東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
外観イメージ[出典:東京建物]

 八重洲に建設される超高層オフィスビル「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」(地上51階、高さ250m)の完成予想図です。

 地上51階、地下4階、高さ250m、敷地面積約10,604.25屬紡个靴瞳築面積8,3088.50屐延床面積225,063.24屬箸い辰慎模となっており、事業主は東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合(参加組合員:東京建物、都市再生機構)、施工者は大林組・大成建設共同企業体で2021年10月1日着工、2025年4月30日竣工予定となっています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
概要図[出典:国土交通省]

 フロア構成は低層部には劇場、医療施設、屋内広場、店舗等、中高層部はオフィスフロアとなります。高層部にはレストラン等は設置されないようなので、ここからの景色は入居企業だけのものとなります。

 地下には外堀通り沿いで建設、計画中の八重洲の3つの再開発地区と連携した大規模バスターミナル「(仮称)八重洲バスターミナル」が整備されます。これらバスターミナルの運営者は京王電鉄バスが選定されています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 計画地はA地区とB地区に分かれておりB地区が中高層棟となります。この配置図の左側に東京駅がありますが、東京駅前に既存ビルが複数棟残ることがわかります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 外観イメージ
外観イメージ[出典:東京都]

 少し古い東京駅側から見た完成予想図ですが、外堀通り沿いに既存ビルが残る様子がわかります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業
周辺状況図[出典:国土交通省]

 場所は東京駅前の超一等地なので区画全体で再開発をして欲しかったですが。丸の内、大手町側と違って土地が細かく分かれている八重洲では仕方のないことかもしれませんね。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 解体工事のお知らせ

 現地解体工事のお知らせと一緒に設置されている建物配置図です。赤い枠で囲まれている部分がB街区で現在は解体工事が行われています。

 左側の八重洲通りの70番のビルは「東京建物ビル」で敷地の下半分がB街区となっています。上半分と角地のビルを合わせた敷地がA街区となりますが、その角地のビルの解体はまだ始まっていません。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 外堀通り沿いから見た「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子です。金券ショップと消費者金融のビルが残ります。。駅前の超一等地にこれが残るのは何とも言えませんね。。これが八重洲だ!という主張にも見えてきます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 時計回りに計画地を載せていきます。この辺りは小規模なビルが多数ありますが、全体を足場で囲って一気に解体工事が行われています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 計画地内で一番大きかった既存ビルの「八重洲センタービル」です。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 「八重洲センタービル」の隣は解体工事が結構進んでいます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 解体が進むと丸の内や八重洲の超高層ビル群が見えてくるかと思いましたが、外堀通り沿いに既存ビルが残るのであまりそういった光景は見られないのかもしれません。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 ただ、この辺りの解体工事が進むと隣で建設中の「東京ミッドタウン八重洲」(地上45階、高さ約240m、延べ28万3896.06)がだいぶ見えるようになりそうです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 八重洲通り沿いから撮影。東京建物の本社が入っていた「東京建物ビル」です。こちら側の解体が終わるとこの辺りからの景色は大きく変わりそうです。




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 八重洲グランルーフから見た「東京建物ビル」です。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 広角で撮影。2025年竣工予定のため2024年の春くらいまでには上棟して高さ250mの超高層ビルがこの景色に加わっているかと思います。

 丸の内・大手町側は建物上部に広告看板はありませんが、八重洲に来ると広告看板が目立ちます。こういった看板を規制するだけでも景観は良くなりそうなんですけどねぇ。収入源でもあると思うので規制は難しいとは思いますが丸の内・大手町側との差を感じます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。一部数値は国土交通省から発表された数値を掲載しています。

■物件概要■
計画名:東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業施設建築物等新築工事
所在地:東京都中央区八重洲一丁目201番地の一部、203番地の一部、205番地の一部、207番地の一部、
用途:事務所、店舗
階数:地上51階、塔屋1階、地下4階
高さ:250m(最高高さ250m)
構造:鉄骨・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:10,604.25
建築面積:8,388.50
延床面積:225,063.24
建築主:東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、都市再生機構
設計者:大林組
施工者:大林組・大成建設共同企業体(代表者:大林組)
工期:2021年10月1日着工〜2025年4月30日竣工予定