣工予定
開業:2022年春予定