虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)の建設状況

虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 東京タワーのトップデッキから撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)」(地上64階、高さ325.19m、延べ46万1876.64屐2023年3月31日竣工予定)です。撮影は2021年4月11日で目視では10階部分の鉄骨が組まれ始めていました。

 完成時には大阪の「あべのハルカス」(地上60階、高さ300m)を抜いて高さ日本一の超高層ビルとなりますが、東京駅前の「Torch Tower」(地上63階、高さ約390m)が2027年度に完成予定のため数年で高さ日本2位となります。

 最上部の54階〜64階は総戸数91戸の「アマンレジデンス 東京」となります。「アマン」とのパートナーシップによるホテルブランデッドレジデンスでエクスクルーシブなサービスを提供するほか、居住者専用の「アマン・スパ」(1,400)も備えるとのことです。展望室の設置はないのでここからの景色を見たければここに住むしかありませんが、純金融資産5億円以上の超富裕層しか手を出せないレジデンスになると思われます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 ちょっと重なってしまっていますがタワークレーン6基で建設中です。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 縦構図で撮影。東京タワーのトップデッキは海抜250mのため、高さ325.19mに達するときにはこの画角では入り切らないと思います。この高さからでも見上げる超高層ビルとなります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 海抜150m地点のメインデッキから見た「虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)」です。数か月後には見上げる高さまで高くなっていそうです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 高さ325.19mに達すると展望室内から見ても大迫力の光景となりそうです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 東京タワーに登る前日の4月10日にロシア大使館前から撮影。地上からだとまだ超高層らしさはありませんでした。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 建設地の大部分は「麻布郵便局」の跡地のためビル名は日本郵便を表す「JP」も入れた「虎ノ門麻布台ヒルズJPタワー」といった感じの名称になるのかもしれません。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 タワーデザインはペリ・クラーク・ペリ・アーキテクツで、低層部は少しだけ細くなっているように見えます。そして高層部も少し細くなるデザインとなります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 B街区超しに撮影。こうして見ると1フロアもかなり大きいですね。タワークレーン6基で建設するのも納得です。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区)

 北側からB街区超しに撮影。どの角度から見ても迫力のある建設現場です。



虎ノ門・麻布台プロジェクト メインタワー(A街区) 建築計画のお知らせ

 A街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 メインタワー(A街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 A街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目314番3外
用途:共同住宅(54階〜64階・アマンレジデンス 東京)・事務所(7階〜52階)・店舗・各種学校・駐車場等
総戸数:91戸
階数:地上64階、地下5階
高さ:325.19m(最高325.19m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎(一部場所打ちコンクリート杭基礎)
敷地面積:24,104.21
建築面積:15,247.18
延床面積:461,876.64
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定




虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)の建設状況

虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

 東京タワーのトップデッキから撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)」(地上64階、高さ262.83m、延べ18万5228.13屐2023年3月31日竣工予定)の建設地です。

 3階〜5階が総貸室面積約4,200屬離フィスフロア(基準階面積約1,400)、6階〜64階が約970戸(サービスアパートメント約170戸を含む)の住宅フロアとなり、タワーマンションとしては高さも階数も日本一となります。

 毎回書いていますが当ブログでは主要用途の半分以上が住宅の場合にタワーマンションとして扱っています。A街区の高層部は住宅となるためマンションの位置としては圧倒的な高さ日本一となりますが、タワーマンションとしては扱っていません。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

 建設地にズームです。タワーマンション本体の建設される場所がわかるようになってきました。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

 地上から撮影。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区)

 タワークレーンが設置され地上部の建設が始まるのはいつくらいになるんでしょうね。A街区が凄すぎて低く感じるかもしれませんが、高さ262.83mは日本の超高層ビルトップ10に入る高さです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 西棟(B-1街区) 建築計画のお知らせ

 西棟(B-1街区)の建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 西棟(B-1街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-1街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目32番6外
用途:共同住宅(6階〜64階)・事務所(3階〜5階)・店舗・保育所・駐車場等
総戸数:970戸(分譲802戸、サービスアパートメント168戸)
階数:地上64階、地下5階
高さ:262.83m(最高262.83m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,648.39
建築面積:6.377.03
延床面積:185,228.13
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:三井住友建設
工期:2019年10月1日着工〜2023年3月31日竣工予定




虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)の建設状況

虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 東京タワーのトップデッキから撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)」(地上54階、高さ237.20m、延べ16万9259.20屐2023年3月31日竣工予定)の建設地です。

 1階〜13階がアマンの姉妹ブランドとなる日本初進出のラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」(約120室)となります。14階〜53階は「リゾートホテルに暮らすような住環境」をコンセプトとした約330戸の住宅フロアとなります。プール付きの住戸や2層吹き抜けのリビングがある住戸も設定され、「ジャヌ東京」と連携したサービスも利用できるようになります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 少しズームです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 B-2街区の敷地はかなり広いですがこの西棟(B-1街区)寄りの場所にタワーマンション本体が建設されます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 A街区の真横あたりには約6000屬涼羆広場が整備され、地下には約4000屬離奸璽疋沺璽吋奪箸誕生します。

 それにしてもこの複雑な構台はいいですね。建設地は傾斜地かつ谷になっている場所のため元々高低差が大きいところでした。そこに地下5階まである建物を建設中のため複雑な今の状態となっています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 右上でC街区の建物が建設中ですが、その左側あたりまでB-2街区の敷地となっています。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区)

 地上から撮影。車の隣の既存フェンス越しに中を撮ることがでいましたが、新たな仮囲いが設置されここから中を撮れなくなりました。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 東棟(B-2街区) 建築計画のお知らせ

 東棟(B-2街区)の建築計画のお知らせです。建築面積が8,273.24屬ら8,260.71屐延床面積が169,248.83屬ら169,259.20屬半しだけ修正されています。

■物件概要(東棟(B-2街区))■
名称:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業 東棟(B-2街区)
計画名:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業施設建築物新築工事 B-2街区
所在地:東京都港区麻布台一丁目12番、13番外
用途:共同住宅(14階〜53階)・ホテル(1階〜13階・ジャヌ東京)・店舗・集会場・駐車場等
総客室数:約120室
総戸数:約330戸
階数:地上54階、地下5階
高さ:237.20m(最高237.20m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨鉄筋コンクリート・鉄筋造)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:16,467.87
建築面積:8,260.71
延床面積:169,259.20
建築主:虎ノ門・麻布台地区市街地再開発組合
設計者:森ビル
施工者:清水建設
工期:2019年8月1日着工〜2023年3月31日竣工予定




虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区の建設状況

虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区
屋上緑化が施された低層棟(イメージ)[出典:森ビル]

 低層棟が建ち並ぶC街区の完成予想図です。当ブログは超高層専門ブログのため通常は載せても軽い扱いですが、この斬新なデザインのためC街区もしっかりと建設の様子を追っていきます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 まずは東京タワーのトップデッキから撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区」です。同じ森ビルによる「オランダヒルズ森タワー」(地上24階、最高高さ106.75m)があるため敷地の半分以上が見えません。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 地上から撮影。目の前は桜田通りで幅の広い道路なのでしっかりと離れた位置から撮影できます。そして左にチラッと写っている歩道橋からも建設を見ることができます。ただ、この歩道橋はC街区と接続される計画となっており、そして年季が入っているので架け替えられるかもしれません。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 その歩道橋から見たC街区です。実際はC-1街区からC-4街区まで細かく分かれていますがまとめてC街区として扱います。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 C街区は東京メトロ日比谷線「神谷町」駅に近い場所で地下通路で接続される計画となっており、そのまま地下通路でB-1街区まで繋がり、B-1街区は東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅と接続されます。つまり神谷町駅と六本木一丁目駅が地下通路で接続されることになります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 B街区方面にズームです。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 さらにズームです。傾斜地ということがよくわかるかと思います。この高低差をどう活かした再開発になるかも見所ですね。完成予想図だけではどうなるのかはよくわからない部分です。



虎ノ門・麻布台プロジェクト C街区

 これだけの再開発はなかなか見られないので近くを通りかかることがあれば見ておいた方がよい建設現場です。




虎ノ門・麻布台プロジェクト

虎ノ門・麻布台プロジェクト

 東京タワーのトップデッキから撮影した「虎ノ門・麻布台プロジェクト虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業)」全体です。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 完成イメージ
完成イメージ[提供:森ビル]

 完成予想図です。メインタワー(A街区)の左下に隣接している建物はインターナショナルスクールの「ブリティッシュ・スクール・イン・東京」となります。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 完成イメージ
完成イメージ[提供:森ビル]

 同プロジェクトは森ビルが「虎ノ門麻布台ヒルズ(略称:虎麻ヒルズ)」で商標登録を行っているのでこの名称になると言われています。「虎ノ門ヒルズ」は存在しているので混同を避け、検索もしやすくするために「虎ノ門麻布台」といった並びになっているものと思われます。某東京ミッドタウンは六本木のところなのか他のところなのか混同しそうです。


虎ノ門・麻布台プロジェクト 平面図
平面図[出典:森ビル]

 平面図です。区域面積約8.1ha、敷地面積約63,900屐∩躅箴果明冖860,400屬箸いδ饗腟模再開発で緑化予定の面積も広大で約2.4haとなっています。

 同プロジェクトは東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅と東京メトロ日比谷線「神谷町」駅と直結となり、敷地内には延長約700mの東西歩行者地下通路が整備され両駅が地下通路で接続されます。また、同再開発では桜田通り、外苑東通り、麻布通りと繋がる新たな道路も整備されます。



虎ノ門・麻布台プロジェクト 立面図
立面図[出典:森ビル]

 A街区は地上64階、高さ325.19mで完成時は高さ日本一の超高層ビルとなり、54階〜64階部分が「アマンレジデンス 東京」となります。B-1街区は地上64階、高さ262.83mの高さ日本一のタワーマンションとなります。B-2街区は地上54階、高さ237.20mで1階〜13階はラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」となり14階〜53階が住宅フロアとなります。C街区はヘザウィック・スタジオによる特徴的なデザインの低層の建物群となります。