虎ノ門・麻布台プロジェクトとは?

虎ノ門・麻布台プロジェクト

 六本木ヒルズの屋上から2021年4月24日撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業)」の建設地です。地上64階、高さ325.19m、延べ46万1876.64屬箸覆襯瓮ぅ鵐織錙(A街区)は既に鉄骨が組まれ始めていますが、地上64階、高さ262.83mの西棟(B-1街区)、地上54階、高さ237.20mの東棟(B-2街区)はまだ地上部の建設は始まっていませんでした。

 2023年3月31日の完成時には大阪の「あべのハルカス」(地上60階、高さ300m)を抜いて高さ日本一の超高層ビルとなりますが、東京駅前の「Torch Tower」(地上63階、高さ390m)が2027年度に完成予定のため数年で高さ日本一でいられるのは数年間だけとなります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 完成イメージ
完成イメージ[提供:森ビル]

 同プロジェクトは森ビルの商標登録状況より「虎ノ門麻布台ヒルズ(略称:虎麻ヒルズ)」になると言われています。メインタワー(A街区)は高さ325.19mで高さ日本一の超高層ビルとなりますが、左側の西棟(B-1街区)は高さ262.83mでタワーマンションとしては高さ日本一となります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 完成イメージ
完成イメージ[提供:森ビル]

 夜景バージョンの完成予想図です。メインタワー(A街区)の縦線はライトアップされる計画のようです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 完成イメージ
完成イメージ[提供:森ビル]

 反対側から見た「虎ノ門麻布台ヒルズ」の完成予想図です。メインタワー(A街区)の左下に隣接している建物はインターナショナルスクールの「ブリティッシュ・スクール・イン・東京」です。このことからも日本人よりも海外の富裕層を取り込もうとしていることがわかります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 平面図
平面図[出典:森ビル]

 平面図です。区域面積約8.1ha、敷地面積約63,900屐∩躅箴果明冖860,400屬箸いδ饗腟模再開発で、緑化される面積は約2.4haとなっています。

 同プロジェクトは東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅と東京メトロ日比谷線「神谷町」駅と地下通路で直結となり、敷地内に整備される延長約700mの東西歩行者地下通路により両駅が接続されることになります。ただ、距離があるため乗り換えに使える距離ではなく、両駅からアクセス可能な再開発と言った方が正しいです。また、桜田通り、外苑東通り、麻布通りと繋がる新たな道路も整備されます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 立面図
立面図[出典:森ビル]

 メインタワー(A街区)は地上64階、高さ325.19mで低層部が商業施設、7階〜52階が総貸室面積約204,000屬離フィスフロア(基準階面積約4,300屐遡4,840屐法△修靴54階〜64階が総戸数91戸の「アマンレジデンス 東京」となります。当ブログでは用途の半分以上が住宅の場合にタワーマンションとして扱っているのでA街区はオフィスビル扱いとなりますが、住宅フロアとしてはB-1街区を抜いて高さ日本一となります。

 西棟(B-1街区)は地上64階、高さ262.83mで3階〜5階が総貸室面積約4,200屬離フィスフロア(基準階面積約1,400)、6階〜64階が約970戸(サービスアパートメント約170戸を含む)の住宅フロアとなります。こちらの棟には多数の共用施設が設置され「都市スマートライフ」が実現できるとされています。

 東棟(B-2街区)は地上54階、高さ237.20mで1階〜13階が日本初進出となるアマンの姉妹ブランドのラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」(約120室)となり、14階〜53階は約330戸の住宅フロアとなります。住宅部のコンセプトは「リゾートホテルに暮らすような住環境」でプール付きの住戸や2層吹き抜けのリビングがある住戸も設定され、ホテルと連携したサービスも利用できるようになります。

 C街区(C1街区〜C4街区)は低層の建物となり商業、住宅、オフィス等などで構成されます。




虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)の建設状況

虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 六本木ヒルズの屋上スカイデッキから撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)」(地上64階、高さ325.19m、延べ46万1876.64)です。右側の東京タワーの高さ333mに迫る高さとなります。

 7階〜52階は総貸室面積約204,000屬離フィスフロア、54階〜64階が総戸数91戸の「アマンレジデンス 東京」となる高さ日本一の超高層ビルとなります。住宅フロアは高さ300mを超えると思いますがどういった人が住むんでしょうね?建築物環境計画書制度によると分譲91戸となっていますが、どのくらいの価格帯になるのかは全く予想が付きませが、角部屋は数十億円になるのではと思っています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 ズームです。六本木ヒルズから見るとタワークレーン6基がキレイに並んで見えます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 さらにズームです。施工者は清水建設です。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 今までない高さなのでどのくらいの画角で撮ると1枚の写真に収まるんでしょうね?この画角では足りなさそうです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 2021年5月8日に現地から撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)」です。目視で数えた感じだと14階あたりを建設中でしょうか?そろそろ階数表記が欲しいところです。

 建設地の大部分は「麻布郵便局」の跡地のためビル名は日本郵便を表す「JP」が入る可能性もあります。そうなると「虎ノ門麻布台ヒルズJPタワー」といった感じの名称になるのかもと思っています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 最終的な高さをわかっているせいか現時点でもかなり迫力ある建設現場となっています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 B街区越しに撮影。この規模だと高さ300mを超える頃には世間一般でも話題になりそうですね。当ブログを見て頂いている人にとっては説明不要のプロジェクトだと思いますが、世間の知名度はまだほぼないに等しいと思います。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 そんなプロジェクトを既存建物がある頃から追い続けられるのは良かったです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 神谷町駅がある桜田通りからC街区越しに撮影。宗教施設の霊友会釈迦殿の背後にビル本体が見えるようになってきました。

 C街区の隣に歩道橋がありますが、この歩道橋はC街区と接続される計画となっています。完成予想図を見ると階段の方向が変わったりもしているので架け替えられるのかもしれません。ちなみに歩道橋の左側には森ビルの「オランダヒルズ森タワー」と接続しています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 その歩道橋から撮影。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 桜田通りを東京タワー側に行ったところから撮影。周辺からだいぶ見えるようになってきましたが、もう少し建設が進むと遠くからも見えるようになってきます。自宅から見えるようになる日が楽しみです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区) 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 メインタワー(A街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 A街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目314番3外
用途:共同住宅(54階〜64階・アマンレジデンス 東京)・事務所(7階〜52階)・店舗・各種学校・駐車場等
総戸数:91戸
階数:地上64階、地下5階
高さ:325.19m(最高325.19m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎(一部場所打ちコンクリート杭基礎)
敷地面積:24,104.21
建築面積:15,247.18
延床面積:461,876.64
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定




虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)の建設状況

虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

 六本木ヒルズの屋上スカイデッキから撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)」(地上64階、高さ262.83m、延べ18万5228.13)の建設地です。手前のビルに隠れて敷地はほとんど見えませんが、地上部の建設が始まればすぐに見えるようになりそうです。

 西棟は3階〜5階が総貸室面積約4,200屬離フィスフロア(基準階面積約1,400)、6階〜64階が約970戸(サービスアパートメント約170戸を含む)の住宅フロアとなり、タワーマンションとしては高さも階数も日本一となります。ちなみに建築物環境計画書制度によると分譲802戸、賃貸168戸となっています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

 地上から撮影。


虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

 コンクリート部分も見えてきたのでそろそろ地上部の建設が始まってもいい頃かと思っています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区) 建築計画のお知らせ

 西棟(B-1街区)の建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 西棟(B-1街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-1街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目32番6外
用途:共同住宅(6階〜64階)・事務所(3階〜5階)・店舗・保育所・駐車場等
総戸数:970戸(分譲802戸、サービスアパートメント168戸)
階数:地上64階、地下5階
高さ:262.83m(最高262.83m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,648.39
建築面積:6.377.03
延床面積:185,228.13
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:三井住友建設
工期:2019年10月1日着工〜2023年3月31日竣工予定




虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)の建設状況

虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 六本木ヒルズの屋上スカイデッキから撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)」(地上54階、高さ237.20m、延べ16万9259.20)の建設地です。B-2街区の敷地は広場なども含むためかなり広いです。マンション本体は写真手前あたりに建設されます。

 1階〜13階がアマンの姉妹ブランドとなる日本初進出のラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」(約120室)となります。14階〜53階は「リゾートホテルに暮らすような住環境」をコンセプトとした約330戸の住宅フロアとなります。プール付きの住戸や2層吹き抜けのリビングがある住戸も設定され、「ジャヌ東京」と連携したサービスも利用できるようになります。B-2街区に関しては建築物環境計画書制度を見ても戸数の表記はありません。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 C街区越しに見た東棟(B-2街区)方面です。B街区とC街区の境目はよくわかりませんが傾斜地のため迫力ある景色が広がっています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区) 建築計画

 東棟(B-2街区)の建築計画のお知らせです。

■物件概要(東棟(B-2街区))■
名称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 東棟(B-2街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-2街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目12番、13番外
用途:共同住宅(14階〜53階)・ホテル(1階〜13階・ジャヌ東京)・店舗・集会場・駐車場等
総客室数:約120室
総戸数:約330戸
階数:地上54階、地下5階
高さ:237.20m(最高237.20m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:16,467.87
建築面積:8,260.71
延床面積:169,259.20
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定




虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区の建設状況

虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区
屋上緑化が施された低層棟(イメージ)[出典:森ビル]

 低層棟が建ち並ぶC街区の完成予想図です。超高層専門ブログですが「虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区」は低層でも完成が楽しみなデザインのため追っていきます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 まずは六本木ヒルズの屋上スカイデッキから撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区」です。C街区は4つの街区に細分化されていますが境目がよくわからないのでまとめてC街区として扱います。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 桜田通り沿いから撮影。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 歩道橋から撮影。今はまだ地下部分の工事中です。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 傾斜地のため奥の方まで見える楽しい現場です。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 東京タワーや六本木ヒルズなどの展望台から見なくても、この歩道橋から見るだけでも迫力がある現場です。いつも言っていますがこれだけの再開発を見られる機会はなかなかないので近くを通りかかったときには見ておくことをお勧めします。