泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業
イメージパース[出典:港区]

 泉岳寺駅のホーム拡張を伴う改良工事も含む再開発「泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」(地上30階、高さ約145m)の特定建築者予定者が東急不動産(代表者)、京浜急行電鉄に決定したと東京都より発表がありました。同再開発は東京都が事業者、事業協力者が東急不動産(代表者)、京浜急行電鉄、東急建設、京急建設となっています。

 今回の東京都の発表に掲載されている概要では高さ約160mとなっていますが、約1年前に東京都港区より公開された環境影響調査書案では高さ約145mとなっていました。高さ約160mはこの場所の高さの限度ですが実際は環境影響調査書案に記載されていた高さ約145mになると思われます。

▼東京都:報道発表資料(2021年4月16日)
泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業
特定建築者予定者が決定しました




泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業
西側立面図[出典:港区]

 その環境影響調査書案で公開された西側から見た立面図です。



泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業
北側立面図[出典:港区]

 南北に細長い敷地のため板状の建物となります。



泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業
南北断面図[出典:港区]

 フロア構成は1、2階に店舗、3階の一部に子育て支援施設、3階〜11階がオフィスフロア、12階が機械室、13階が住宅エントランスとスカイテラス、14階、15階がSOHOとなり、そして16階〜30階が住宅となります。目標戸数は350戸でこの図を見る限りでは上層3フロアは一気に面積が広くなるようです。一般的には28、29階がスーペリアフロア、最上階の30階がプレミアムフロアと言った感じかと思います。

 また、地下の一部は泉岳寺駅の拡幅工事の範囲に含まれており地下駅前広場も整備され駅直結ビルとなります。



泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業 駅とまちの一体的な整備のイメージ
駅とまちの一体的な整備のイメージ[出典:東京都]

 このようにホーム幅が拡幅され再開発ビルにも繋がります。



泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業
施設配置図[出典:港区]

 建設地は第一京浜沿いで東側は高輪ゲートウェイ駅前の大規模開発地なっており、真横は「品川開発プロジェクト(第鬼)3街区」(地上31階、高さ167m)の建設予定地となっており海側の眺望はほぼなくなりそうです。

 ただ、その品川開発プロジェクトの建設予定地では「高輪築堤」が出土しており「第7橋梁」など一部を保存するため1棟の設計を見直すと報道されています。調べて見ると「第7橋梁」があるのはちょうど3街区のようなので、変更内容次第では「泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」の眺望も変わってくるかもしれません。個人的には低層部の設計を見直して建物内に保存するとかそんな感じかなと思っています。



泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業

 2020年12月18日にヘリから撮影した高輪ゲートウェイ駅周辺です。赤い網掛けをしたところが「泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」の計画地です。右側の道路が第一京浜で地下には泉岳寺駅があります。また、計画地の左側に見える溝が出土した「高輪築堤」です。



泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業

 空撮をもう1枚。泉岳寺駅の真上で高輪ゲートウェイ駅もすぐ近くのため交通の便が良い場所です。今の泉岳寺は特にこれといった店などもない場所ですが、再開発によって店舗も増え大きく街が生まれ変わります。



泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業

 さらに空撮をもう1枚。赤い網掛けをするにはもったいないので赤い枠にしました。現地では既存ビルの解体工事が進められているのがわかります。



泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業

 ちょっと古いですが昨年の11月28日に高輪ゲートウェイ駅から撮影した「泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業」方面です。



泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業

 第一京浜側から撮影。角地のマンションが見た目的に秀和かと思ったら「セブンスターマンション 高輪」というマンションでした。3月の夜にここを通ったときに仮囲いにこんなビルが建ちますよの図が掲載されていたのですが、後日昼間に撮りに行こうと思い撮らずにスルーしたまま今日に至っています。撮っておけば良かったです。

■物件概要■
計画名称:東京都市計画事業泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業
所在地:東京都港区高輪二丁目の一部
用途:住宅、業務、商業、駐車場、地下鉄施設等
総戸数:約350戸
階数:地上30階、塔屋2階、地下3階
高さ:約145m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
敷地面積:約8,490
建築面積:約4,900
延床面積:約111,200
事業者:東京都
事業協力者:東急不動産(代表者)、京浜急行電鉄、東急建設、京急建設
特定建築者予定者:東急不動産(代表者)、京浜急行電鉄
工期:2023年4月着工〜2028年3月竣工予定