横濱ゲートタワー

 みなとみらいで建設中の「横濱ゲートタワー」(地上22階、最高高さ109.56m)です。手前にある「横浜市立みなとみらい本町小学校」の北側でみなとみらい21の中では横浜駅に近い側に位置しています。最寄り駅はみなとみらい線「新高島」駅で徒歩1分の距離で、JR・私鉄の「横浜」駅にも徒歩6分の距離です。



横濱ゲートタワー

 建築主は鹿島建設(代表企業)、住友生命保険相互、三井住友海上火災保険の3社が共同で開発するオフィスビルで、基準階専有面積は約825坪(約2,730)、延床面積83,730.30屬箸い辰慎模となっています。低層部には飲食、物販店舗とプラネタリムも併設される複合ビルとなります。



横濱ゲートタワー

 先ほどの写真は目の前にある歩道橋から撮影したものですが、その歩道橋とは接続される計画となっています。



横濱ゲートタワー

 その歩道橋にあったエレベーターは同再開発に伴い撤去されていますが、2021年9月末までに新設され10月からは供用開始予定となっています。また、エレベーターの隣の球体がプラネタリウム部分かと思います。



横濱ゲートタワー 完成イメージ
完成イメージ[出典:鹿島建設]

 反対側には大きな階段とエスカレーターも設置される計画となっています。



横濱ゲートタワー

 現地ではプラネタリウム部分の建設も始まっており球体が出現しています。



横濱ゲートタワー

 作業員と比べるとプラネタリウムは小さく感じますが、実際、中に入るとどれくらいの大きさなんでしょうね?



横濱ゲートタワー

 ところでこの球体がプラネタリウム部分だと勝手に思っていますが、実は違うってことはないですよね?



横濱ゲートタワー

 横浜駅側から見た「横濱ゲートタワー」です。



横濱ゲートタワー

 この面と対面する位置に「横浜三井ビルディング」(地上30階、高さ153m)があるため、こちらの面にはエレベーターやトイレなどが配置されています。



みなとみらいの超高層ビル群

 「横浜ランドマークタワー」の展望台から見たみなとみらいの超高層ビル群です。この中で左上が横浜駅方面となります。



横濱ゲートタワー

 その横浜駅方面にズームです。



横濱ゲートタワー

 この黒いガラスカーテンウォールのビルが「横濱ゲートタワー」です。タワークレーンは1基だけ残っていました。次回訪問時にはタワークレーンは撤去されていそうです。



横濱ゲートタワー 建築計画お知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:横濱ゲートタワー
仮称:横濱ゲートタワープロジェクト
所在地:神奈川県横浜市西区高島一丁目2番50ほか
用途:事務所、飲食/物販店舗、集会所、プラネタリウム
階数:地上22階、地下1階
高さ:軒高97.110m、建物高さ108.010m、最高高さ109.560m
構造:S造、一部SRC造、RC造、制震構造
敷地面積:9,308.92
建築面積:6,153.08
延床面積:83,730.30
建築主:鹿島建設(代表)、三井住友海上火災保険、住友生命保険相互
設計者:鹿島建設
施行者:鹿島・鉄建・小俣建設企業体(代表企業:鹿島建設)
工期:2019年4月1日着工〜2021年7月末日竣工予定
開業:2021年冬予定